PayPal(ペイパル)とは?仕組みや登録方法をわかりやすく解説!

PayPal(ペイパル)というサービスをご存じでしょうか?

オンラインショッピングの支払い時に「PayPal」という選択肢があるのを見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

PayPalは全世界で使用できる決済サービス。

この記事では、PayPal(ペイパル)について知りたい方や、はじめてご利用される方に向けて、PayPalの仕組みや登録方法を詳しくご紹介いたします。

PayPal(ペイパル)とは?

PayPalはオンライン決済サービスのひとつ

PayPalはオンライン決済サービスのひとつで、18歳以上であれば誰でも無料で登録することができます。
※18歳以上20歳未満の場合は保護者の同意が必要です。
PayPal:ご利用いただける年齢

IDとパスワードのみで簡単に決済できるのが魅力で、世界各国で利用されているサービスです。

PayPalによると、PayPalが使えるお店は世界で2,400万以上あり、3億人以上のユーザーがいるとのことです。
(2022年10月時点)

PayPal決済の仕組み

下の図は、以前PayPalのサイト上で公開されていたものです。
現在は確認することができませんが、こちらの図をご覧いただくと仕組みがわかりやすいと思います。

参考引用元:PayPal

PayPalという決済サービスを介して、お金のやりとりをしているイメージですね。

PayPalはどこで使える?

2022年10月現在、PayPalは約3100万のお店で使えます。

PayPal決済を導入しているショップで利用することができます。
PayPalが使えるお店は、決済方法の選択肢に「PayPal」と記載があります。

オンラインショップで導入しているところが多いですが、コンビニでも利用することができます。

PayPalのサイトでは、PayPalが使用できるお店の検索もできます。
参考:PayPal オススメのお店やキャンペーン情報

PayPal決済は安全なの?

PayPalは安全なオンライン決済方法として知られています。

クレジットカード情報が支払い先に知られることはないですし、条件はありますが「買い手保護制度」もあります。

とはいえ、100%安全なオンライン決済はありません。

クレジットカードで不正利用があるように、PayPalでも不正利用が起こる可能性はあります。

万が一の不正利用については、PayPalの案内をご参照ください。
PayPal:不正利用による返金を防ぐためのガイド

PayPalのサポート体制についてはこちらをご参照ください。
PayPal:トラブルと解決

PayPalの利用手数料は?

PayPalは無料で登録でき、利用手数料もかかりません。

PayPalは受け手側が手数料を支払う仕組みになっているため、買い手(支払う側)が負担する手数料はありません。

PayPalアカウントについて

PayPalには「パーソナルアカウント」と「ビジネスアカウント」という、2種類のアカウントがあります。
オンラインショッピングなどで使用する際は「パーソナルアカウント」で登録します。

パーソナルアカウント

パーソナルアカウントは、主に支払いや送金を利用する方向けのアカウントです。

ネットショッピング時に使用する場合はパーソナルアカウントで十分です。

なお、1回で10万円以上の支払いをする場合には、本人確認手続きをする必要があります。
(本人確認手続きが完了するまで、10万円以上の支払いはできません。)

※以前は上記の手続きが必要でしたが、現在は不要となっております。

支払限度額は1回あたり100万円となっています。

ちなみに、個人での支払いがメインの場合におすすめのパーソナルアカウントですが、お金を受け取ることもできます。

本人確認手続きをすれば、10万円以上の金額でも受け取ることができます。

ビジネスアカウント

ビジネスアカウントは、支払いだけでなく決済の受け付け(お金の受け取り)に利用する場合に便利なアカウントです。

パーソナルアカウントとの違いのひとつは、法人名、事業名で登録が可能なことです。

ビジネスアカウントは事業用なので、取引履歴や売り上げなど各種データをダウンロードすることもできます。

CiLELで使うならどっち?

今からPayPalアカウントを開設する方には、簡単に登録できるパーソナルアカウントをおすすめしています。

パーソナルアカウントからビジネスアカウントへはアップグレードができますから、ビジネスアカウントの機能が必要になればアップグレードを行うのが良いと思います。

PayPalの登録方法

PayPalの登録は簡単です。
ひとつずつご説明します。

PayPal登録方法

引用元:PayPal

準備するもの

PayPalのアカウント作成はとても簡単です。

支払い情報を登録する必要がありますので、クレジットカードまたはデビットカード情報がわかるものを準備しておきましょう。

VISAやマスターカードなど、メジャーなクレジットカードはすべて利用できます。

事前の本人確認手続きと口座振替設定をおこなえば、みずほ銀行やゆうちょ銀行など、指定銀行の銀行口座でも登録することができます。

PayPalで使える支払い方法の詳細についてはPayPalのページご確認ください。
PayPal:無料アカウント登録方法

登録方法

PayPalアカウントの登録は、下記URLをクリックし「新規登録(無料)はこちら」と記載のある箇所をクリックしてPayPalの指示に従ってください。
PayPal 新規登録は無料

必要情報を入力するだけで登録できます。

メール認証をして完了です。

PayPalのメリット

「決済方法がPayPalだったのでPayPalを利用した」という方も多くいらっしゃると思いますが、PayPalを利用するメリットはたくさんあります。

支払い情報が相手にわからない

PayPalはアカウントを開設すれば、IDとパスワードだけで決済ができます。

なので、クレジットカード情報が支払い先に知られることはありません。

支払い先が確認できる情報は、PayPalに登録しているお名前とメールアドレスのみになります。

支払いが簡単

決済時にIDとパスワードを入力するだけなので、簡単に支払いができます。

「ログイン状態を保持する」にチェックを入れておけば、ログインなしで決済をすることもできます。

とても便利ですね。

クレジットカードのポイントも貯まる

PayPalの支払い情報としてクレジットカードを登録すると、クレジットカードを利用したときと同じようにポイントが貯まります。

クレジットカードの明細には支払い先の名称が記載されますから、あとから確認した時に「何の支払いだろう?」と悩むこともありません。

「買い手保護制度」がある

PayPalには、PayPalを利用したオンラインショッピングでトラブルが発生した際に、条件を満たした場合に払い戻しを受けられる「買い手保護制度」があります。

買い手と売り手の問題解決のために、PayPalがあいだに入ってくれるイメージです。

詳細はPayPalの規約をご確認ください。

PayPal:PayPalの買い手保護制度

CiLELを利用するならPayPalが便利!

最後に、CiLELをご利用のお客様へご案内です。
CiLELではPayPal決済をおすすめしています。

システム上で決済まで完了

CiLELの決済方法は、PayPalと銀行振込からお選びいただけます。

決済方法をPayPalにしていただくと、システム上でボタンをクリックするだけで簡単に決済が完了しますので、とても便利です。

また、支払い手続きが不要な自動決済もございます。
自動決済をお選びいただくと、決済の手続きすら不要になります。

多くのお客様がPayPalの自動決済を選択されています。

資金繰りがやりやすくなる

中国輸入ビジネスは「仕入れて、売る」物販ビジネスなので、どうしても商品を先に仕入れなければなりません。

つまり、先にお金が出ていきます。

PayPalの支払い情報でクレジットカードをご登録いただいている場合は、通常のクレジットカード利用と同様で、ご利用後1~2カ月後に口座引き落としとなりますから、お金が出ていくタイミングが少し後ろにずれます。

もちろん、自転車操業になってはいけませんが、少しでも資金に余裕のある状態を維持できるのは良いですね。


投稿者プロフィール

CiLEL編集部
CiLEL編集部
CiLEL編集部は、中国輸入ビジネスをはじめ物販ビジネスや副業についてのお役立ち情報を発信しています。記事は「正しく、わかりやすく、誠実に」がモットー。FP、販売士、ネットショップ検定、日商簿記、行政書士、キャリアコンサルタントなどの資格を持つメンバーが執筆・監修しています。