お問い合わせへ移動

中国輸入の基礎知識

HOME中国輸入の基礎知識

AmazonFBAの納品方法を画像付きで解説

中国輸入の基礎知識

Basic knowledge

AmazonFBAの納品方法を画像付きで解説

この記事では、AmazonFBAの納品方法を解説します。

AmazonFBAを利用すると、発送業務などをAmazonに依頼することができます。
そのため、多くのAmazonセラーにとって欠かすことができないサービスです。

これからAmazonFBAを始めるかた
今後AmazonFBA利用を考えているかた

にもわかるように、AmazonFBA納品方法と注意点について画像付きで解説していきます。
是非最後までお読みください。

AmazonFBAとは


AmazonFBA(フルフィルメント by Amazonの略)とは、Amazonが提供する物流サービスのことです。

具体的には、商品を販売するための「商品の保管」「注文処理」「発送」「返品対応」「カスタマー対応」をAmazonが代行しておこないます。

販売者が販売するために行わなければいけない作業は、商品をAmazonの倉庫に送るだけです。
利用料はかかりますが、多くのAmazonセラーにとって、なくてはならないサービスとなっています。

既にAmazon物販をおこなっている方はご存知の方が多いと思いますが、もう少し詳しく知りたいかたは下記の記事で詳細を解説していますのでお読みください。

Amazon販売で利益を残すために!FBAサービス・手数料を全て解説。

insert_banner_1

AmazonFBAは利用した方が得なの?


Amazonで販売をおこなうときに、FBAを利用したほうが得なのでしょうか?

Amazon物販を始めたばかりであれば、定額料金がかからない「小口出品」で契約をおこない、FBAを利用せずに自己発送で様子を見るというかたも多くいらっしゃいますね。

その期間で、自己発送や自己対応にかかる作業の大変さを実感したかたも多いのではないでしょうか。

販売数が増えてくると、販売体制を作っていく・管理をしていくということも必要になってきます。
このように全て自己対応でおこなう場合には、作業にかかる時間や管理業務の負担が大きくなります。

このような「作業にかかる時間や管理業務」をほぼ全てAmazonに委託することができると考えると、FBAというサービスは決して金額面で割高なサービスではないといえます。
むしろ良心的な金額で利用できるサービスです。

ですが、あくまでも正しく利用した場合です。

Amazonのサービスのため、Amazonのガイドラインに従う必要があります。
納品等で不備あると手数料の余分な金額が発生します。

そういった費用を抑えて、正しく利用していけばFBAはお得なサービスといえます。

AmazonFBA納品手順解説!

AmazonFBAへ納品の操作手順を解説をしていきます。
商品登録をまだおこなっていない場合は、先に商品の登録をおこなってください。

AmazonFBA在庫管理画面


Amazonセラーセントラルにログインします。

Amazonセラーセントラルの画面の、在庫 のカテゴリの 在庫管理をクリック します。
在庫の一覧がでてきます。

AmazonFBA納品プランの作成. 数量を入力


FBAに納品する商品の左側にある チェックボックスにチェック を入れます。
複数の商品を納品する場合は、商品全てにチェックをします。

左上のプルダウンのリストの 在庫商品を納品/補充するをクリック します。


納品する商品ごとに 数量を入力 します。

続けるをクリック します。

AmazonFBA納品プランの作成. 商品の準備


誰が梱包準備をしますか? というプルダウンの選択をします。

■ 出品者が行う → 梱包要件にしたがって自己梱包をします。
■ Amazonに依頼 → FBAに梱包準備(FBA梱包準備サービスというサービス名)を依頼します。
         ※別途費用がかかります。

出品者が行うを選択した場合は、梱包要件に従って商品を梱包します。

下記の記事で「FBA梱包準備サービス」について詳細を説明しています。
Amazon販売で利益を残すために!FBAサービス・手数料を全て解説。

AmazonFBA梱包準備サービスに関しては下記のAmazon公式ページでご確認ください。
Amazon_梱包準備サービス

AmazonFBA納品プランの作成. 商品ラベルの貼付


プルダウンで印刷するラベルシールのサイズを選択します。
(今回は、A4版24面(66×33.9mm)を選択しています。)

ラベルを印刷をクリックします。


pdfがダウンロードできます。
入力した商品数分のバーコードが印刷されています。
選択したラベルシール(今回は、A4版24面(66×33.9mm)をプリンターにセットして印刷します。

印刷したラベルを商品に貼ります。

このラベルはAmazon倉庫で商品の識別に必要なものですので、不備があると手数料がかかります。
下記の点に注意しましょう。

注意点
・元々付いていたメーカーのバーコードを完全に隠しましょう。
・バーコードが複数ある場合は、白いテープで隠すなどして商品ラベル以外は見えないようにしましょう。
・スキャンできなくなるため、商品の角や曲面にラベルを貼らず、平面に貼りましょう。
・倉庫で商品ラベルがはがれてしまうので、ノリがつきにくい素材や剥がれやすい素材に直接貼ることは避けましょう。
・商品ラベルは購入者がはがせるものを使用しましょう。

ラベル貼付が終わったら、続けるをクリックします。

AmazonFBA納品プランの作成. 納品の確認


納品先の倉庫が確認できます。
承認して次へをクリックします。


納品番号が確認できます。
納品作業を続けるをクリックします。

AmazonFBA納品プランの作成. 発送準備


配送方法を選択します。

パレットが不要であれば通常配送を選択します。
※パレット輸送とはパレットというすのこのような木の板の上にのせてトラックで配送することです。

配送業者を選択します。

・FBAパートナーキャリア (日本郵便)
・他の配送業者    (プルダウンから配送業者を選べます)


輸送箱数をプルダウンから選択します。
発送する荷物の段ボールの箱数です。


輸送箱の重量(kg)に荷物の重さを入力します。

輸送箱の寸法(cm)に荷物の箱の大きさを入力します。

確認するをクリックします。

配送料を確認します。


FBAパートナーキャリア利用規約に同意します。にチェックを入れます。

請求額を承認をクリックします。


配送ラベルを印刷するをクリックします。


上の画像は1種類のラベルのみですが、ラベルは2種類あります。
ラベルのpdfをダウンロードをします。

ラベルシールをプリンターにセットして印刷します。

ラベルを箱に貼ります。
2種類のラベルは同じ面に(片面にのみ)貼りましょう。


クリックすると納品が完了します。をクリックします。

荷物を発送します。
送料は元払いです。

次の画面で運送会社の伝票番号を入力します。

これで完了です!
荷物の進捗確認はセラーセントラルの「納品プランの管理」で見ることができます。

insert_banner_2

まとめ

数量を入力 → 商品の準備 → 商品ラベルの貼付 → 納品の確認 → 発送準備 という流れですが

ミスによって納品不備になる可能性はあるのでどの過程でもミスをしないように注意は必要です。

納品不備は繰り返ししてしまうと、Amazonからの評価が下がり納品不備受領作業料が上がるので注意が必要ですが、絶対にミスをしてはいけないと神経質になりすぎなくても大丈夫です。

最初は注意点が多くむずかしいと感じるかもしれませんが、慣れれば気を付けるポイントがわかり時間もかからずにできるようになると思います。

まず納品をして慣れましょう!

また、CiLELでは初心者のかたの不安を解消もできるような内容のセミナーもありますので、チェックしてみてください!

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする