お問い合わせへ移動

基礎知識・コラム

HOME基礎知識・コラム

【2019年最新】中国輸入代行業者を選ぶ際の実践的ミカタ「○○な代行会社」9選【保存版】

基礎知識・コラム

Column

【2019年最新】中国輸入代行業者を選ぶ際の実践的ミカタ「○○な代行会社」9選【保存版】

「中国輸入ビジネスでは代行業者への依頼が必須です!」

あなたは今、これから中国輸入を始めていくために代行業者を探しているところですか?

または現在既に利用している代行業者があるけれど何かの理由があって、
変えたいと思っているところですか?

もしくは、もっと良い代行業者を探していますか?

しかし、2019年時点で中国輸入の代行業者は50社以上、
個人で行っている代行業者まで含めると、もしかしたら100社以上もあると言われています。

そんな中から自分に適した「理想の代行業者」と出会うのはなかなか難しいところです。

一つ一つ確認しながらテスト的に使っていてはとても時間がたりません。

また、自分と合わない代行業者を利用することはストレスにもなる上にビジネスの停滞を招きます。

輸入代行業者は輸入ビジネスにあたってのいわばパートナー。

代行業者選びの失敗はそのままビジネスの失敗に直結しかねませんので、慎重に選んで行かなくてはなりません。
代行業者の良し悪しは、単純な価格(手数料や送料、作業費用)だけでは判断できないものです。

少々手数料が高くても検品をしっかりしてくれてアマゾンで販売しても不良品がほぼ出ないクオリティを
保ってくれる代行業者と、とにかく安いけれど配送が遅く商品の扱いも悪く仕入れた時点で
売り物にならない状態の商品がある代行業者のどちらを利用したいと思いますか?

もちろん前者だと思います。
ほかにも代行業者によって得意なジャンルが違ってきます。
そういったところが代行業者を選ぶ時に知りたい情報と思いますので、
色んな切り口から客観的に見た代行業者を「○○な代行会社」として、紹介していきたいと思います。

「○○な代行会社はこちらです。」

これから様々な「○○な代行会社」をご紹介しますが「○○」はどれも代行会社にとってはとても大事なことであり、
ユーザーからみても非常に魅力的なポイントになります。

目次
1.世界最大の卸売市場 義烏(イーウー)に強い代行業者
2.日本人・中国人アドバイザーによる対応力がある代行会社
3.検品・OPP袋入れ替え等のサービスが安い代行会社
4.納品までのスピードが早い代行会社
5.初心者から上級者まで顧客満足度が高い代行会社
6.物流費用がリーズナブルな代行会社
7.ワンストップで輸入業務を任せられる代行会社
8.工場仕入れや大量仕入れが得意な代行会社
9.USAmazonへの出品に対応している代行会社

※2019年7月現在 筆者調べ

1.世界最大の卸売市場 義烏(イーウー)に強い代行業者


『イーウーパスポート』

【おすすめ対象者】
・現役セラーから学べる環境を得たい人
・イーウー市場で買い付けを行いたい会社

【仕入代行手数料】
・ゴールド会員 月額29,800円

【サービス】
・有料会員制
・現役セラーへの相談
・中国出張時の会議室無料、
・商品の一時保管
・Amazonツール無料
・月一で開催される買い付けツアー 等

【理由】
有料会員制のため、物販中級者など輸入物量が大きくなっていれば問題ありませんが、
初心者や少量の発注しか行わないユーザーにとっては割高になってしまいます。
義烏に拠点があるので、買い付けツアーも頻繁に開催しています。
卸売市場である義烏での買付ロットはタオバオ・アリババより大きくなるケースが多いため
そういった意味からも中~上級者向けだといえるでしょう
SNSを活用しての情報発信も積極的に行っている同社代表は現役セラーでもあり、
中国輸入について自身のノウハウのセミナーも開催してセラーの育成に取り組んでいますので
現役セラーに相談できる環境があるのは大きな売りといえます。

【まとめ】
・直接買い付けツアーが開催されている
・現役セラーのノウハウが学べる
・イーウーを足場にしてビジネスができる
・初心者や少量発注ユーザーはコストが割高

2.日本人・中国人アドバイザーによる対応力がある代行会社


『イーウーマート』

【仕入代行手数料】
・月額19,700円

【おすすめ対象者】
・専任アドバイザーに対応して欲しい人

【サービス】
・中国と日本で専任アドバイザーが対応
・ユーザー専用ページ
・セミナー開催
・ツアー優待案内
・独自物流 等

【理由】
基本的には送料等を含めた費用は比較的リーズナブルですが、
前述のイーウーパスポートと同じく、有料会員制のため発注数量が大きくない
初心者・少量発注のユーザーにとっては割高になってしまいます。
特徴としては、中国側と日本側、双方のスタッフで専任アドバイザーが付きます。
多くの輸入代行業者が日本側のアドバイザーだけと言う場合が多いのですが、
日中両国で専任のアドバイザーがサポートしてくれるのは魅力です。
また、船便を含む独自の物流をもっていますので他社に影響されにくい輸送・納品が可能になります。

【まとめ】
・日中両国で専任アドバイザーが対応
・独自の船便を持っている
・初心者や少量発注ユーザーはコストが割高

3.検品・OPP袋入れ替え等のサービスが安い代行会社


『ヲヲフェニックス』

【おすすめ対象者】
・検品やOPP袋入れ替え、プチプチ梱包、タグ付け等物流加工サービスを安く使いたい人

【仕入代行手数料】
・商品代金×7%

【サービス】
・簡易的な商品画像の撮影
・検品手数料が定額
・イーウー市場買い付けアテンド 等

【理由】
大抵の輸入代行業者では簡易的な検品は無料ですが、詳細な検品・セット組みや不要な付属品の
取り外し等は作業内容に応じてオプション料金が発生し、どんどん高くなっていくのが通例です。
この業者はオプション制ではなく7%の定率検品手数料を設定することで、簡易的な商品画像の撮影、
サプライヤーからの画像提供、中国語タグ外し、不用品の取り出し作業、新しいOPP袋に入れ替え、
包装作業等、手数料の範囲内で行う作業の範囲が広いのが魅力です。
中国商品にありがちな不良品を減らすための物流加工サービスにとても力を入れおり、
その他の料金等も会社HPに詳細に記載されており比較的丁寧な印象です。

【まとめ】
・物流加工サービスに注力している
・検品手数料が定額
・会社HPも比較的丁寧

4.納品までのスピードが早い代行会社

『タオバオ上海LINER』→2019年7月現在 取引停止中

【理由】
輸入は発注から納品まである程度の時間を要します。その間に在庫切れなどが起きると機会損失となりますので、
納品はできるだけ早いに越したことはありませんが、代行会社の中でもトップクラスのスピード納品を
実現しています。
24時間以内の発注対応で平均で7日、最短では3日で納品されます。その代わりという訳ではありませんが、
商品代金が50,000円以下の発注はNGとなっていますので、ある程度の物量は必要になります。
しかし、これだけのスピードがあれば在庫切れの期間をかなり短くすることができますのでその点は
大きな魅力と言えます。

【サービス】
平均7日、最短3日での納品、無在庫販売サポート、会員登録で専任の担当者、
24時間以内の発注対応

【おすすめ対象者】
とにかくスピードを最優先にしたい人

5.初心者から上級者まで顧客満足度が高い代行会社

『cilel(シーレル)』

【おすすめ対象者】
・輸入ビジネスのサポートに品質と安心感を得たい人

【仕入代行手数料】
・一般会員 8%
・PS会員  6%

【サービス】
・OEM対応
・検品+修繕サービス
・22種類の物流加工サービス
・Amazon画像おまかせサービス
・資金調達支援
・日中保管サービス
・Amazon販売サポート
・マンツーマンの個別対応 等

【理由】
顧客満足度が高いと言う事はそれだけカスタマーサポートの質が高いと言えます。
顧客満足が高い輸入代行業者であれば初心者や特に他社からの乗り換えへも、
スムーズにできていることが伺えます。
乗り換えには様々な理由が考えられますが踏み切れない要因の一つに移行時の心理的負担があります。
その辺りの不安が解消できていれば乗り換えはもちろん、初心者が中国輸入に取り組む際の
大きな味方になってくれます。その大きな要素として「マンツーマン」での対応が特徴です。
誰が自分の事をサポートしているか顔の見えない対応はやはり不安です。
そこをマンツーマン対応で解消してくれいるのは魅力です。
また、使いやすくシンプルな発注システムで簡単かつ分かりやすい発注ができ、
そういった顧客の負担にも力を入れています。
また顧客が利益を残すための方法など様々なセミナーや勉強会を実施し、
輸入代行に留まらない多角的なサポートを展開しています。

【まとめ】
・日本人カスタマーによるサポートを行っている
・顧客の負担心理を軽くする取り組みをしている
・輸入代行を永続させるセミナーの開催をしている

6.物流費用がリーズナブルな代行会社

『ライトダンス』

【おすすめ対象者】
・とにかく物流費用を抑えたい人向き

【仕入代行手数料】
・商品代金が20万円以下は5%
・商品代金が20万円以上(20万を含む)は3%

【サービス】
・OEM対応
・FBA直納
・商品写真撮影 等

【理由】
中国輸入で物流費用は利益に関わってくる大きな費用です。
特に輸入時に発生する「国際送料」は仕入原価に占める割合も他に比べて高くなりがちですので、
ここをいかにコントロールして抑えていくかがポイントです。
他の代行会社でもこの部分にフォーカスしたサービスを展開しているところがありますが、
ここは特に物流費用について「リーズナブル」であることを打ち出している代行業者です。
物流費用は毎回かかるランニングコストなので、1回の取引では僅かな差でも、
長い目でみれば大きな差になってきます。
また、物流費用がリーズナブルというだけではなく検品や問合わせに対するレスポンスのスピード等も
最低限のレベルは担保されています。

【まとめ】
・とにかく物流費用だけは抑えられる
・リーズナブルさを全面に出している
・最低限の検品や問合わせのスピードもある

7.ワンストップで輸入業務を任せられる代行会社

『イーウースマイルライナー』

【おすすめ対象者】
・輸入ビジネスの手間を減らしてワンストップで依頼したい人

【仕入代行手数料】
・商品代金の7%
・商品代金が月額100万円を超える場合は5%

【サービス】
・リサーチ代行
・商品画像の撮影
・商品ページの作成
・ロゴプリントや刺繍
・レンタル倉庫
・タグ付け替え
・Amazonの商品ページ作成 等

【理由】
中国輸入ビジネスは仕入れただけでは終わりません。仕入だけではなく、リサーチ、
商品画像の撮影、商品ページの作成など販売に関連する作業は多岐に渡ります。
また、商品自体へ加工を施してオリジナル商品化をすることもありますが、
それら輸入ビジネスに必要な業務を1社でカバーしている代行会社です。
仕入から販売に至るまでの守備範囲が広いのであちこちに依頼先を分けることなく、
ワンストップで対応してもらえます。
依頼状況の把握・管理も依頼先が1社であれば作業も減りシンプルに把握できますので、
抜け漏れのリスクを減らすことができます。
複数の代行業者への確認は意外と煩雑になりがちですので、一社でまとめられるのは魅力です。

【まとめ】
・仕入から販売に至るまでの守備範囲が広い
・依頼状況の把握や管理の抜け漏れリスクを減らせる
・輸入ビジネスに必要なサービスメニューを網羅している

8.工場仕入れや大量仕入れが得意な代行会社

『淘太郎』

【おすすめ対象者】
・大ロットの発注が多い方、検品の精度を求めている人

【仕入代行手数料】
・商品代金の7%
・商品代金が月額100万円を超える場合は5%

【サービス】
・OEM対応
・国際転送・
・検品会社保有
・買付アテンド
・商品保管
・中国での会議室レンタル 等

【理由】
中国輸入ビジネスが成長すると取扱量が増え大量発注やコンテナ輸送などが出てきますが、
大量発注になると対応しきれない代行業者もあります。
この会社はイーウー市場公式サイト「義烏購」の日本地区総代理店である等、
中国国内で企業としてのポジションを築いており通常の納品やFBA直送はもちろんのこと、
船便コンテナ等、各種配送方法があり大ロット商品の取り扱いに長けています。
さらに大ロットを発注する企業向けに、提携する外部の検品会社で作業を行うことで、
より厳しい検品が可能になります。
大ロット発注でも変わらない輸入代行のクオリティを保っているのが魅力です。

【まとめ】
・イーウー市場公式サイト「義烏購」の日本地区総代理店
・大量発注の対応に長けている
・外部の検品会社での厳しい検品も可能

9.USAmazonへの出品に対応している代行会社

『桜トレード』

【おすすめ対象者】
・日本のAmazonからUSAmazonへ販路変更したい人

【仕入代行手数料】
・0%
(別途商品の発送先によって3元・4元の代行費用あり)

【サービス】
・日本・USAmazon FBA直送
・中国卸市場・工場アテンド
・OEM対応
・日本・アメリカ商標登録サポート
・セミナー・コンサルティング 等

【理由】
中国輸入ビジネスの基本は中国のタオバオやアリババからの商品を輸入、もしくはOEMやODMの
商品を輸入し日本のアマゾンで販売します。
全世界の地域別国別に開設されたAmazonサイトの中でも米国のUSAmazonは本家本元であると同時に、
世界最大のAmazonサイトでもあります。
そんなUSAmazonに中国から商品を納品して販売していくスタイルのための代行会社です。
日本ではまだまだ取り組んでいる人が少ない中でコンサルティングなどのサポートを含めた
サービスを展開しているのが魅力です。

【まとめ】
・USAmazonへ出品する際のノウハウを持っている

「中国輸入ビジネスで起こる不安や悩みを解決する会社はどんな会社でしょうか?」

中国輸入ビジネスを一緒に取り組んでいく代行会社を選ぶ時は、

「自分自身にとって何が大事で何をしたいのか」

を考えてみましょう。

価格ですか?安心感ですか?手厚いサービスですか?

判断基準は人それぞれ違いますが、大切なのは「自分自身が満足できるかどうか」です。

ビジネスは長く続きますのでしっかりとパートナーとして信頼して任せられる関係が大事です。

中国輸入代行会社無くして中国輸入ビジネスは成り立ちません。

あなたが自信を持ち、そして満足して一緒に取り組める代行会社とビジネスに取り組みましょう!

※上記内容は2019年7月現在筆者調べによる

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする