熱血ビジネスBAR マスター鈴木のお悩み相談vol.11|独学でビジネスを続けていますが、やり方が合っているか不安です…

バーカウンターでカクテルをつくる男性

ここは町外れの小さなBAR。

マスターは「自分の人生を歩もうとする人を応援したい!そんな人に出会いたい!」という気持ちでバーを開いた、ちょっと変わったおじさんです。

このBARの魅力は、いつも自然と始まってしまうマスターのお悩み相談コーナー。

お客さんのお悩みをスパッと痛快にぶった切るマスターにはファンも多く、「なんとなく元気になりたいから」という理由でBARに足を運ぶ人も。

おや、今日もマスターのお悩み相談が始まったみたいですよ。

こっそり聞いてみましょう。

本日のお悩み

マスター鈴木の回答

独学でやってるというのはとても素晴らしいことだね。
「独学で稼げますか?」という話なら、答えは「できます。」だ。

でもな、俺の見てきた統計的には、できるのは1000人に一人。

独学で稼ごうとする多くの人は、初動で稼ぎ方を教わるコンサルや塾などにお金をかけない分、無知な状態で実践することになるため犠牲になることがある。

犠牲になるのは、お金と時間だ。

・ビジネスで自分で行動→失敗→改善を繰り返し、ノウハウの正解を導きだす資金
・その繰り返される試行錯誤に使う時間

授業料にはお金を払わないが、その分自分で仕入れの失敗、販売の失敗などでお金を使うことになるんだよな。
さらに時間もかかるってことだ。

そこを独りで乗り越えられるのが、1000人に一人なんだ。

このことについてさらに説明しよう。


■無料情報で学ぶということ
インターネットに無料情報はかなりあるので無料情報を使って習得できたら嬉しいと考える人は多いよな。

だが、個人物販含め、インターネットビジネス全般を「簡単なビジネス」だと思わないことが大事だ。

かんたんだけど、かんたんじゃないってことだ。

ネットビジネス物販はシンプル(単純)だけど、イージー(簡単)ではない。
ここに気づくことが大事。

シンプルだけど、イージーじゃあないってこと。

トランプゲームの神経衰弱は知ってるよな?
ルールは単純明快。

最初、トランプのカードはすべて裏返しに並べられている。
プレイヤーは好きな2枚を選び、その場で表に向ける。

2枚が同じ数字であればそれらを得ることができ、もう一度プレイできる。
2枚が異なる数字の場合、カードを元通りに伏せる。
順番は次のプレイヤーにまわる。
すべてのカードが取られるまで行い、取ったカードの枚数が多いプレイヤーの勝ちとなる。

仕組みは単純だが、簡単ではない。
「知らないのに」一発目から全て的中させることは至極難しいんだよな。

でも、知っていたら簡単だろう?

インターネットには様々な情報が確かにある。
多くの人がおそらく「どこから学んだらいいのか…??」と思うだろう。

嘘か本当かもわからない情報が溢れている中で、初心者が正しく選択出来ると思うか?

キミは、一人でここまでやってきたんだろう。
ある程度、得るべき情報を選択できるセンスがあるんだろうな。

でも、「やり方が合っているのか不安」と言うことは、まだこれからだと言う状況だとわかる。

続けるぞ。

「初動にお金をかけたくないので、無料情報で学ぶ」ということを他ジャンルに置き換えて考えてみてごらん。

・塾には入りません、自分で資料などをみて進学の勉強をします
・大学には入りません、自分で資料などをみて大学の授業を学びます
・英会話スクールや家庭教師は必要ないです、自分で勉強します
・サッカー教室には入りません、自分で資料などをみて練習をします
・職業訓練校には入りません、自分で資料などをみて勉強します

このやり方でも良い成績に持っていける天才はいるかもしれない。
だが、それは本当にごく一部の人だろう。

なぜ多くの方がそれぞれの学校に行き、英会話スクールや家庭教師をつけ、サッカー教室に入り、職業訓練校にいくのか?
想像すればわかるだろ?


■独学はキツい

独学でそれなりの結果を出すためには、長い時間と労力がかかる。

無駄なことを学ぶこともあるだろう。
間違いの情報をつかまされて失敗することもある。

時間もお金も失いつつ、それでも諦めずに改善してまた挑戦する
資金や時間を根気よくかけて、継続して、改善しながら徐々に理解し身につけていくんだ。

これができる人は、そんなに多くはない。

独学は遠回りになる可能性が高いことはイメージできたかい?


■適正な勉強資金には投資した方が成功は早まる

初動にお金をかけたくない!
お金がもったいない!

キミがそう思って独学でやってきたのかどうか理由はまだ聞いていないが、最初に教室やコンサルタントに指導料を支払った人は、わかっている人が先に教えてくれるので失敗を回避できる。

だから無駄な失敗から学ぶことに時間をかけずに、最速でやるべきことだけをやれる

同じ時間をかけるなら、すでに正解を知っている人に習ったほうが堅実に結果は出るし、無駄な失敗を回避できるため、早めに売り上げ利益も増え、お金も時間も無駄に失わずに収入が発生するだろう。

■ここまでのまとめ

「お金かけず、独学でできますか?」
この質問に対する俺の答えは「できるが、キツい」だ。

諦めずに続ければできないことはないよ、これからも。
ただ、しなくていい失敗をしたりして、お金や時間はかかる。

そもそも、なんで不安なのに一人でやっているの?

目先で失うお金だけをみていると、今お金が減らないように、節約のことを考えてしまい、いつまでも無料情報を調べてしまいがちだ。

短い人生、目先のことだけでなく、近い未来もしっかり考えて。

独学の険しい道を選ぶのか?
何らかの教育サービスを受けて、道案内をつけて最短ルートでビジネスの収益を上げるのか。

過去の俺の生徒さんの例を紹介するよ。

・車を売って入学してきた→稼げるようになり、BMWなどを買えるように
・おばあちゃんがお金を貸してくれた→稼げるようになり、おばあちゃんに色をつけお金を返した

このような事例が、たくさんある。

キミはこれから、どうするかな?

ここまでの注意点だが、今回の俺の話は、指導者が本物であることを前提としているからね。

指導者が悪徳業者だった場合は、もちろん結果はでない。
もし、何かの教育サービスを受けると決めた場合は、指導者について事前にしっかり調べるんだぜ。

調べてもよく分からなければ、俺にまた聞けばいい。
「この先生どうでしょう? → URL 」とか、LINEとかにコメントやメッセージをくれれば、良い部分も悪い部分も、裏話もあれば答えるし。
このBARに直接来てくれてもいい。

そう。

人生変えたいなら、出会え!ってのがとにかく大事だ。

人生変えたいって時に、自分一人ではどうしても視野が狭くなってしまう!

