お問い合わせへ移動

スタッフブログ

HOMEスタッフブログ

【アリババで中国輸入する方法!】サイトの見方・リサーチ方法を解説

スタッフブログ

Staff Blog

【アリババで中国輸入する方法!】サイトの見方・リサーチ方法を解説

中国輸入ビジネスを始めてみようという方が、いろいろと情報収集しているときに一番よく見る単語が「アリババ」ではないでしょうか。

中国輸入はまず仕入れるところから始まりますが、その仕入れ先として代表的なのがアリババです。

ですが、実際にアリババで仕入れて輸入しようと思うと、

「どうやって購入すれば良いのだろう?」
「輸入はどうやってやるのだろう?」

などなど、たくさんの疑問が出てくるのではないでしょうか。

この記事では、これからアリババ輸入にチャレンジする方に向けて

・アリババの概要
・アリババ輸入の具体的な方法
・アリババで商品を探す方法
・アリババ失敗しないコツ

をわかりやすく丁寧にお伝えいたします!

ぜひ最後までお読みいただき、中国輸入ビジネスの最初の一歩を踏み出してくださいね。

まずはアリババについて知ろう!

alibaba.comと1688.com

中国輸入ビジネスでは「アリババ」と言えば「1688.com」を意味するのですが、実はGoogleなどで「アリババ」と検索してもこちらのサイトはなかなか検索結果に上がってきません。

インターネットで「アリババ」と検索して出てくるのは下記のサイトだと思います。
https://www.alibaba.com/

まずはこの「alibaba.com」と「1688.com」がどのように違うかをご説明しますね。

簡単に言うと、alibaba.comは海外向けの卸サイトで、1688.comは中国国内向けの卸サイトです。

中国輸入をする際に一番の違いとなるのは、1688.comは中国国内での取引しかできないため、日本から直接購入することができないことです。

そのため、1688.comで仕入れて輸入をおこなうには、取引を仲介してくれる輸入代行業者の存在が必要不可欠となります。

タオバオとの違いは?

もうひとつ、中国輸入の仕入れ先として有名なのが「タオバオ」ですね。

タオバオとアリババの違いをひとことで表すと、「タオバオは個人向け」「アリババは法人向け」ということになります。

タオバオは一般消費者同士の取引ができるので、個人で出品している方もいます。

タオバオのイメージは地元の小売店で、価格は高めですが1個や2個などの少量から購入することができます。

一方アリババは卸売市場なので、購入者は基本的に業者です。

卸しのため価格は安いですが、業者向けのためロット単位での購入が基本となるので、少量での仕入れができません。

タオバオとアリババの違いに関してはこちらに詳しくまとめてありますので、気になる方はぜひご覧ください。
【タオバオ、アリババは何が違う?特徴を知って仕入れに活かそう!】

アリババは中国輸入で最適な仕入れ先

アリババはとにかく安いです。

中国輸入の醍醐味は仕入れ値を安く抑えられることですから、中国輸入の仕入れ先としてアリババ(1688.com)が最適であることは間違いありません。

アリババが安い理由のひとつとして工場の直売店が多いということが挙げられるのですが、工場の直売店の中にはOEMに対応してくれるショップもあります。

中国輸入ビジネスの市場は成熟してきており、OEMでライバルに差をつけるというのは常識になってきています。

OEMを見据えている方は特にアリババで仕入れるのが良いですね。

OEMについて気になる方はこちらをご覧ください。
【中国輸入でOEM!代行業者を使うメリットと代行業者の選び方】

アリババ輸入の流れ4ステップ


ここからは実際にアリババで商品を購入して輸入するまでの流れをご説明します。

ステップ1:「売れる商品」を探す

中国輸入ビジネスは「売れる商品を探して売る」のがセオリーです。

「自分ならこれがほしい」「なんだか売れそう」という感覚で仕入れるのは非常に危険です。

まずは自分が売りたい場所(Amazonやヤフオクなど)で実際に売れている商品をしっかりと探し出し、「売れそう」ではなく「これなら売れる」という商品を見定めて仕入れるのです。

ステップ2:アリババで商品リサーチ

ステップ1で見つけた「売れる商品」を、今度はアリババで探します。

はじめはこの商品リサーチに少し時間がかかるかもしれません。

「これなら売れる!」と思った商品がアリババでうまく見つけられない…というのはよくあることです。

初めは時間がかかってもだんだん慣れてきますので、根気よく続けてくださいね。

アリババでのリサーチ方法は主に以下3つです。
・カテゴリー検索
・キーワード検索
・画像検索

詳細はのちほど詳しく解説いたします。

ステップ3:アリババでショップ選び

アリババで仕入れることができる商品は、たいてい同じ商品が複数のショップで売られています。

アリババには本当にたくさんのショップがありますから、当然ですが質の良いショップもあればそうでないところもあります。

ショップ選びを間違えると、仕入れたほとんどが不良品であったり、色の違うものが届いてしまったり、いろいろなトラブルに繋がってしまいます。

ショップの選び方もあとで詳しくご説明しますね。

ステップ4:輸入代行業者にサンプル注文

仕入れたい商品と利用するショップが決まったら、いよいよ輸入です。

さきほどご説明したとおりアリババは中国国内向けの卸売市場ですので、日本から直接購入することはできません。

なので輸入代行業者を利用してサンプルを注文します。

はじめから大量に仕入れないように注意しましょう。

代行業者によって発注の方法は異なりますが、該当商品のURLで依頼する場合が多いです。

代行業者が独自の発注システムを持っているところもあります。

システムがあると発注した商品の管理もしやすいので、これから代行業者を探すという方はシステムも有無にも着目してみると良いかもしれません。

輸入代行業者に発注したら、あとは届くのを待つだけです。

アリババ輸入のリサーチ方法


ここからはアリババでのリサーチ方法について詳しく解説していきます。

3つの検索方法についてご紹介しますが、どの検索をするときもブラウザはGoogle Chromeを利用すると良いです。

Google Chromeには自動翻訳機能がついていますので、それをONにするだけでなんとなく意味がわかります。

カテゴリーで検索しよう!

まずはカテゴリー検索です。

サイトの左側にカテゴリーが一覧になっていますので、そこから該当しそうなものを選んで探していきます。


アパレルなら「メンズ」「レディース」などから徐々に絞っていくやり方ですね。

カテゴリー名にカーソルを置くとさらに詳細のカテゴリーが表示されていきます。

ただし、カテゴリー検索だと商品を絞っていくのに時間がかかるため、探したい商品が決まっている場合にはカテゴリー検索はおすすめしません。

ピンポイントで探したいときには次に紹介するキーワード検索や画像検索を使います。

キーワードで検索しよう!

たとえばスマートフォンのケースを探したい場合、中国語で「スマートフォンケース」を検索窓に入れて検索するのがキーワード検索です。

Google翻訳などを使って探したい商品の中国語表記を調べ、アリババの検索窓に貼り付けて検索していくやり方です。

商品名がわかりやすいものの場合、キーワード検索ですぐに見つけられることも多いです。

ただ、「スマートフォンケース」のようにひとつのキーワードだけでは範囲が広すぎたりすると、欲しい商品を見つけられるまでに時間がかかってしまいます。

一番おすすめなのは、次に紹介する画像検索です。

画像で検索しよう!

