お問い合わせへ移動

中国輸入の基礎知識

HOME中国輸入の基礎知識

OEMのメリット・デメリットとは?意味や商品活用の例を紹介

中国輸入の基礎知識

Basic knowledge

OEMのメリット・デメリットとは?意味や商品活用の例を紹介

「違うブランドの商品のはずなのに、デザインや中身が他社と非常に似ている」という経験はありませんか?

これらは多くの場合OEMによって生産された商品であり、自動車、家電、アパレルなど様々な業界で見ることができます。

とはいえ、具体的にどのような仕組みなのかよくわかりにくいですよね。

そこで今回は、OEMの概要やメリット・デメリットを解説。

「OEMって何?」
「OEMでどんな商品を生産できるの?」

などの疑問に対して、わかりやすく説明していきます。

ぜひ最後まで読んで、OEMを活かした戦略に取り組んでみてくださいね。

OEMとは


OEMは「Original Equipment Manufacturing」の略語です。

委託者にとっては、完成品または半完成品を他社から仕入れ、自社ブランドの商品として販売すること。

受託者にとっては、自社製品としてではなく、他社ブランドの製品として生産し、委託者に納品することを意味します。

つまりOEMとは、自社オリジナル商品の企画から販売、アフターサービスなどの一連の工程のうち、生産のみを他社に委託するシステムなのです。

OEMは、主に技術や販売における提携や、企業の経営効率を上げることを目的に、非常に多くの業界で活用されています。

この章では、OEMの概要や商品の例などについて紹介していきます。

OEMの2つの種類

日本貿易復興機構JETROによると、OEMには以下の2つの種類があります。

・技術レベルの高い製造者が低レベルの製造者を指導して行う垂直的分業であるOEM
・同水準の技術レベルの企業間で行う水平的分業であるOEM

垂直的分業とは、一般的に商品開発、製造からアフターサービスまでの工程の分業を指します。

一方、水平的分業とは、商品やパーツなどの部品ごとの分業を指します。

OEMによって生産される商品には、完成品として委託者に納品される場合と、半完成品として納品される場合があります。

どちらの形態でも、基本的に委託者が商品の企画や設計を担当し、受託者が生産のみ担当しますが、厳密にどこからどこまでを誰が担当するかは企業によって異なることも。

また、OEMとよく似た方法にODM がありますが、ODMでは商品の設計や開発まで受託社に任せるという点でOEMと異なります。

参考:JETRO OEM生産とODM生産の違い

OEMの歴史

「OEM」という方法は1950年代、アメリカのコンピューター関連会社、IBMによって考案されました。

当時は商用コンピューターが開発され、半導体やソフトフェアなどの生産が始まったばかり。

コンピューターや電磁部品などを生産する場において、企業間で担当するパーツや業務を分担するために、OEMが活用されていました。

その後、グローバル化とともにOEMは様々な業種に広まり、現在では自動車やアパレルなどの生産現場でもみられるように。

かつての日本では、OEMは下請けの意味合いが強かったものの、現在では同じ水準の技術力を持つライバル企業間でOEM契約をするケースも増えています。

OEMで生産できる商品の例

現在、OEMは非常に多くの業界で活用されています。

中でも、以下の5つの業界では定番の手法として定着しつつあります。

・自動車
・家電
・アパレル、ファッション小物
・スポーツ、アウトドア用品
・生活雑貨

例えばマツダの自動車「フレア」はスズキの「ワゴンR」のOEMモデルであり、エンブレムを除けば非常によく似た構造をしています。

その他にも違うブランドなのに、ロゴや色以外ほとんど他社と同じデザイン・スペックの商品を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

これらは多くの場合、同じ製造元で生産されているOEM商品です。

OEMで委託する4つのメリット


OEMで他社の製造元に生産を委託する場合、大きく分けて4つのメリットがあります。

・生産能力の不足をカバーできる
・生産コストを削減できる
・在庫リスクが少ない
・販売や新商品の開発に専念できる

この章では、委託者にとってのそれぞれのメリットについて解説していきます。

メリット①生産能力の不足をカバーできる

自社生産で商品を作る場合、最も大きな課題の一つが社内の生産能力の不足です。

自社の敷地に大掛かりな製造設備を導入し、一から材料や製造方法に関する知識を身に付けるとなると、膨大な時間がかかってしまいます。

さらに専門的な人材や材料の調達など、生産に必要な要素は沢山あります。

一方OEMでは、他社に生産を委託するため、自社にノウハウや技術が足りない状態でも商品を生産することができます。

メリット②生産コストを削減できる

一般的に、生産コストには材料費や人件費、道具や製造設備の導入費などが含まれます。

これらを自社だけでまかなうとなると、多額の初期費用がかかってしまいます。

特に中小企業や個人でビジネスを始める人など、多額の資金の調達が難しい場合においては、かなりハードルが高いことでしょう。

一方OEMでは、製造元が材料をまとめて仕入れ、専用のラインで効率的に生産するため、自社で生産する場合よりも少ない初期費用で商品を仕入れることができます。

メリット③在庫リスクが少ない

自社で生産するとなると、コスト削減のため大量に商品を生産しなければいけないことも。

売れるかどうか確信が持てない商品を大量に保管するのはとてもリスクがあります。

一方、OEMでは多くの場合で小ロット生産をすることができます。

多種類の商品を少しずつ売りたい企業にとっては、少量から仕入れができるのは大きなメリット。

このように、OEMでは自社で生産する場合と比べ、大量の在庫を抱えるリスクを低く抑えることができます。

メリット④販売や新商品の開発に専念できる

OEMでは、生産に関わる工程を他社に委託するため、その分の時間や予算を自社の販売や新商品の開発にあてることができます。

特に流行の移り変わりが激しい業界や、季節限定の商品が多い業界では、いかに早く市場のニーズを商品に反映できるかがポイント。

空いた時間をブランドのプロモーションやマーケティングなどに活かし、スピーディーに顧客へ商品を届けることができます。

OEMを受託する2つのメリット


OEMを受託する生産元には、以下の2つのメリットがあります。

・技術力が向上する
・生産量が増え収益が上がる

それぞれについて詳しく解説していきます。

メリット①技術力が向上する

OEMでは専門性が高い商品を生産する場合、委託者から受託者に技術的な指導をする場合があります。

よって受託者は、これまで培ってきた技術に加え、さらに新しい分野のノウハウを蓄積できることも。

技術力が上がれば、新しい案件の獲得や、自社製品の開発など、事業の成長に繋がるかもしれません。

実際に、OEMを受託するうちに技術力が上がり、自社ブランドを立ち上げて独立するケースが様々な業界でみられます。

メリット②生産量が増え収益が上がる

OEMを活用することによって、受託者は空いた時間も製造設備を稼働させることができます。

季節によって案件数が変化する業界や、製造設備に余裕がある企業にとっては大きなメリット。

商品の生産において、稼働率が高ければ高いほど、一つあたりの生産コストは安くなります。

結果として受託者はOEMを活用することで、高い収益を見込めるようになるのです。

OEMで委託する3つのデメリット


メリットが多いOEMですが、委託者にとってデメリットもあります。

・自社の生産技術が育たない
・受託先が競合になるリスクがある
・自社生産による収益が得られない

この章では、これらについて詳しく解説していきます。

デメリット①自社の生産技術が育たない

OEMでは、他社に生産を任せるため、自社の生産技術が育たなくなるリスクがあります。

自社で新しい商品を開発する場合や、製造元との契約を解除する際、専門の知識を持った人材を新たに探さなければいけないことも。

また、消費者から商品に関するクレームが入った際、自社で生産過程を詳しく把握していないため、素早く要望に対応できないなどのデメリットがあります。

デメリット②受託先が競合になるリスクがある

OEMで専門的な依頼をする場合、委託者が受託者に対して技術的な指導をすることがあります。

また生産を任せる中で、受託者は開発や設計など、独自のノウハウを蓄えていきます。

よって、かつてはOEMで受託を専門にしていた企業が、数年後に独自ブランドを発表し、同業の競合になってしまうことも。

特に同水準の技術レベルの企業間でOEMをし合う場合は注意が必要です。

デメリット③自社生産による収益が得られない

自社で商品を生産する場合、長期的に見れば生産量や専門性によっては商品一つあたりの生産コストを抑えられることも。

しかし、OEMでは他社に生産を任せてしまうため、長期的に利用し続けると結果的に生産コストがかさんでしまいます。

また、委託という形態をとるため、生産の工程やコストを全て把握し、自社の都合に合わせて調整することは困難です。

このように、OEMには自社生産による収益が得られないデメリットがあります。

OEMを受託する2つのデメリット


OEMを受託する場合、以下の2つのデメリットがあります。

・生産ノウハウが流出する可能性がある
・自社ブランドが浸透しにくい

それぞれについて詳しく解説していきます。

デメリット①生産ノウハウが流出する可能性がある

OEMでは、依頼の専門性によっては委託者から技術的な指導を受けられるメリットも。

しかしそれと同時に、委託者とやり取りをする中で、これまで培ってきた独自の生産ノウハウが外部に流出するリスクもあります。

一度ノウハウが流出してしまうと、同業の中で似た商品を生産する企業が出てきてしまい、競合との競争が激しくなる可能性があります。

デメリット②自社ブランドが浸透しにくい

OEMでは、生産した商品は委託者のブランドとして販売されるため、消費者に製造元の企業の存在を認知してもらえることは少ないです。

また、ブランドのプロモーションからマーケティングまで委託者が担うため、受託者は生産以外の工程に関するノウハウの蓄積が困難。

いざ受託者が自社ブランドを作ろうとしても、市場に浸透しにくいデメリットがあります。

まとめ:OEMのメリットを活かした戦略を立てよう


OEMの概要やメリット・デメリットを解説しました。

OEMとは、「Original Equipment Manufacturing」の略語です。

委託者にとっては、完成品または半完成品を他社から仕入れ、自社ブランドの商品として販売すること。

受託者にとっては、自社製品としてではなく、他社ブランドの製品として生産し、委託者に納品することを意味します。

OEMで生産される主な商品の例として、以下の5つが挙げられます。

・自動車
・家電
・アパレル、ファッション小物
・スポーツ、アウトドア用品
・生活雑貨

OEMで他社の製造元に生産を委託する場合、大きく分けて4つのメリットがあります。

・生産能力の不足をカバーできる
・生産コストを削減できる
・在庫リスクが少ない
・販売や新商品の開発に専念できる

またOEMを受託する生産元には、以下の2つのメリットがあります。

・技術力が向上する
・生産量が増え収益が上がる

メリットが多いOEMですが、委託者にとってデメリットもあります。

・自社の生産技術が育たない
・受託者が競合になるリスクがある
・自社生産による収益が得られない

一方、OEMを受託する場合、以下の2つのデメリットがあります。

・生産ノウハウが流出する可能性がある
・自社ブランドが浸透しにくい

ビジネスでOEMを検討している場合は、メリットとデメリットをよく理解して戦略を立てましょう。





ちなみに中国輸入ビジネスには、既存の商品に対して、ブランドロゴや洗濯ネームだけを取り付ける「簡易OEM 」というものもあります。

CiLELでは、中国輸入ビジネスについての無料Webセミナーを多数開催していますので、ぜひチェックしてみてください。



中国輸入ビジネスのOEMについては、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせ先:0776-73-0606

Twitterでシェアする Facebookでシェアする