アリババで中国から仕入れて転売!輸入ビジネスで稼ぐポイントを解説

「副業で稼ぎたい」
「アリババから輸入して転売すると稼げそうだ」

そんな思いでこちらの記事を見つけてくださったのではないでしょうか。

私たちCiLELは2011年から中国輸入ビジネスに取り組むEC事業者様5,000社以上を支援してまいりました。

はじめにお伝えしたいのは、アリババから輸入して転売するという中国輸入ビジネスは一攫千金が狙えるものではないということです。

ただし、稼げる仕組みがあるビジネスなので、正しいやり方でコツコツ続けていけば必ず利益を残していくことができます

この記事では、

・アリババ中国輸入&転売で稼げる仕組み
・アリババ中国輸入&転売のリスク
・利益が出るまでの実例
・稼ぐまでの3ステップ

について、約10年にわたって中国輸入ビジネスを見てきたCiLELならではの目線でお伝えします。

中国輸入ビジネスを裏側から見てきているからこそ、私たちは「絶対に稼げます!」とは安易に言いません。

この記事を読んでくださるあなたには、アリババから輸入して国内で転売するという中国輸入ビジネスを正しく知っていただきたいと思っています。

どうぞ最後までお読みください。

アリババ中国輸入&Amazon転売で稼げる仕組み

アリババとは?中国輸入とは?

まず、中国輸入ビジネスとは、アリババやタオバオなどから商品を輸入し、日本国内で販売するビジネスのことを指します。

アリババは1688.comのことで、中国国内業者向けの卸売ECサイトです。

中国輸入ビジネスは10年以上前から存在しており、日本国内での転売先としてはAmazonを選んでいる方が多いです。

もちろん、楽天市場やYahoo!ショッピング、メルカリやラクマなどでも中国輸入商品は販売されているのですが、この記事では実践者が多いAmazon販売に限定してお話していきます。

中国から安く仕入れて高く売る

物販ビジネスで利益が出る仕組みは非常にシンプルです。

商品1個当たりの仕入れ価格(原価)と経費の合計が販売価格を越えなければ、必ず利益が残ります。

下の式は物販の鉄則なので、ぜひ覚えておいてください。

仕入れ価格+諸費用<販売価格

この式を理解していれば、利益を大きくする方法は主に3つだということがわかります。

1. 仕入れ価格(原価)を下げる
2. 手数料などの諸費用を抑える
3. 販売価格を上げる

実際の利益額には販売個数が大きく関係してきますが、ここでは話をシンプルにするために商品1個あたりで考えていきますね。

利益を大きくする3つのうち、一番簡単に実践できて、かつ効果が高いのが「1. 仕入れ価格を下げる」です。

アリババではとにかく安く商品を仕入れることができます。

だからこれほどアリババ輸入が注目されているのです。

稼げる理由1:アリババ仕入れはとにかく安い


しかし、この単純な鉄則で上手くいかない人も少なくありません。
誰もがぶつかる可能性のある、「売れる商品」を探すための商品リサーチの壁です。

CiLEL(シーレル)では、10年以上のキャリアを持つプロセラーが教える”超”実践型商品リサーチ講座「manable(マナベル)」を毎月開講しています。

プロだけが知る「売れる商品」の探し方を徹底解説して、あなたのビジネスのお手伝いをしています。

オリジナル商品(OEM)で勝負できる

アリババから輸入してAmazonなどで転売する中国輸入ビジネスは、数年前まではまだライバルも少なく「やれば儲かる」ビジネスだったのですが、今では参入者も増えており「価格競争から脱するためにOEMで勝負!」は今や常識です。

その「OEM」をおこなうための仕入れ先として最適なのがアリババです。

アリババは中国国内向けの卸売サイトなので、工場の直営店が多く出店しています。

工場の直営店の中には、商品にロゴを印字・刻印したり、オリジナルのタグを付けるなどのOEMに対応してくれるショップもあります。

アリババ以外の仕入れ先でOEMをやろうと思っても難しいので、OEMができることはアリババで仕入れる大きなメリットです。

オリジナル商品を販売できるようになると、一気に差別化ができます。

稼げる理由2:オリジナル商品を作って販売できる

原価計算と在庫管理をしっかりやるのがポイント

最後にもうひとつ、忘れてはいけないのは「原価計算」と「在庫管理」です。

さきほど利益が出る仕組みは非常にシンプルだとお伝えしましたが、実際は1個当たりの原価を算出するのは意外と難しいです。

また、どれだけ利益の出る商品でも売れ残ってしまっては意味がないですよね。

ひとつの商品だけを売るのなら原価計算も在庫管理もさほど難しくはありませんが、取り扱う商品の数が増えてくると、管理する数字が増えるので手間がかかるようになります。

この記事では詳細を割愛しますが、面倒だからと原価計算や在庫管理を適当にやっていると、「売れているはずなのに利益が残らない…?」という状況に陥ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

稼げる理由3:原価計算と在庫管理を怠らない

アリババ中国輸入&Amazon転売のリスク

ここからは、アリババから輸入して日本国内で転売する際のリスクについてお伝えします。

販売先は引き続きAmazonを想定していますが、どの販売先でもリスクは一緒ですので、Amazon以外の販売先を考えている方もぜひ参考にしてください。

アリババの商品品質はピンキリ

仕入れ先として最適なアリババですが、ショップによって商品の品質が良くないことがあります。

不良品の率が高かったり、商品ページの写真と実際の商品が違っていたり、ひどいときには入荷した商品のほとんどすべてが不良品…ということもあります。

アリババには店舗評価がありますので、それを不良品率を下げるためのひとつの指標とすることはできますが、それでも不良品を100%避けられるわけではありません。

「不良品は必ず発生する」という認識を持ってアリババからの輸入をおこなうことをおすすめします。

中国の休暇で仕入れ予定が崩れる

アリババやタオバオからの中国輸入を実際におこなってみるとわかるのですが、中国には中国ならではの連休や長期休暇があります。

中でも「春節」と呼ばれる中国の旧正月はショップも物流も休みになるため、発注することも中国から日本へ配送することもできません。

春節では、長いところでは1ヶ月近くの休暇を取るショップもあります。

他にも、国慶節・労働節・端午節・清明節など中国ならではの連休があります。

中国側の事情をしっかりと把握して仕入れをおこなっていかないと、機会損失につながってしまいますので注意が必要です。

転売にはライバルが多い

アリババなどから中国輸入をおこない日本国内で転売する中国輸入ビジネスは、この10年で急激に成長している業界です。

すでに実践している方も多く、市場としては成熟していると言えるでしょう。

参入者が多い中で利益を生み出していくにはそれなりの時間と努力が必要ですし、販売戦略も必要になってきます。

実際のところ、途中で辞めてしまう方も少なくありません。

物販は基本を守れば利益を残せるビジネスですが、ライバルが多いことで苦しく感じることもあるでしょう。

国際情勢の影響を受けやすい

2020年は新型コロナウイルスの流行が世界中に影響を及ぼし、国際物流大混乱となりました。

平常時なら数日で届く荷物が1ヶ月近く届かない…というような遅延トラブルも発生しました。

また、たとえば世界のどこかでテロなどが発生した場合、国際輸送についての監視が強化されることもあります。

突如として、何らかの事情で通関が急に厳しくなることもあります。

日本国内のことであれば情報の収集も比較的容易ですが、国外のこととなると言語のこともあり状況を把握するだけでも大変です。

国際情勢の変化等による国際物流への影響は予測しづらい面もありますので、リスクとして頭の片隅い置いておくと良いと思います。

実例解説!アリババ中国輸入&Amazon転売で利益が出るまで

ここでは、実際にAmazonで販売されている商品を参考に、実際の利益の計算の仕方をお伝えします。

試算してみる商品はこちらです。

転売で利益が出る仕組みのおさらい

まず、転売で利益が出る仕組みをおさらいしましょう。

物販の鉄則は「仕入れ価格+諸費用<販売価格」です。

まずは仕入れ価格を算出し、販売までにかかる諸費用を洗い出し、販売価格からそれらを引いて利益を出します。

ちなみに、仕入れ価格として算出するのは商品単価だけではありません。

ここから詳細を解説していきますので、すでに販売を始められている方はぜひご自身の商品にあてはめて計算してみてください。

なお、今回は輸入代行業者を利用するという前提で計算します。

原価=商品代+輸入諸費用

中国から輸入する場合、
・商品単価
・中国国内でかかる送料
・代行業者への代行手数料
・代行業者での検品代や修繕代
・中国から日本に配送するための国際送料
・関税
これらすべてをあわせて「原価」と言います。

Amazonで2,080円で販売されている黒のメンズTシャツですが、アリババで調べると安いところで26元ほどでした。

細かい計算は省略しますが、商品単価以外にかかる費用は概算で約457円です(関税を含みます)。

大切なのは費用項目をすべて把握しておくことです。

輸入なので為替の影響もありますし、それぞれの費用が加味されていれば厳密に算出できなくても大丈夫です。

1元=16.4円で計算すると、概算の仕入れ値は883円ほどになります。



原価計算については、こちらの記事も参考にしてください。
『知らないとヤバい!?簡単な原価計算の方法』

Amazonでかかる手数料

仕入れ値のほかに、Amazonで販売する際にかかる手数料があります。

Amazonの販売手数料はカテゴリーごとに異なりますが、この場合は15%なので312円です。

配送手数料はおそらく467円でしょう。

実際にAmazon販売を始められる際は、ぜひ一度Amazon販売手数料の詳細をご確認くださいね。

今回のTシャツについて販売にかかる手数料(概算)は以下のようになります。
【312+467=779円】

さきほど計算した仕入れ値と合わせると 883+779=1,662円 ほどになります。

販売価格が2,080円ですから、残る利益はだいたい以下になるだろうと予測できます。
【2,080-1,662=418円】

これは1枚当たりの利益額なので、10枚売れれば4,180円、仮に300枚売れれば125,400円の利益になりますね!

ちなみに今回の限界利益率は20.1%ですが、これはあくまでもシミュレーションです。
実際にはもっと利益率の高い商品がたくさんあります。

その他の費用

上記はアリババから仕入れてAmazonでFBAを利用して転売する際の、一般的な利益の計算方法です。

FBAを利用していなければかかる費用も変わってきますし、もちろん販売先がAmazonでなければ販売手数料や出店手数料なども変わってきます。

もし広告をかけている場合は広告費もかかりますし、ご自身で商品保管のために倉庫を借りている場合は保管料もかかります。

何らかの国内作業をおこなっている場合はその作業費がかかりますし、FBAを利用していない場合は発送する際の送料がかかります。

仕入れ値+諸費用<販売価格」という考え方はどのように販売する場合も一緒ですので、ご自身の販売方法に当てはめて計算してみてください。

アリババ中国輸入&Amazon転売で稼ぐためのポイント

しっかり利益率を計算して売り始める

利益率が高い商品を探すことが大切なのは間違いないですが、いくらリサーチを続けていても実際に販売しないことには売上は上がりません。

つまり利益も生まれません。

厳しいことを言っているように聞こえるかもしれませんが、中国輸入ビジネスにおいては「これさえやれば稼げる!」という夢のようなノウハウはありません。

いくら利益率の高い商品を見つけたところで、販売個数が少なければ手元に残る金額は微々たるものです。

しかし、利益率をしっかりと計算していれば、赤字になることはありません。

小さな利益を地道に積み上げて時間をかけて大きくしていくのが、稼ぐための一番の近道なのです。

なので、まずはとにかく売ることが大切です。
それが最初の一歩です。

売り続けて実績をつくる

特にAmazonで転売する場合に大切なのが、販売実績を上げ続けることです。

販売数が増えてくるとレビューも増えてきます。

お客様に誠実に向き合い続けていれば、良いレビューが少しずつですが着実に溜まっていきます。

そのレビューはそのままショップの、つまりあなたの信頼となります。

信頼度が上がれば上がるほど、あなたのお店は選ばれやすくなっていきます。

利益が小さくても売り続け、信頼を積み上げていくことで、「稼ぎ続ける」道ができていくのです。

販売価格を上げる

ショップの評価が高くなってくると、同じ商品を取り扱う他のショップより高い値段で販売してもお客様に買っていただけるようになります。

ご自身がAmazonなどでショッピングをするときを想像してみてください。
同じ商品が下記のA店とB店で売られていたら、どちらから購入しますか?

A店:1,000円、評価数ゼロ、レビューゼロ
B店:1,200円、評価数50(平均4.2)、レビュー10件(平均3.8)

おそらくB店だと思います。

そしてB店を選ぶ理由は、評価やレビューの数と平均点から「ここなら信頼できそう」と考えるからではないでしょうか。

つまり、積み上げた実績と信頼はそのまま「稼げる力」になるのです。

1. まずは小さくても売上を立て
2. 継続して売り続け
3. 信頼を積み上げて価格を上げる

時間も根気も必要ですが、これが「稼げる3ステップ」です。

まとめ

パソコンの上にミニチュアのカートと紙袋

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ここまで読んでいただけたのであれば、アリババから輸入してAmazonなどで転売する中国輸入ビジネスで稼ぐことは「どうやら楽ではなさそうだ」と感じていらっしゃると思います。

もしかすると「アリババ中国仕入れで転売だ!」と決意をされたところに水を差してしまったかもしれません。

ですが私たちは、中国輸入ビジネスは正しいやり方を続ければ必ず利益が残せるビジネスだと確信しているからこそ、これからアリババ輸入&Amazon転売を始める方には「稼げるまで続けてほしい」と思っています。

言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、稼ぐためにはとにかく「稼ぐまでやり続ける」ことです。


私たちCiLEL(シーレル)は中国仕入れ代行サポートをしておりますが、お客様の事業がうまくいくように、仕入れ以外の面でもサポートをおこなっています。

輸入代行業者を探していらっしゃる方は、まずはお問い合わせくださいませ!
==========
CiLELに問い合わせる
==========


投稿者プロフィール

CiLEL編集部
CiLEL編集部
CiLEL編集部は、中国輸入ビジネスをはじめ物販ビジネスや副業についてのお役立ち情報を発信しています。記事は「正しく、わかりやすく、誠実に」がモットー。FP、販売士、ネットショップ検定、日商簿記、行政書士、キャリアコンサルタントなどの資格を持つメンバーが執筆・監修しています。