お問い合わせへ移動

中国輸入の基礎知識

HOME中国輸入の基礎知識

副業でせどりを始める4ステップ!成功させるコツも紹介

中国輸入の基礎知識

Basic knowledge

副業でせどりを始める4ステップ!成功させるコツも紹介

「副業でせどりに挑戦してみようかな」と考えていますか?

せどりは副業のなかでも始めやすく、収益を得ている人も少なくありません。
せどりについての書籍なども多数販売されていますよね。

一方で「せどりって、法律に違反していないの?」と不安に思う人や、実際どのように始めたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、副業でせどりを始める流れや成功させるポイントを紹介します。


参加は無料!

せどりは違法?

結論からいうと、せどり自体は違法ではありません。

せどりとは、「仕入れた商品をお店や個人に販売し、その差額を利益として得る」ことを指します。

物を仕入れる・売る・差額を得る行為自体は、商売の基本でありビジネスです。

ただ何でも販売していいわけではありません。

個人で販売してはならない商品や、許可証が必要な商品があります。
また出品先によって利用規約も異なります。

こうした決まりを守りながら行う分には、せどり自体は合法。

ルールを無視したり、違反したりした場合は違法となるのです。

以下、違法となるケースや該当する法令をまとめました。

違法行為 法令 罰則
中古品を「古物許可証」未取得のまま販売 古物営業法違反 3年以下の懲役または100万円以下の罰金、またはその両方
チケットを高額で販売した チケット不正転売禁止法 1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはその両方
偽ブランド品を販売した 商標法違反 10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方
無許可で酒類を販売した 酒税法違反 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
無許可で医薬品を販売した 薬機法違反 3年以下の懲役または300万円以下の罰金、またはその両方

参考:警察庁|古物営業法
参考:文化庁|チケット不正転売禁止法
参考:特許庁|商標法
参考:国税庁|酒税法
参考:厚生労働省|医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)

知らずに違反をしてしまうケースもあります。

「この商品は違法行為にあたるのかな?」「どうなんだろう?」と、自分での判断が難しい場合や不安がある場合は、弁護士などの専門家に相談しましょう。

また、せどりを含め副業で所得が20万円を超える際は、確定申告も必要になります。

詳しくは、せどりでの確定申告が必要な人とは?の記事でも解説していますので、あわせてご覧ください。

副業にせどりが選ばれる理由


副業にせどりを選んでいる人も少なくありません。

なぜ、せどりが副業に選ばれるのでしょうか。
いくつか理由を紹介します。

初期費用が少ない

まず初期費用が少なくて済むことが挙げられるでしょう。

副業のなかには、設備や機材などでランニングコストがかかってしまうものもあります。

たとえば動画編集。
YouTubeでも音楽配信など、さまざまな動画が配信されていますが、ただスマホで動画を撮影すればよいだけではありません。

まわりの音(飛行機や電車などの音)を消し、自分の声がきれいに聞こえるようにするため、コンデンサーマイクが必要になります。

また楽器演奏の動画の場合は、オーディオインターフェイスと呼ばれる専用機材も必要不可欠です。

機材同士を接続するケーブルも複数本なければならないため、機材にかかる初期費用で数万円以上飛んでしまうことも…。

一方せどりは、仕入れにコストはかかりますが、リサーチは無料。
専用の設備や機材はなく、発送料などは出品価格に含められます。

自分に合った規模で始められるので、リスクを最小限に抑えることも可能。

生活費を圧迫することなく始められるでしょう。

すきま時間でもできる

すきま時間でできる手軽さも、せどりが選ばれる理由のひとつです。

せどりにおいて重要になる「商品リサーチ」や「仕入れ先」などは、スマホの普及により、どこからでも調べることができます。

たとえば、会社の休憩時間に屋上で検索することもできれば、出張先のホテルでリサーチすることもできますね。

もちろん、自宅も可能です。

場所を選ばずできるのは、大きなメリットといえるでしょう。
また「何時までにしなければならない」という決まりもありません。

そのため次のような、すきま時間でもせどりを行うことができます。

・朝食までの1時間
・出勤前の30分
・入浴前の時間
・家事・育児の合間
・就寝前

本業との両立は、心身ともに疲れるものです。
副業を行ううえで、手軽さは重要なポイントではないでしょうか。

商品の個数や出品価格・販売するタイミングまで、すべて1人で行う労力は必要ですが自分のペースでできるので負担になりにくいです。

特別なスキルが不要

せどりは、特別なスキルが必要ありません。

他の副業を例に挙げてみましょう。
たとえば、Webエンジニアを副業で選んだとします。

エンジニアは、プログラミング言語などの専門知識がないと作業が困難なため、諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、せどりの作業は「仕入れる・販売する・発送する」と、いたってシンプル。

専門知識がない人も挑戦しやすく、副業の選択肢としてせどりが選ばれる理由といえます。

ビジネスの基本を学べる

せどりに対して悪いイメージをもつ人も多くいますが、せどりを行うことで、ビジネスの基本を学べます。

「安く仕入れて高く売り、差額を利益とする」のは、多くの店舗や企業でも行われていることです。

スーパーや中古車販売、リサイクルショップなどもそうですね。
スーパーで売っている野菜は、スーパーで作られているものではなく、仕入れて販売しています。

せどりを行うことで、こうした商売の基本を学ぶことができます。

どこの仕入れ先なら安く購入できるか、どこで販売したら高く売れるのかを、調査・実践することで知識も身につけられるでしょう。

副業せどりを始める4ステップ


「せどりを始めてみようと思っているけど、手順がわからない」人もいるのではないでしょうか。
せどりを始める手順を、4ステップで紹介していきます。

商品をリサーチする

リサーチを行い、せどりで扱う商品を決めます。

リサーチを行う際のポイントは次の通りです。

・よく売れている商品
・ニーズの高い商品
・安く仕入れられそうか
・高く売れそうかどうか

仕入れ値を抑えられれば、仮に定価で販売したとしても、差額が生まれ利益になります。

安く仕入れられそうな仕入れ先や、需要のありそうな商品などをリサーチして、販売する商品を決めましょう。

商品を仕入れる

売る商品を決めたあとは、商品を仕入れます。

古物商許可証を取得していない場合、扱える商品は新品になるため、ホームセンターや家電量販店などの小売店や卸業者から直接仕入れるケースが多いです。

対して、中古せどりを行う場合は、リサイクルショップなどが仕入れ先に考えられます。
フリマアプリからの仕入れはNGになります。)

扱う商品によって適している仕入れ先も異なってくるので、商品に合わせて仕入れ先を選ぶことが重要です。

「せどりに種類があるの?」と思った人もいるかもしれませんね。

詳しい仕入れ先を知りたい人は、せどりの仕入れ先はどこ?の記事で紹介しているので参考にしてください。


参加は無料!

出品価格・販売先を決める

商品を仕入れたら、出品価格や販売先を決めます。

販売価格は、仕入れの際に生じた費用や送料も含めて設定しましょう。

価格設定が終わったあとは、いよいよ出品です。
出品先には、さまざまな店舗があります。

【出品先の例】
・Amazonなどのネットショップ
・メルカリなどのフリマサイト
・ヤフオク!などのオークションサイト

独自の規約を設けているところもあるので、出品前には確認を怠らないようにすることが大切です。

販売先によっては、商品保管や発送代行まで行ってもらえるサービスを展開しているところもあります。

たとえばAmazonでは、「AmazonFBA」と呼ばれる物流サービスの利用が可能です。
月額+販売手数料がかかりますが、商品保管や発送代行・カスタマー対応なども行ってもらえます。

「初めてでよくわからない」「対応できるか不安」といった人や、時間に限りがある副業の人に、おすすめのサービスです。

仕入れた商品に合わせて選択してもいいですね。

せどり初心者さん向けに、せどりの種類やおすすめの仕入れ先・販売先を紹介した記事がありますので、あわせてご覧ください。

梱包・発送する

購入されたら、梱包して発送します。

梱包する際は、商品に傷がつかないように注意しながら包みましょう。
商品がグラグラしないように包むことも大切ですね。

配送中は道路の状況により、どうしても商品が上下左右に動いてしまうものです。

雑に梱包されていると、箱の中で商品が不安定になり、破損の原因になる可能性があります。
破損した商品が届いた場合、購入者から信用を失ってしまうことも考えられますね。

細心の注意を払うことで、破損や欠陥のないまま発送でき、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

副業せどりを成功させるコツ


副業・本業に関係なく、せどりを始めるなら失敗したくないと思いますよね。
せどりを成功させるコツを紹介します。

需要がある商品を意識する

せどりを行う際は、需要がある商品かを意識しましょう。

「自分がおすすめの商品・売りたい商品を売ったらダメなの?」と思う人もいるかもしれませんが、やみくもに商品を販売するのはおすすめしません。

なぜなら需要がないと、仕入れても購入されない可能性があるからです。
購入されないということは、仕入れた金額分マイナスになるということ。

利益ではなく、損失になってしまいます。

利益を出すためには、どのような商品が需要があるのか・よく売れている商品にはどういったものがあるのかなど、市場調査を行うことが重要です。

写真は多めに掲載する

商品の写真は多めに掲載しましょう。

インターネット上での販売では、購入者は商品を実際に見て確認することができません。

そのため、頭のなかでイメージしやすくすることが重要です。
写真を掲載することで、購入者側にとってわかりやすくなりますね。

さまざまな角度から撮影する、背景を白色にして商品を見やすく映す、など工夫することで購入される確率が上がるかもしれません。

さまざまな仕入れ先を知る

さまざまな仕入れ先を知ることも重要です。

たとえば、デジタルカメラを想像してみてください。
販売している店舗はどこでしょうか?

多くの人が家電量販店をイメージしますよね。
家電量販店といっても、ヤマダ電機・ジョーシン・ヨドバシカメラなど多くの店舗があります。

加えて、ドン・キホーテやセカンドストリート、Amazonなどのネットショップでも販売しています。

需要が高い商品であればあるほど、さまざまな店舗でも取り扱われているのです。

仕入れ先を1か所にしぼる必要はないため、複数の仕入れ先を知り、商品に合わせて選択するのが成功のコツといえるでしょう。

副業でせどりを始めるときの注意点


せどりは始めやすく、副業として選ぶ人も多くいますが、リスクがあることも否定できません。
せどりを行う際の注意点を紹介します。

少しずつ始める

せどりは、小規模から少しずつ始めましょう。

徐々に規模を大きくしていくことで、リスクを最小限に抑えることができます。

せどりは商品を仕入れた段階で、仕入れ値が発生しています。

いきなり大きな規模で大量に仕入れても、売れなければ赤字が増えるだけです。
そのうえ、商品を置いておくスペースもなく困るでしょう。

赤字を増やしたい人はいませんよね。
副業でコツコツするにはせどりは向いていますが、一攫千金を狙うのは損失のリスクが大きくなります。

まずは小規模から行い、やり方に慣れてから規模を大きくしていくのが賢明です。

せどりで扱えない商品は避ける

せどりには、販売してはならない商品があります。

たとえば、たばこやお酒、生き物や生鮮食品、不動産などです。

また上述しましたが、チケットや偽ブランド品などの販売は違法になります。

せどりを始める前に、せどりで扱えない商品の確認をしておきましょう。

また出品先の利用規約にも目を通しておく必要があります。

まとめ


副業をするにあたり、重要なことは「本業や私生活に支障をきたさない」です。

生活スタイルは人それぞれ違うもの。
副業に充てられる時間も異なりますよね。

せどりは時間の融通もききやすく、副業のなかでも比較的始めやすいです。

まずは練習がてら、家にある不用品をメルカリなどに出品してみてもいいかもしれませんね。

自分のペースに合わせて、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。


副業での物販に興味のある方は、ぜひCiLELの無料Webセミナーもチェックしてみてください。

Twitterでシェアする Facebookでシェアする