当たり前だ。
今までの人生は自分は体験してるから知ってるが、人生を変えたいという場合は、今の人生とは違う道に進むわけだ。

違う道では初心者。
無知なんだよ。

だから、人生を変えるきっかけっていうのは、多くの場合、人との出会いが多いんだ。
自分以外の人は、自分の体験していない人生を体験し、知っているから。

1人と出会うことで視野は2倍に!
2人と出会うことで視野は3倍になるわけだ。

出会いの場所は、普段活動している場所じゃない方がいい。
キミの「理想とする人生を歩んでいるであろう人が参加している」場所に行くべし。

いい先生と出会えたらいいな。

あとな、誰かに習う際、気をつけてほしい点も話そう。

俺のように日々、ネットで稼ぎたい人へアドバイスをしていると、時々こんなメッセージをもらうことがある。

「助けてください!」

もちろん俺としては丁寧に返信をし、対応しているが…。
まずこのようなメッセージを送ってくる方が成功した試しがない。

最初から依存ではなあ…。

こういう風に、いきなり「助けて!」と送ってくる方は自己紹介もない方が多い。

自己紹介もせず、「とにかく無料で簡単に稼がせて!」「あなたはお金持ってるんだから、そのくらい出来るでしょう」という思考なのかな。

たとえそうだとしても、俺はいくらでも助けるけど、本人に「何でもします!」という気合いくらいないと、結果につなげるのは難しい。

俺は個人が自立して稼ぐビジネスをアドバイスするのであって、やるのは本人だ。

本人が俺に依存して、本人が何もしなかったら、収入が発生することはない。

その人に合う仕事を色々とアドバイスしても、結局、本人は自分のセンスで仕事を選んでしまう。

「助けて」という人は、真っ当に仕事しない人であるという事例をたくさん見てきた。
そもそも、普通に仕事できる人が「助けて」なんて言わないもんだ。

ジリ貧の本人が自分のそのセンスで仕事を選んでいたら、ジリ貧のままなんだよ。
仕事を選ぶセンスがあるなら、そもそもジリ貧になっていない。

いきなり面識もないのに上記のような言葉を送る方は、色々な方に同じ文章をコピーして送っていることが多いんだろう。
誰かが救ってくれるのではないだろうか、と…。

自分本位で、自分のことしか考えていない。
だから、助けてもらわなければいけない状況に陥っている。
だが、助けようとしても自分本位で、自分のことしか考えていないので、助けられない…。

負のスパイラルそのものだな。

逆に、「助かった方法」として、成果を堅実に出された方の実例もある。

過去10年分、3,000記事以上の俺のブログを読み込んでから「鈴木さん、ブログ全部読みました!私と会ってくれませんか?」とメッセージをもらったことがある。

直接会い、確認するとブログの感想も言える。
尋常ではない話だが、彼は本当に読んでいたんだ。

普通じゃない。

でも、普通じゃないから成功するんだよな。

普通だったら収入も普通のまま。
大きく稼ぎ出すこともない。

この事例の大事なポイントとして、ブログの記事を読むって大変だが、誰にでも出来ることだってこと。
ほとんどの人はやればできることだ。

これは、別にブログに限った話ではなく、その先生の動画を全部見たっていいし、出版書籍を全部読んだっていいんだぜ。

先生側としては、その連絡してくるまでの努力に敬意を感じるし、そういう方は実際、頑張れることが多いんだよね。

努力できる人だってことが事前にわかる。
これ、教える方からすると大事。

ちなみにその方には、その後アドバイスをして、本格的にビジネスを進め、中国輸入で月収100万円以上稼ぐようになった。

先生との出会いはお金が全てではないってことだ。

お金がなければ、他の何を相手に提供できるかということ。
お金がないなら、上記の彼のように努力でカバーすることだ。

その努力は行動を伴っていれば、本当にメッセージからビンビン伝わってくる。
教える方も、教えがいがあることも容易にイメージできる。
面白い人が来た!って思ってもらえるぞ。

いきなり「助けてください!」というメッセージだけを送る人からは何も伝わってこない。
「誰お前?本当に真っ当にビジネス頑張れんの?」と先生も不安になるわな。

先生のことを知ってるのかどうかすら怪しい。
さらに言うなら、前述したがこのような方はお金もなくジリ貧であることがほとんどだ。

俺は返答と質問を返す。

「はい、助けますよ」「具体的にどういう状況ですか?」ってね。

軽くメッセージでアドバイスをする程度なら、ボランティアでできる先生も多い。
面白い人かもしれない…と、淡い期待を胸に抱いて…。

でも、その質問に対して、もう返事がなかったりすることも多い。
だいたい、すぐに消えていく。

あちこち連絡しすぎて、自分の状況説明すらめんどくさいのか?
心境はわからないが…。

質問するだけなら、普通はお金を取られることもないので、助かりたいなら、ちゃんとコミュニケーション続ければいいのになあ。

何か売りつけられたら嫌だなって思うのだろうか?
なら、相談してみて、何か売りつけられた時に、キッパリ断れば良いだけなのだが…。
断れずに、勧められたら買ってしまうのかな?

世の中には助けられたい人も、助けたい人もいるというのに。
助けられるのが下手っていうのは、本当、残念だな。

助けられたかったら、助けたい人が助けたくなるように努力をしよう。

もっと、世の中の価値観の多様性を上手に利用していくことができれば「助けてください」なんてメッセージを送る必要もない。

俺は、こういう社会的弱者の方を救いたいのだが、本人が求めなければ、稼ぐことを強制まですることはない。

人生は自由で良いからさ。

キミは、「助けてください!」というポジションではなく、お互いにメリットがあるように「利用し合う」と言う意識で先生と接していくことだ。

そして、先生と会う前に先生のことはしっかり調べておくこと。
関係性が本当に深まるからね。

このことは、先生のツラをした詐欺師に、事前に気付けることにもつながるぞ。



そして先生が見つかったら、その次に気をつけることも話しておくよ。

先生からチャットに連絡し、いつでも生徒から即返事があると稼がない可能性が高い。

俺は過去10数年で、3,000名以上の生徒さんを見てきて、チャットメッセージへの返答が常に早い生徒さんもたくさん見てきた。
印象は良いが、最終的に稼ぐ確率はかなり低い。

なぜかと言うと、集中力が発揮できていない状況だからだ。

すぐに返事をするということはチャットがピロリン♪と入ったら、すぐ今までしていた事を止めて、チャットの確認と返答をしてしまうという事だ。

つまり、ビジネス実践に集中できておらず、常に横道にそれる可能性をはらんでいるということ。

チャットをいちいちチェックしていてはダメ!!
その積み重ねは、長期的な遅れになるから。
普段は通知をオフにしておくことだぞ。

先生からの連絡を確認する時間をしっかりと決めることだ。

具体的には、チャットを確認・対応するのは1日に2回(朝何時、夜何時)にする、3回(朝何時、昼何時、夜何時)にする、などと時間を決める。

チャットのことは時間以外は忘れ、実践に集中する時間を作る。
これが大事。

すぐに返事が来ると嬉しいし、真摯に対応してくれてる気がしてとても良いが「それにより結果が出なかった」となると本末転倒。

このことは実生活で何かをやろうと思っている時も同じことだ。
自分は違うものに意識がとられて集中力が削がれていないか、考えてみることは大事だ。


他には、「これは出来るけどそれは出来ません」だな。

先生が何かをアドバイスした際に、その実践者本人が「自分が出来そう」「やってみたい」と判断できることは採用し「自分が出来なそう」「自分はそれはやりたくない」と判断したことは「やらない」と返答する。

言葉にはしないとしても、行動でそれを示す。
「しない」という行動でね。

もちろんそれも自由だが、自分ができる範囲のことだけを選択しても、今までの結果とそんなに変わらない状況が続く可能性があるよな。

素直に「自分が出来なそう」「自分はそれはやりたくない」と判断する事でもやってみると、今までの結果から、より変わって行くよな。
今までと行動の選択が違うんだから。

これは先生をつける醍醐味だ。
自分で取捨選択せずに全吸収しなよ。
結果が早くでる。

避けていた事をするから、新しい自分と会える。
俺の友人に、YouTubeチャンネル登録者11万人のスピリチュアルの先生がいるんだが、その方も同じことを言っていたよ。

「伝えても、参考になりました、勉強になりました、と言うだけの人たちが多い。結果が出ない。実際にやる方は少ない。とても残念です。みんな実際に参考にするだけじゃあなく、やってみれば、人生本当に良くなるのに…。」

とても悲しそうだった。



以上かな。

こんなところだね。

まとめると、独学でビジネスを続けていてもいいんだが、目先の授業料をケチってると、時間とお金を思いのほか失うから。
やり方が合っているのか不安なら、上記のことを意識して先生についてもらったらいい。

先生には依存心ではなく、利用し合ってお互いにメリットがあるように、何を与えられるか考えて行動してみるといい。

先生も人間だ。
努力してくれる人にはより一層精力的にアドバイスしてくれるだろう。

そして先生といつでもやりとりしないこと。
実践時間はしっかり集中し、連絡確認するのは時間帯を決めよう。

これらのことを意識して、急上昇しちゃえばいいさ〜!!


ん?

素敵な先生を知らないかって?

いくらでもいるぜ。
どんな先生が御所望だい?

いつでも聞いてくれよな!
紹介するぜ!


ご来店、ありがとうございました!

投稿者プロフィール

マスター鈴木 (鈴木正行)
マスター鈴木 (鈴木正行)
「在宅中国貿易」のエキスパートとして知られる。今やネットビジネスの世界でカリスマ的存在だが、リストラや離婚といった悲劇を経て成功をおさめた。ビジネスの流儀、これまでの苦難の人生を踏まえ、希望する人へ本当の意味での「自由」を獲得するための方法を広めている。地道に、着実に稼いでいく方法として在宅中国貿易を伝授し、その先の自由を掴むまでのあり方を伝える。全国の中学や高校含め講演、NHK特集、出版等精力的に活動。
著書「僕らが自由に生きるためのシンプルなメソッド」他