必見!「中国輸入ビジネス」に失敗する3つの共通点

中国輸入ビジネスは、2010年頃から急速に拡大してきたビジネスです。

これまでたくさんの人が中国輸入ビジネスに参入してきましたが、その中でどのくらいの人が現在も続けているのでしょうか。

筆者も長く中国輸入を続けていますが、体感としては相当数の人が辞めています。

どこかしらでつまずいたり、失敗したりして、中国輸入ビジネスを断念したという人にも、少なからず遭遇してきました。

他の出品者の方々と話すと、「中国輸入ビジネス」で失敗する人の共通点が浮かんできます。

成功に王道はありませんが、失敗にはパターンがあります。

失敗するのは、転売でもOEMでもオリジナル商品でも、だいたい同じ理由です。

今回は、中国輸入ビジネスにおける「失敗する共通点」を3つ解説します。

失敗の原因を知り、失敗を繰り返さないための参考としてください。

失敗する共通点1. 情報不足

まず、失敗する共通点となるのが「情報不足」です。

中国輸入ビジネスは、Amazonで販売をおこなっている方が多いですが、Amazonはとても変化が起きやすいプラットフォームです。

状況やノウハウ、Amazonのルールや仕様の変更など、まさに日進月歩。
そんな中で、従来の情報だけでビジネスを展開していると、思いもよらない損失やペナルティを受けることになります。

失敗する人は、大きく分けて2つの情報が不足しています。
それぞれ解説します。

商品情報の不足

まず、不足している情報の1つ目は「商品の情報」です。

せっかく儲かると思って仕入れた商品が全く売れなかったり、そもそも販売できない商品だったりするのです。

販売できない商品と知らずに仕入れてしまうと、それだけで大きな損失となります。

販売プラットフォームの規制は変更のスピードも速いので、常に最新の情報を仕入れるようにしてください。

中国からの輸入が禁止されているや、日本での販売に規制がある商品については、こちらの記事に詳しくまとまっています。
ぜひご一読ください。
『【中国輸入規制まるわかり!】中国輸入仕入れ「ここだけ注意」早見表』

ノウハウの不足

次は、商品以外の販売に関する「ノウハウ」についてです。
これも商品の情報と共に、常に最新のものを手に入れなくてはいけません。

例えば、OEMで作った商品をAmazonで新規出品した場合、以前は出品するだけで売れましたが、現在では広告(スポンサープロダクト)の利用が必須です。

知っていると当たり前の話ですが、知らないとあっという間に取り残されてしまいます。

失敗する共通点2. 慢心する

足を机の上に乗せてスマホを見ている人

これは、中国輸入を始めて少し売上が上がってきて「これからもっと稼ぐぞ!」とノリノリになってきた人に多く見られる傾向です。

具体的な例を出すと、これまできっちりと隅々までやってきた商標や法令の確認を怠って、「たぶん大丈夫じゃない?」とグレーな商品でも手を出してしまうことなどが挙げられます。

面倒なのか、自分の知識を過信してしまったのか、どちらにせよ、慢心によって引き起こされる失敗はダメージが大きくなりがちです。

グレーな商品に手を出してしまったことで、税関で止められて商品が廃棄されたり、通関してもAmazonでの出品が取り消されたり権利侵害の連絡がきたりして、大慌てしてしまうパターンです。

特にAmazonでは、出品した後に取り消しや権利侵害の連絡が来ると、最悪の場合アカウントの停止・閉鎖まであり得ます。

「さあこれから!」と意気込んでいたタイミングで、こういったことが起きて大きな損を出してしまうと、モチベーションが下がってしまいますよね。

そのまま復活せず、中国輸入を諦めてしまう方も珍しくありません。

失敗する共通点3. 思い込む

思考がいろいろつながっているイラスト

中国輸入ビジネスで成功するには、商品リサーチ、マーケティングが必須です。

もちろん、失敗してしまった人も、リサーチやマーケティングをやっていなかったわけではありません。

しかし、足りていないのです。

「足りていない」人の特徴として、深く深く考えて「これならいける!」と自信を持って言えるようになる前に、「間違いない、大丈夫」と思い込んでしまい、細部を詰める前に安易に根拠のない答えを出しているパターンが多いです。

例えば、OEMで商品を作る場合は、「誰が買うのか」「誰の何を解決するのか」を明確にしなければなりません。
そして、商品ページを作り込み、それを伝えることに注力しなくてはいけません。

極端な話、「世の中に無い商品を作ればいける」くらいの大雑把な考えで進めていけば、まず間違いなく失敗します。

「Amazonには集客力があるから大丈夫!」ということはありません。

また、OEMで商品を作って仕入れてしまった後にマーケティングやターゲットを考えても、当然ですが、もう手遅れです。
ニーズのない商品はどう頑張っても売れません。

しかも、この「思い込み」がやっかいなのは、それを本人が信じ込んでしまっていることです。

信じ込んでいることを、周りの人が覆すのは、なかなか容易ではありません。

ですので、この状態なる前に、客観的に見て大丈夫といえるくらいの根拠を揃えておくことが必要です。

中国輸入で失敗しない!根本的な解決方法

解決方法

「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」という言葉を知っていますか?

プロ野球の名監督である野村克也さんが試合後の取材でよく使ったので、知っている方もいるかもしれません。

失敗する(負ける)には必ず理由があります。
だから、予めその理由を知っておけば失敗しない(負けない)ということですね。

中国輸入で具体的に言えるのは「自己流でやらない」ことです。

自分で始めたビジネスですし、特にOEMなど自分の意見が入れられるところでは、やりたいように進めていきたいものです。

しかし、自分のやりたいようにやることは、ビジネスの成功とはイコールではありません。
むしろ、稼ぐどころか失敗する方向に舵を切っています。

自分の知識やノウハウはたかが知れています。

そのことを認識し、広く意見を受け入れて、その中で最善と思われることを進めていけば、失敗から遠いところでビジネスができるようになります。

最後に

最後に、中国輸入ビジネスで必要不可欠な輸入代行業者についてお話しします。

中国輸入ビジネスにおいて、「代行業者の質」はビジネスの成否に非常に大きなウェイトを占めます。

代行業者は、仕入れから販売に大きく関わり、OEMやオリジナル商品では工場との橋渡し役になります。

そのため、安心・信頼できる会社に任せることが大切

万が一、違法な商品を仕入れそうになった時も、OEMで間違った判断をしそうになったときも、誤った判断であることをしっかりと伝えてくれるパートナーが代行業者です。

自分で全部を把握できる方は、そこまでのサポートを必要としないかもしれないですが、ビジネスをひとりで続けるのはとても大変。
特に中国輸入ビジネスを始めて間もないうちは、代行業者がしっかりとサポートしてくれると安心ですよね。

しかし、残念ながら、あまり良くない代行業者も存在します。

代行業者を見分ける方法としては、実際に中国輸入をしている人に聞いてみるのが一番です。

良くない代行業者は、そういう噂や評判が回ります。

すでに代行業者を利用している人から聞くことで、表に出ている料金表やホームページの見栄えだけでは判断できない、本当の姿がみえてきます。



CiLEL(シーレル)については『お客様の声』がサイト上に公開されていますので、こういったものも参考になるでしょう。
【CiLEL:お客様の声】

投稿者プロフィール

梅田 潤
梅田 潤
合同会社梅田事務所代表。1977年生まれ。大阪府出身。副業で中国輸入ビジネスを始め2014年に株式会社オークファンを退社し独立。現在も現役プレーヤーでAmazonの他、国内・海外クラウドファンディングにも取り組みながら、家族との時間を大切にする自分らしく自由な暮らしをしている。最新の著書に『「ゆる副業」のはじめかた 輸入・ネット販売』(翔泳社)