コラム

熱血ビジネスBAR マスター鈴木のお悩み相談vol.9|どんな人が成功しやすいですか?稼げる人の特性を教えてください。

熱血ビジネスBAR マスター鈴木のお悩み相談vol.9|どんな人が成功しやすいですか?稼げる人の特性を教えてください。

バーカウンターでカクテルをつくる男性

ここは町外れの小さなBAR。

マスターは「自分の人生を歩もうとする人を応援したい!そんな人に出会いたい!」という気持ちでバーを開いた、ちょっと変わったおじさんです。

このBARの魅力は、いつも自然と始まってしまうマスターのお悩み相談コーナー。

お客さんのお悩みをスパッと痛快にぶった切るマスターにはファンも多く、「なんとなく元気になりたいから」という理由でBARに足を運ぶ人も。

おや、今日もマスターのお悩み相談が始まったみたいですよ。

こっそり聞いてみましょう。

本日のお悩み

マスター鈴木の回答

質問がシンプルでいいね!
一言で言えば即終わってしまう答えになる。

しかし、それじゃあつまらないだろう。

実際に3000人以上の実践者を見てきた経験から、具体的に詳しく解説するね。


成功者は素直な人が多いイメージはあるかい?
有るとしたら、あなたは稼ぐセンスがある。
無いとしたら、あなたは「成功者は天才だ!」とか特殊な才能があると勘違いしているのかもしれない。

ワンピースのルフィや、ドラゴンボールの悟空はわかるかい?
国民的大ヒット漫画・アニメの主人公だ。

彼らは自分の大切な想いに従っていて、素直だよね。

少年漫画の主人公っていうのは、素直なキャラクターが多い。
そして、現実にもそういう思考の人は、主人公的立場になりやすいんだ。


そう。

素直は成功の条件なんだよな。

ただ、勘違いしちゃいけないことがある。
なんでも信じていたら詐欺師に騙されるだろ?

ここがポイント。

素直に聞く相手の選び方がキモだ。

ワンピースのルフィや、ドラゴンボールの悟空も、悪い奴の意見でも誰にでも、何でもかんでも素直に聞くわけではなく、悪い奴はぶっ倒すだろう?

実際の成功者も、成功するという思いに対して素直だ。
だが、その思いに敵対するような人の意見でも何でもかんでも素直に聞くわけではない。


実はちょうど今日BARで、こんなことがあった。

「副業の話が聞きたい」と言うから副業の話をさせていただいたんだが、

「営業?紹介が必要なものは家族との取り決めで出来ないです。」
「物販?費用がかかるものは出来ないです。」
「投資?ギャンブルはできないです。」
「口コミ?ネットワークはできないです。」
「みんなが儲けてる?てことはもう飽和してるでしょ。」

という感じで、俺が話した実際にそれぞれで稼いでいる人がいる副業について、ことごとく否定してきた。

俺は別にいいんだが…。


副業について、知って、でもしっくりこなくて結局何もしない。
ノウハウを集める、典型的なノウハウコレクターだ。
これを何年も続けている。

それじゃ、いつまでも稼げない。

就職先を探し続けて、どの仕事も否定し続けていたら、そもそも稼ぐことは雇われの仕事でもないよな。

本人はそれでいいからそうしている。
本業の収入があるんだろうな。

しかし、「だったらこの会話をしていても、生産性はないな」と俺は話しながら思っていた。

こういう人は、自覚は無くても教えてくれる相手の時間を奪っているリアルバンパイア。

BARに来て下さったお客さまなのでお話しさせていただくのは楽しくさせてもらうけど、プライベートだったら俺は距離を置く人だ。

「稼ぎたいと思ってるんです」と言って色々な人に聞くだけ聞いて、何もしない人は確かに存在する。
これは10年もさまざまな「稼ぎたいと言う人」を見てきた俺が身につけた「人を見る目」だが、その人と話せばわかる。

暖簾に腕押しとか、猫に小判、豚に真珠と言える会話だった。

これ、罪深いと思うよ。俺は。

このような貧乏マインドについて、ジャックマーさんの話がとてもわかりやすい。
ちょっと聞いてみてくれ。

貧乏マインドとは↓


※1分3秒の動画だ。


なんでも即座に思い込みで否定してしまう人が、豊かになることはないよな。

稼ぎたいなら、それが副業だとしても、いつまでも探してないで決めることが大事だ。

仕事がなく職探しをしているなら、いつまでも職の内容を人に聞いていて就職しない人など、家族などに愛想をつかされるだろう。

副業だとそうならないから、いつまでも決めない。
決めなくても本業の生活でなんとかなるんだろうな。
そしてさっき例に出した、結局なんでも否定する人のように、時間のバンパイアと化す。


大切なのは「行動する」と決めることだ。

1年もやっていれば堅実に実績、収入は上がっている。
人生は確実に変わっている。

1年後も仕事を探し続けているようじゃ、今と何も変わってないよな。

本業の転職みたいに、副業だって変えたかったら変えりゃあいい。

後からいくらでも変えられるんだから、始める前にそこまで悩む必要はないんだよなあ。
副業探して稼がない人って、何年間でも平気で探し続けているからな。

最初の一歩は素直に飛び込み、シンプルに学び実践して稼ぐことだ!

それが成功者への第一歩。

新しいスキルを身に着けようと思ったとき、料理教室やパソコン教室、英会話教室など、教えてくれるところに通うだろ?

稼ぎ方を知ろうと思ったら「稼ぎ方の教室」に通うという選択肢も出てくるよな。

調べていくとわかることだが、稼ぎ方や副業の先生は「ネット上での指導」が多い。
料理教室やパソコン教室などはリアルで学ぶ場所もあるけどね。

ネット上のコミュニケーションだけではすれ違いもおこりやすく、詐欺師っぽい人もいたりして、ぶっちゃけカオス。
ネット上のスクールなどに不誠実なイメージをお持ちの方も多いだろう。

大事なことは、そんな中で信じられる先生を見つけることだよな。


信じられる先生の見つけ方は簡単だぞ!

副業の世界では、情報発信者がお金持ちアピールをすることがある。

例えば、こんなうたい文句を見たことはないかい?

・秒速1億円稼ぐ男
・フェラーリ○台持つ男
・銀座で一晩で100万円使っちゃいました

これは、お金持ちに憧れさせて、そのお金持ちに興味を持たせている。
そういう人がどうやって稼いだのか、気になるよな。

そのお金持ちの稼ぎ方を教えてもらいたくて数十万円、数百万円を支払う人がいる。

お金持ちのお金はどこから来ている?
教えてもらいたくて数十万円、数百万円を支払う人のお金そのものだ。

お金持ちの先生は、顧客、そう生徒からお金を得ているわけだ。

結局、顧客(生徒)はお金を失っているだけだったりする。
そんな先生と関わると生徒はお金を失い、先生は豊かになる。
こういう先生も実際にいる。


だから大事なこととして、先生がお金を持っているかは、どうでもいい。

どこから持ってきたお金かわからない以上、先生の持つお金に興味を持つ必要はない。

あなたにとって本当に重要なのは、先生が稼いでいることではなく生徒が稼いでいること

生徒が稼げるならば、極論だが先生はお金持ちでも貧乏でもどっちでもいい。
指導者として本物ならあなたは稼げるのだから。

生徒側が稼いでいるかどうかがあなたに必要なポイントだ。

この視点は、かなり大事だ。
成功するべき人は、こういうところで習ったり、つながったりする人を外さない。
詐欺師に引っかかってもお金が減るだけだからね。

だから、気になるところがあったら直接そこの生徒と話してみること。


では、どうやって生徒が稼いでいることを調べるのか?
多くの先生は、先生自身が稼いでいることしか伝えない。

サイトに掲載されている体験者の言葉は「やらせ」であることもあり得るので、サイトの体験の声は参考に出来ない。

先生自身に「このビジネスは稼げますか?」と聞いても、自分のビジネスを良く言うに決まっていてあまり意味がない。

気になる先生がいたら、そこの生徒と話そう。
実際にその先生のサービスに大金を支払う前に、先にサービスを受けた方の実際の声を、直接聞こう。

どうやってそこの生徒と話すかって?

生徒さんは、その先生に紹介してもらえばいい。

先生に「不安なので、稼いでいる先輩とお会いしてみたいです。」と伝えて、会わせてもらえないなら、そんな先生のビジネスは信用せず次に行くだけだ。

会わせてもらえたら、先生のいないところで先輩と直接話してみて、現実どうなのかを聞いて判断したらいい。
あるいは、その先生のコミュニティがあれば、そこに参加してみるなどもあるね。

3人くらい会えれば十分判断できるだろう。


実は、そこまで購入前に調べる人がまずいない
だから適当に仕掛けてる販売者も多く存在している。

ちゃんと事前に素直に聞いて、良い相手か調べることだ。
調べさえすればほぼわかる。

消費者に知識がついて、販売者の真実を追求できるようになれば、それに対応すべく先生のレベルも自ずと上がっていく。

対応できない先生は消えていき、総じて業界がクリーンになり、騙される人がいなくなっていく。
そのような誰もが騙されない社会になるだろう。

購入者が事前に騙されない行動をできるようになれば、な。

ここまでが、「素直に本物の先生に習って稼ぐ」という成功しする人の特性プロローグだ。


ここまでは始める前の考え方について。

ここからは始めた後の考え方についてだ。



ちょっと疲れたかい?
水でも1杯飲みなよ。


じゃ、続けるぞ。


なんらかの教材を実践したであろう方が、ネットで「稼げない!」「このビジネスは詐欺だ!」などと書いていることがあるだろ?

そして逆の立場、つまり教材の販売者側からの話としては、
「すぐにやめてしまう」
「もう少しまともに学べないのか?」
「教材を見ないで、わからないわからないと嘆いている」
「質問が抽象的」
「わからないところがどこか、本人がわかっていない」
「なぜ、教材通りに、順番にやってくれないのだろうか?」

などという意見もある。

稼げないのは教材のせいなのか?
それとも購入者本人のせいなのか?

「詐欺だ!」という方の中には、本当に詐欺なビジネスに当たった人もいれば、ビジネスはちゃんとしてるのに、本人がやりもしないで勉強もせず、詐欺だと言っているだけの方もいる。

頑張っても稼げない詐欺ビジネスだったら実際稼げない。
それは仕方ない。

しかし、本物のビジネスだったら当然ちゃんと行動すれば稼げる。

世の中には学校を中退する人もいる。
会社をいきなり辞める人もいる。
ネットビジネスも、途中でやめたらそこで終了だ。


さて、ビジネスがちゃんとしている場合、何が理由で稼げないのだろうか。

ちょっと他のビジネスがよく見えて、他のビジネスの説明を読んだりしていたら、その時点で、もうその人はアウト。
稼がない。

まず今、身につけるべき仕事を身につけよう。

実際に就職したとして、その会社の仕事に慣れていくことに最初は精一杯のはずだ。
しかし副業だと舐めている人が多いので、副業を始めたにも関わらず1週間、1ヶ月程度で他の副業の説明や動画を見たり、説明会に参加している人も多い

俺が見てきた中では、そういう人はまず稼いだ試しがない。

「横道それる人多すぎ…」なんて先生たちに言わせないように、普通に頑張って続けよう。

一度決めたら最短でも半年間。
ちゃんと副業の実績出したいなら、1年間は一つのビジネスを学ぶことだ。

稼ぐ人、成功者は縦道を縦に進んでいる。
だから最短で結果にたどり着くんだぞ。

縦軸を実際に一歩一歩前に進めば、堅実に人生は豊かになっていく。
ゴールは縦に進んだ先にある。

横道にそれる人は案外多いが、それじゃあ、いつまで経っても収入が増えていかないぜ。

真っ直ぐ、素直に行動することだ。


さらに続けよう。

まっとうなネットビジネスで稼がない人にはこんな特徴がある。

・信じきれていない
・難しく考えすぎてしまう
・”いつまでに”という目標が決まっていない

この3パターンのどれか、あるいは複合だ。
稼がない人がいたら当てはまるぞ。

稼いでいない人がいたら、本人にその仕事について、聞いてみよう!

「そもそも稼げるのだろうか…」
「難しいです…」
「少しずつ頑張ります…」

などという意見が総じて出るからな。
面白いぞ。

そして、これから稼いでいく人、現在稼いでいる成功者に聞くと、上記と同じビジネスであっても、こんな答えが返ってくる。

「絶対稼ぎます!見ててください!」
「今、質問したりして、覚えているところです!」
「5ヶ月後には、月商〇〇円が目標です!」

同じビジネスなのに、意見が正反対なことが理解できるだろうか?

同じビジネスに取り組んでいるのに、人によって意見が異なることは、現実にある。

つまり、稼げる仕事で稼ぐか稼がないかは本人次第なんだ。

結果は各自がコントロールできる原因次第で変わる。

これは今まで生きてきた経験から構築された各自の人格からだ。
なかなか変えるのは難しいだろう。


稼がない人がいたら、アドバイスをしてあげてほしい。
稼ぎたければその考えの逆を行くこと。

ホント成功者の特性というのは、「そもそも稼げるのだろうか…」と不安にならない。
「難しいです…」と弱音を吐かない。
「少しずつ頑張ります…」と目標を曖昧にしない。

この真逆にある。

当たり前にこのセリフのように思ってしまっている人に考え方を変えてもらうのは、至極難しいだろう。

さっき、稼がない人がいたらアドバイスをしてあげてほしいと言ったが、もはやその意見は人格から発せられているので、言われた本人は理解し難い。

必ず言い訳をするぞ。

生きてきた常識、価値観が違うのだ。
こびりついた敗北感覚は根強い。

「それは違う、できるよ」と伝えても痛恨の一撃で、このように返してくる。

「あなたは出来る人だから…私のような出来ない人の気持ちはわからない」ってね。

これは稼がないことにコミットしている人の定番のセリフだ。

人生は自由だし、一生そのように言っててもいいのだけれど。

その価値観変えないと、何も出来ないぜ。

自分を信じてあげることができていないんじゃあな。


成功しやすいのは根拠のない自信を持つ人だ。

自分を信じてあげることさえできれば、価値観はポジティブになり、言葉遣いも変わり、結果が変わる。

どこで気づくかだ。

例えば、大切な人が重病にかかり、手術費用に数百万円が必要になるとする。
お金があれば救える命がある、それを目の前にしても上記のセリフを言えるのだろうか?

「泣きながらでも、恥を忍んででもわかる人に質問しまくり稼ぐしかない!」ってなるんじゃないかな。


甘えてるんだよ。
稼がない人は。

結局、稼がなくても死にはしない。
なんとかなると潜在意識で思っている。

だから稼ぎたいと言いつつ稼がない。

別に努力を始めるのは、今じゃなくていい。
というか、努力はできれば避けたい。
でも稼ぎたい。
だから副業は探し続けるけれど、いつまでも始めはしない。
始めてもやめてしまう。

稼ぎたいなら稼げ、稼がないなら稼ぎたいと言うな。
覚えておいてほしい。


長くなったな。
まとめよう。

副業で稼ぐ成功者の特性は下の3つだ。

・仕事を信じている。
・一瞬難しく考えてもいいが、そのままでは先に進まないのでまず始める。
・目標期限を決めている。

以上を意識して頑張ってみよう。

そもそもこれは、ネットビジネスに限定することでもなく、多くの仕事や趣味などでも幅広く当てはまることだ。

細かいこと悩んでないで、稼いじゃえよ〜!!

誰も副業を止めはしない。
止められない。

いつだって副業を止めるのは自分自身だ。

自分次第で稼げるのに止める奴がいるとしたら、そんな人とは縁を切った方が良いかもしれないぜ。
人生を豊かにする行為の足を引っ張るなんて、本当の仲間じゃあないさ。

うん。

以上だな。


どうだい?参考になったかい。

早速、ワンピースのルフィや、ドラゴンボールの悟空のように信じて、難しく考えていないでまず始めてみよう!
今、素直に行動することが大事だぞ!

素晴らしい情報源は、そこで実際に実績を出している人と実際に繋がって調べてみる。

やっちゃえ!

俺はいつでもこのBARにいる。


また来てくれよな!

ご来店、ありがとうございました!


投稿者プロフィール

マスター鈴木 (鈴木正行)
マスター鈴木 (鈴木正行)
「在宅中国貿易」のエキスパートとして知られる。今やネットビジネスの世界でカリスマ的存在だが、リストラや離婚といった悲劇を経て成功をおさめた。ビジネスの流儀、これまでの苦難の人生を踏まえ、希望する人へ本当の意味での「自由」を獲得するための方法として、在宅中国貿易を地道に、着実に稼いでいく方法として伝授し、その先の自由を掴むまでのあり方を伝える。全国の中学や高校含め講演、NHK特集、出版等精力的に活動。
著書「僕らが自由に生きるためのシンプルなメソッド」他