お問い合わせへ移動

スタッフブログ

HOMEスタッフブログ

中国輸入ビジネス テスト仕入れが重要な理由!商品比較を徹底検証!

スタッフブログ

Staff Blog

中国輸入ビジネス テスト仕入れが重要な理由!商品比較を徹底検証!

アパレルを取り扱っている皆さん、こんなお悩みはありませんか?
「タオバオやアリババで画像を検索したら、同じ画像なのに価格が違う」
「価格にかなりバラつきがあるが、何が違うのかわからない」
といった事を思われるのではないでしょうか。

欲しい商品を検索すると複数のショップがヒットします。こんな画像を見ると、なんだか眩暈がしてきますよね。ショップページにアクセスしても、記載内容はほぼ同じなので比較するのはかなり難しいです。
そこで!私たちは皆様のお悩みを解消すべく、実際に同じ商品で価格の違うショップから購入してどのような違いがあるのかを比較検証しましたのでぜひ参考にしてください。

【検証1】単価が数元違う商品

おしゃれなレディースシャツを27元で販売しているショップと35元で販売しているショップで比べてみました。

下の写真をご覧ください。
画像①が27元、画像②が35元のものです。

画像①
画像②

27元の商品は襟が柔らかくカチッとしていません。色もページの色と比べると薄い印象を受けます。
生地も若干薄いです。
35元の商品は襟がカチッとしていて形が綺麗です。色もショップページとほぼ同じ色です。


袖口の比較写真です。
左が27元の物、右が35元のものです。腕閉まりのゴムの素材が全然違いますね。27元の方は安っぽい印象です。

【検証2】単価が10元以上違う商品

オフィスでもプライベートでも使える素敵なセーター、やわらかい生地に、ハイネックとバルーンスリーブのデザインが特徴です。このセーターは、17.9元のものと29元のものを比較してみました。

まずは17.9元の物です。こちらの写真をご覧ください。

袋から出した瞬間に、違う商品だと思いました。生地が画像と全く違い、ペラペラです。また、デザインも違います。お世辞にもハイネックとは言えず、袖もバルーンになっていません。

しかし、ショップに確認しても「これで間違いない」と言われる始末。どう返事をして良いかわからないくらい、驚きました。

次に29元のものをご覧ください。
こちらの生地はとてもしっかりしています。マネキンに着せているので少しわかりづらいかもしれませんが、デザインも画像と同じです。


10元以上の差があるものは、生地が異なる場合が多いです。安いものは、やはり生地が良くないです。

【検証3】単価が20元以上違う商品

最後に、26元と46元という、20元もの差がある高級感あふれるドレスを比較してみました。

写真ではわかりづらいのですが、こちらは明らかに手触りが違いました。

画像①
 
画像②

画像①が26元、画像②が46元の物です。
46元のものの方が、当然ですが落ち着きがあり、高級感があります。
ラインも綺麗です。
26元のものは、高級感があるとは言えず、少し安っぽい印象でした。
ぼてっとした印象を受けます。

重量を測ってみると違いがありました。生地がしっかりしているので高い方が安い方より100グラム重い結果となりました。

まとめ

さて、これまでの比較はいかがでしたでしょうか。
イメージ通りの商品を仕入れるにはテスト仕入れが必須!です
単価の差で品質に差があることがおわかりいただけたと思います。
単価の差が大きいほど明らかに品質が変わってきます。

特にアパレルは品質の差がわかりやすいジャンルですので、仕入れる商品は吟味しなければなりません。

なので、アパレル商品を仕入れるお客様には、「テスト仕入れ」を強くお勧めしています。

テスト仕入れとは、複数の店舗からサンプル品を仕入れ、品質を比較し、良い店舗を選出することです。
テスト仕入れにも手順があり、CiLELでは下記の手順でのテスト仕入れをお勧めしています。

1.販売価格から仕入値の範囲を算出
2.仕入れ値の範囲の中から、3つぐらい違う金額の店舗を選択
 (良いレビューの多い店舗、また総取引数量の多い店舗を選びます)
3.各店舗から、違うサイズの商品を2~5枚ずつ手配

お客様が、よりスムーズに仕入れ販売を行えますよう、私たちが全力でサポートいたします!
テスト仕入についてのご質問は、以下までお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問合せはこちらから

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする