Amazonセラーアカウント登録手順とは!中国輸入販売の流れも解説

今や知らない人を探すのが難しいほど認知度の高いAmazon。

Amazonでネットショップ開設を考えている人も少なくないでしょう。

この記事では、セラーアカウントと呼ばれる出品者用アカウント登録手順の詳細や注意点を、画像付きで詳しく解説しています。

中国輸入でAmazon販売をおこなう際の流れも解説しているので、是非最後までご覧になって物販ビジネススタートの参考にしてください。

Amazonセラーアカウントとは

スマホと小さい紙袋

Amazonで販売活動を行うセラーになるには、セラーアカウントを取得する必要があります。

セラーアカウントとは、Amazon内で売り手となるために必要なアカウントで出品者用のアカウントを指します。

Amazon出品者用アカウント登録の前に準備するもの

オンラインでの登録作業

Amazon出品用アカウントは、法人と個人事業主の2種類があります。

今回は、副業として始める方が個人事業主として登録することを前提として解説します。

まず、登録前に事前準備をします。

準備するものは、身分証明に関するもの、連絡に関するもの、金銭に関するものになります。

顔写真付きの身分証明書と銀行取引明細書

行政機関から発行された身分証明が必要で、運転免許証やパスポートがこれにあたります。

最近はマイナンバーカードを身分証明として使われる方が増えていますが、Amazonではマイナンバーカードに関する扱いは明記していません。

民間業者がマイナンバーの書き写しやコピーを取ることは認められていないので、提出しても却下される可能性があります。

銀行取引明細書とは、クレジットカード利用明細書・インターネットバンキング利用明細書・預金通帳の取引明細書のどれか一つになります。

有効なクレジットカードと本人名義の銀行口座

Amazonでは、金銭の支払いと受け取りは別に用意するようにします。

クレジットカードは手数料などの支払用に、売上金の受け取りは銀行口座で行います。

なお、クレジットカードも銀行口座も、指定や規制は特にありません。

メールアドレスと電話番号

メールアドレスは、登録時に必要な他、お知らせや業務的な連絡に使われます。

購入者用アカウント登録に使っているアドレスをそのまま利用することも可能ですが、ビジネス用に別のアドレスを用意することをおすすめします。

電話番号は携帯電話の番号で大丈夫です。

日常的にAmazonからかかってくることはありませんが、販売者情報で公開されるのでお客様からの問合せも想定されます。

本人確認の手順については、下記のAmazonページも参考にしてください。
参考:Amazon Amazon本人確認手順

事前準備で間違いやすいもの

取引証明書は提出する機会も滅多になく、ここで躓く方も多いので一つずつ説明します。

クレジットカードの取引証明書
紙の明細書なら、スマホで写真を撮るかデータをスキャンして、オンライン明細ならPDFファイルでダウンロードします。

インターネットバンキングの取引明細書
PDFファイルで取引明細書がダウンロードできます。

ここで間違う方も多く、ネットバンクでは口座管理画面にログインしたとき「お客様口座情報照会」を表示する銀行があります。

提出に必要なのは出入金を示した取引明細書であり、口座情報ではないので気をつけてください。

紙の預金通帳
過去180日以内の最終取引履歴が確認できるページと、名前が記載されているページをスマホで撮影するかスキャンします。

Amazon出品者用アカウントの登録手順

実際に登録用画面を参照しながら登録の手順を説明します。

前述の通り、副業で始める方が個人事業主として登録することを前提とした説明になります。

出品者用アカウント開設ページ

まず「Amazon出品者サービス初心者ガイド」にアクセスします。
すると下のページが出てきます。



「さっそく始める」をクリックします。
すると下のページに移ります。



新規で出品者アカウントを作成するため、「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

名前 出品者用アカウントの所有者になります。
Eメールアドレス 事前に用意したビジネス用のメールアドレスを記入します。
パスワード 任意のパスワードを6文字以上で記入します。

記入できたら「次へ」をクリックします。

すると、ここで入力したメールアドレスに「Amazon: 確認コードのお知らせ」という件名のメールが届いて、中に6桁の確認コードが記載されています。




元の入力画面に移動して、確認コードを入力します。


確認コードを入力して「アカウントの作成」をクリックすれば、出品者アカウント登録が完了です。

必要情報の入力

「アカウントの作成」ができると、次の画面に進みます。

次は、必要情報の入力になります。

必要なものに記載している政府発行のIDとは免許証のことです。

事前に準備した必要なものを確認して、一番下にある「開始」をクリックして下さい。


ビジネス情報の入力
最初は「事業所の所在地」の項目だけ出てきます。

「日本」を選択すると、次の入力項目が追加されます。

このページでは「事業区分」(個人事業主を選択)、「名前」(ローマ字入力)まで進みます。


入力が終わったら、「同意して次へ進む」をクリックして下さい。


運営責任者の情報
ここでは、運営責任者である自身の情報を記入していきます。

・名前(ローマ字表記)
・国籍
・出身国
・生年月日
・名前(日本語表記)
・身分証明書の選択
・住所
・電話番号


全て記入が終われば、同ページの一番下に本人確認のための、ワンタイムパスワードを取得するボタンがあります。

SMSを選択して、本人確認のパスワードを受け取って次に進みましょう。このパスワードはメールアドレスではなく、記入した携帯電話番号に送られてきます。


マーケットプレイスの選択
販売する国の選択です。

ここは「日本」で選択しましょう。

うっかり誤って海外も選択肢に入れて、記入した当該国の人が購入すると大変です。

国内販売を想定した値段設定のまま海外で購入されると輸出になるので、発想費用で赤字になりかねません。



請求先情報
クレジットカードの情報を記入します。

これはAmazonから販売者に手数料を請求するための情報ですが、売上があれば売上金から手数料が相殺されるのでクレジットカードには請求がきません。

カードのブランドに指定はありませんが、プリペイド式クレジットカードは登録出来ないこともあります。

もしクレジットカードを所有していない人は、デビットカードでも登録可能です。




ストア情報
商品を出品するにあたって、屋号を決めます。

屋号は完全に任意なので、自分のお気に入りの屋号を考えましょう。

UPC/EAN/JANコードについての設問は「はい」、ブランド所有者ですかの設問は「いいえ」で選択してください。




身分証明書と銀行取引明細のアップロード
携帯電話で写真を撮ってアップロードすれば大丈夫です。

ただし、名前や住所が途切れていたり不鮮明では確認できずに受理されないこともあります。

銀行取引明細はオンラインで口座管理できる銀行なら、PDFファイルで明細証を請求できることもあるので確認してください。


以上で、Web上で行なう入力項目は終了です。

オンライン面談

必要事項の入力と書類提出が済むと、Amazon担当者によるオンライン面談があるはずです。

面談は予約制で、平日10時~17時30分の間で自分自身の都合に合わせて予約を入れるシステムのようです。

面談ではAWS(Amazon Web Service)が提供するAmazon Chimeというビデオ通話サービスで行なわれ、面談予約日の当日にメールアドレスにリンクが届きます。

顔出しは必須となっているようなので、Webカメラ付きのパソコンか外付けWebカメラを用意してください。

オンライン面談の流れ

2022年10月時点、面談自体は最終確認の意味合いが強いようで、質疑応答のような内容ではありません。

主に聞かれるのは

・フルネーム
・メールアドレスを口頭で回答
・身分証明書と本人の顔を並べて確認

といった流れが基本になります。

適性検査のようなことは聞かれないはずなので、リラックスして臨めば大丈夫です。

面談が終われば、直後にアンケートメールが届きます。

早ければ数時間後に出品登録の全工程完了メールが届いて、晴れてAmazonセラーとしての活動が開始できます。

大口出品と小口出品の違い

Amazonの大口出品と小口出品

大口出品と小口出品について少し詳しく説明します。

小口出品サービスの料金は商品ごとに100円、大口出品サービスの料金は販売する商品の数にかかわらず、月額4,900円固定です。

引用元:Amazon 出品にかかる費用

Amazonの大口出品

Amazonの大口出品を利用するには、月額4,900円の費用が固定でかかります。

小口出品での成約手数料が1件100円ですから、月間50点以上の販売をおこなう場合は大口出品での登録の方がお得です。
※販売手数料は別でかかります。

そのほかにも、大口出品でないと利用できない機能がたくさんあります。
たとえば、相乗りではなく新規出品をおこないたい場合は大口出品で登録する必要があります。

広告をかけたい場合も大口出品でないといけません。

Amazonの小口出品

一方、小口出品に月額の固定費用はかかりません。

商品がひとつ売れるごとに100円の成約手数料がかかります。
こちらも販売手数料は別です。

何を販売するか決まっていない場合や、Amazonのカタログに新商品を追加する予定がない場合は、小口出品から始めるのも良いでしょう。

ちなみに、FBAサービスは小口出品でも利用できます。

個人事業主として副業からのスタートにピッタリな理由

在宅ワークをする人

Amazonで物販を開始するにあたって、おそらく多くの方が副業でスタートされるでしょう。

Amazonで運営するショップは、複数人で管理運営が可能なシステムになっているので、お手伝いしてくれる人が居れば運営も随分楽になります。

しかし、誰もただ働きなんてしてくれません。

Amazonで物販を始める方が多いのは、たった一人でも運営可能なFBAがあるからです。

FBAとはフルフィルメント by Amazonのことで、商品の発送やカスタマーなど手間のかかる作業をAmazon代行してくれるサービスです。

商品の保管、発送、売上金管理、顧客対応の1次窓口までやってくれるのは、人件費何人分に換算できるでしょうか?

少ない資金や、たった一人の状況でもFBAを上手く活用すれば、個人事業主として副業からスタートしても十分成功するチャンスはあります。

初心者向け!中国輸入Amazon販売の流れ

中国と日本

Amazonセラーになったら、中国輸入で商品を仕入れてAmazonで販売するのがおすすめです。

中国輸入の一番のメリットは、何といっても仕入れ価格の安さにあります。

安く買って高く売るのは物販ビジネスの鉄則なので、中国輸入はまさにうってつけ。

安いことはもちろん、輸入できる商品数も豊富にあるので、取り組む価値は十分にあります。

ここで、中国輸入でAmazon販売を行なう流れを、初心者向けに大事なポイントを解説しておきます。

商品リサーチ

どこから仕入れようとも、商品リサーチは基本中の基本。

高性能なツールを使えば売れ筋の傾向は分かりますが、最後の見極めは自分自身のリサーチ力です。

特に中国輸入は仕入れできる商品数が豊富なので、リサーチ力を身に着けるのが鍵になります。

商品仕入れ

中国輸入では、試験的な仕入れをすること(テスト仕入れ)も重要です。

一度は自分の目で確かめることと、継続的かつ安定的に販売活動を行なうために、仕入れ先が本当に信頼できるか見極めたいですね。

たいていの人は輸入に不慣れだと思いますので、経験豊富な輸入代行業者を使い、相談しながら進めていくのがおすすめです。

新規出品

他のセラーと同じ商品を販売することを、相乗り出品といいます。

相乗り出品のメリットは売れ筋と分かっているので売れやすいことですが、既に競合が存在するので、価格競争になりやすいデメリットもあります。

せっかく商品の種類が豊富な中国輸入をするからには、新しい売れ筋をしっかりリサーチして新規出品がおすすめです。

そのためには、新規出品が可能な大口出品者の登録と、新規商品ページ作成に必要なJANコード取得するためGS1事業者コードの新規登録もして下さいね。

まとめ

売上が上がっていくイメージ

今回は、初心者が個人事業主として出品者用アカウントの登録に必要な手順を紹介しました。

Amazonでは、購入者の増加に伴ってセラーとなる販売者も増えていますが、中国輸入を使えば開拓されていないビジネスフィールドがたくさん残っています。

弊社は2011年の創業以来、中国仕入れをおこなうEC事業者さまをサポートしてまいりました。

ビジネスの進め方・困りごとの相談がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

CiLEL編集部
CiLEL編集部
CiLEL編集部は、中国輸入ビジネスをはじめ物販ビジネスや副業についてのお役立ち情報を発信しています。記事は「正しく、わかりやすく、誠実に」がモットー。FP、販売士、ネットショップ検定、日商簿記、行政書士、キャリアコンサルタントなどの資格を持つメンバーが執筆・監修しています。

カテゴリ一覧

ピックアップ

新着

中国輸⼊の基礎知識

新着

現役物販講師コラム