アリババには画像で商品を検索できる機能がついています。

下の写真を見てください。

丸印の中にカメラマークがありますね。
ここから画像をアップロードするだけで、アリババ内で同じ商品または似通っている商品がないかを検索することができます。

画像検索をする際は、該当商品の画像にカーソルを置いて右クリックすると「名前を付けて画像を保存」という選択肢がでてきますので、いったんPCに保存してそれをアップロードします。

ここでポイントなのですが、アリババで画像検索をして欲しい商品が出てこない場合に「タオバオの画像検索を併用する」のがおすすめです。

アリババとタオバオは画像検索のアルゴリズムが違います。

なので、同じ画像で検索してアリババで出てこなくてもタオバオで見つかるということがあるのです。

タオバオで欲しい商品を見つけることができたら、その商品ページからキーワードを抜き出して再度アリババでキーワード検索をしてみます。

そうすることで商品が見つかることもあります。

アリババでのリサーチについては実演付きの無料WEBセミナーを不定期ですが開催しています。
百聞は一見に如かずなので、ぜひ一度ご参加ください。
CiLELセミナー一覧

アリババ輸入で失敗しない4つのポイント

さて、欲しい商品が見つかったら次はショップ選びです。

商品ページの見方やショップ評価の味方についてご説明します。

中国語表記に慣れるまではGoogle Chromeの翻訳機能を使って日本語で表示させると良いかもしれません。

単価~色・購入数によって変わるので注意~

アリババの最大の特徴は、購入数量に応じて価格が安くなることです。

また、同じ商品ページで載っていても、色やサイズなど商品の種類によって価格が異なることがあります。

必ず商品種類を選択して確認しましょう。

商品出荷数と販売履歴

ショップの取引履歴は重要な情報です。

直近で出荷があれば「在庫がありそうだ」と判断できますし、継続して取引があれば「信用できそうだ」と判断できます。

もちろん、取引実績は多いに越したことはありません。

レビューがついているものに関しては、ぜひレビュー内容も確認してみましょう

アパレル商品の場合は画像付きのレビューもあります。

実際に購入した方の貴重な情報ですので、参考にしてみてくださいね。

店舗の運営形態と店舗の評価~ランクの見方~

次にショップの評価の見方についてご説明します。

1は営業年数で、長い方が良いです。

2は直近30日の売上規模で、こちらももちろん大きい方が良いです。

3は店舗のランクで、スター→ダイヤ→クラウンの順でランクは良くなっていきます。

こちらがアリババのランキング表です。
それぞれの中でも1~5でランク分けがされており、5の方がランクが高いです。

4については店舗の運営形態で、意味は以下のとおりです。

生产厂家:自社工場(オリジナル商品の対応が可能)
经销批发:卸売業者(オリジナル商品の対応は不可)

ゆくゆくはオリジナルの商品を取り扱いたいという方は、はじめから「生产厂家」で取引を始めるのが良いですね。

5は各種指標です。

意味は上の写真のとおりで、パーセンテージの横にある矢印は「平均点より上か下か」を意味しています。

写真のショップの場合、すべての指標において平均以下ということなので、ショップの成績としては「良い」とは言えないですね。

アリババ輸入は代行業者にまかせよう

アリババ仕入れは輸入代行業者が必須

この記事の中でも何度か触れましたが、アリババで輸入する際は輸入代行業者の利用が必須です。

アリババは中国国内向けの卸サイトのため、国外への販売はおこなっていないからです。

実は、輸入代行業者の選び方が中国輸入ビジネスの明暗を分けると言っても良いほど、代行業者の存在は重要です。

もちろん業者の質もありますが、質が良くても中・上級者向けだと初心者には主に価格の面で利用しづらいこともあります。

輸入代行業者を選ぶポイント

今は少し検索するだけでたくさんの代行業者が出てきます。

ひとつの基準になるのは事業継続年数だと思います。

中国輸入ビジネスという業界自体がそれほど古くありませんので、10年近く事業を継続させている代行業者であれば、経験も豊富ですし質も悪くないと判断して良いと思います。

もちろん、継続年数が浅くても良い代行業者もたくさんありますよ。

これから輸入代行業者を選ぶという方は、次の3点を参考にしてみてください。

・価格
・スピード
・コミュニケーション

代行業者の選び方についてはCiLELでも無料WEBセミナーを開催していますので、ぜひこちらでセミナー予定をチェックしてみてくださいね。

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする