お問い合わせへ移動

中国輸入の基礎知識

HOME中国輸入の基礎知識

【これが最短ルートだ!】7ステップではじめる中国輸入Amazon販売

中国輸入の基礎知識

Basic knowledge

【これが最短ルートだ!】7ステップではじめる中国輸入Amazon販売

今やAmazonはネットショッピングで使ったことがない人を探すことの方が難しい大手ECモールです。

買い物をする手段としての認知度が高いAmazonですが、今や物を売る手段としても有名なプラットフォームです。
その選ばれている理由は、圧倒的な集客力や、売れた後の配送などをすべてお任せできるサービスです。

Amazon販売者、特に中国輸入販売においては、商品をAmazonの倉庫に預ければ、在庫の管理から発送までをお任せできることが助かりますね。

そんな販売プラットフォームとしても魅力的なAmazonですが、はじめるにあたり出品者登録や、GS1事業者コードの取得…と何かとハードルが高い印象もあります。

また、順序を間違えると月額の費用だけかさむなど、無駄な出費も発生しかねません。

そこで今回は中国輸入でAmazon販売をこれからはじめる方向けに無駄なく進めるためのステップをご案内します。

ぜひ最後まで読んで、一歩踏み出してみてくださいね。

全体の流れ

始めるにあたり、まずは販売できるまでの流れを把握しましょう。

やるべきことを大枠でまとめると、7つのステップを踏むことで販売を始められます。

①商品リサーチ
②商品の仕入れ
③GS1事業者コード取得
④Amazonセラー登録
⑤商品ページ作成登録
⑥FBA納品準備
⑦商品の倉庫発送

各ステップごとに、やるべきことを詳しく見てみましょう。

ステップ①:商品リサーチ

PCで検索している人の画像

手始めであり最も重要なポイントでもあるのが「利益が出る商品を探せるか」です。
商品が見つからなければAmazon以外の販売もできません。

「リサーチ方法がわからない…」という方は、CiLELで無料Webセミナー開催しておりますので、そちらにご参加ください。

リサーチで困ったときは、下の記事もご覧ください。
リサーチに行き詰った時の対処方法

ステップ②:商品仕入れ

コンテナの画像

売りたい商品が見つかったら、実際に商品を購入し、自分の目で一度確認してみましょう。

はじめて仕入れる中国からの商品は、品質や納期など、今度継続的に仕入れられる信頼ができるショップかを初回の発注を通して確認することでトラブルのリスクを軽減できます。

しかしながら輸入を行う際には手続きも様々。
ご自身では専門的な知識も手順もわからないという方ももちろんいらっしゃいます。

CiLELでは商品の買付から発送までサポートしていますので、お気軽にお問い合わせください。

ステップ③:GS1事業者コードの取得

バーコードを読み込む画像
JANコードとも呼ばれる、商品を識別するためのコードです。
Amazonで新規に商品ページを作って出品するためには、このコードが必要になります。

出品する場合、新規出品の他に既存のページで販売する“相乗り出品”も可能ですが、

・商品画像と届いた実物が異なる
・価格競争に陥りやすい

など、リスク回避しつつ着実にビジネスを育てていく、という意味でも、弊社では新規出品をおすすめしています。

GS1事業者コードの登録料は税込16,500円となり、3年間有効です。
GS1 Japan:GS1事業者コードの新規登録手続き

コードの発行まで約1週間かかります。
発行後は申請者でGS1事業者コードを作成できます。

発行方法は下のリンク先をご確認ください。
GS1 Japan:JANコードの作成手順

ステップ④:セラーセントラルアカウント登録

ここでは新規出品が可能な月額4,900円の「大口出品者」登録を選択します。
月額無料の「小口出品者」では

・新規出品ができない
・1件100円の固定成約手数料がかかる
・セラーセントラルで使える機能が少ない

上記のような制限があるため、「大口出品者」を登録しましょう。

ステップ⑤:商品ページ作成登録

ステップ②で発注した商品が届いたら、品質チェックや画像撮影などを行い、商品ページを作成します。

新規で商品ページを作成する際に、ステップ③にて取得したGS1事業者コードを使用します。

商品画像やキーワード設定、商品説明など、いかにお客様に商品の魅力を伝えるか、販売者の腕の見せ所です。

「どうやって商品ページを作成していいかわからない…」という方向けにAmazonカタログセミナーを不定期で開催しておりますので、ぜひご利用ください。

ステップ⑥:FBA納品準備

倉庫の画像

商品ページができたらAmazonのFBA倉庫に納品を行います。
倉庫で商品を識別するためのコード(FNSKU)が印字された「FBAラベル」を商品に貼付ける必要があります。

セラーセントラルからFBA納品プランを作成し、印刷・貼付けを行います。

画像付きで解説している記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。
AmazonFBAの納品方法を画像付きで解説

ステップ⑦:商品の倉庫発送

輸送の画像

⑥でFBAラベルを貼付け商品を梱包し、FBA倉庫に向けて発送します。
FBA倉庫で商品受け入れ後、実際に販売可能な状態になるまで2~3日必要になります。

ここまで来れば、販売者側ですることはほぼありません。
あとは売れるのを待つだけです!

あとは商品が売れれば、数量を増やしてAmazon倉庫へ追加で納品し、売上を伸ばしていきましょう。

まとめ

まとめの画像
いかがでしょうか?
Amazon販売での一連の流れはイメージできたでしょうか?

販売までの流れは大きく7つのステップに分けられます。

①商品リサーチ
②商品の仕入れ
③GS1事業者コード取得
④Amazonセラー登録
⑤商品ページ作成登録
⑥FBA納品準備
⑦商品の倉庫発送

これから中国輸入を考えている方も、仕入れた商品をどこに販売しようか悩んでいたかたもぜひ一度この流れに沿って実践してみてください!



CiLELでは、「これから中国輸入×Amazon販売を始めたい!」という方や「始めてみたけどよくわからない…」という方に向けて、それぞれのお悩みやお困りごとを解決できるセミナーを多数開催しております。

【過去の開催例】
◆アリババ仕入れ・中国輸入 商品リサーチセミナー(オークファン編)
◆アリババ・タオバオ 仕入れ先リサーチセミナー
◆副業Amazon、始めてみない? はじめてのAmazon販売セミナー
◆【リサーチ実演付き】Amazon中国輸入、はじめるならコレ!Amazonリサーチセミナー(Keepa編)
◆【ゼロから始める中国輸入】商品リサーチからAmazon販売まで、全部公開しちゃいます!
◆中国輸入のコストまるわかり!CiLELで仕入れる料金完全ガイド

不定期開催となりますので、ぜひCiLELセミナーページをチェックして、お好きなセミナーに参加してみてくださいね!

直接のお問い合わせもお待ちしております。

Twitterでシェアする Facebookでシェアする