代行業者なしで個人でアリババ購入!買い方と日本で受け取るまでの流れを解説!

今回は、日本にいて中国のECサイト「アリババ」で購入する方法について解説します。

日本にいてアリババで商品を購入する理由はどういったものがあるのでしょうか?

「アパレル/生活用品 など安く購入できると聞いたから試してみたい!」
「中国で流通しているけど、日本ではあまり見かけない商品だから。」
「既に物販ビジネスを行っていて、転売にも興味がある。アリババは安く仕入れができるみたいだから。」

などなど、アリババから商品を購入したい理由はいろいろあると思います。

ニュースなどでアリババのことを知ったかたも多いかもしれませんね。

毎年11月11日の「独身の日」キャンペーンは1年のなかで最大のイベントです。
日本でも報道されて話題になっています。

今回の記事では、アリババについて初歩的なところから説明していきますのでご安心ください。

記事の後半では アリババの買い方や、代行業者を使わずにどうすれば購入できるのかを具体的に解説していきます。

既に代行業者を利用している中国での商品仕入れをおこなっている方にも参考にしていただけると思います。
ぜひ最後までお読みください。

アリババって何?


「アリババ」とよくいわれているものは、中国のEC市場で最も大きな存在感を持つ会社「アリババグループ」のことです。

アリババグループは、オンラインのショッピングモールをいくつも運営する会社です。
日本にも「楽天市場」「Yahooショッピング」などのショッピングモール(ECモール)がありますが、その中国版のショッピングモールをいくつも運営している会社というということです。

アリババのショッピングモール
・ Alibaba.com
・ 阿里巴巴1688.com
・ タオバオ(淘宝網)
・ 天猫(テンマオ)
・ AliExpress(アリエクスプレス)

どのショッピングモールで買い物をすればいいのでしょうか?
ショッピングモール名だけではどこで購入すればいいのかわからないですよね。

企業向けの卸売サイト、個人の方でも購入できるショッピングモールとそれぞれ特徴があります。

どのショッピングモールを選ぶかの参考になるように、このあと各ショッピングモールの特徴などを説明していきます。

アリババのショッピングモールのそれぞれの特徴は?

ここではアリババグループが運営する各オンラインショッピングモールについて特徴を説明していきます。

まずは、ビジネスではなく「中国のサイトで個人的にお得な買い物をするためにどこを選べばいいか?」という視点で、特徴を解説していきます。

天猫(ティエンマオ)

天猫(ティエンマオ)は百貨店のようなイメージで、価格帯は他ショッピングモールと比べると高めです。

日本の「楽天市場」「ヤフーショッピング」のように中国の一般消費者も利用するショッピングモールではあるのですが、敷居が高めのブランドが多いと考えていただくとわかりやすいかと思います。

出店しているのは法人のみで、出店基準が厳しいため高品質で信頼できるショッピングモールと言われています。

他のオンラインショップと比べると不良品に当たる確率も低く、トラブルもわりと少ないといわれているショッピングモールです。

天猫は「ティエンマオ」「テンマオ」と読みます。

日本から購入することもできますが、サイト自体が日本語に対応しているわけではありません。
日本へ発送できるかどうかは店舗によって異なります。

タオバオ(淘宝網)

タオバオは中国国内の一般的な相場の価格で購入できるショッピングモールとなっていて、価格帯は天猫(ティエンマオ)より少し安めといわれています。

中国国内で幅広い層で利用されているオンラインのショッピングモールです。

個人消費者同士が取引もできるため、ヤフオクやメルカリのように個人で出品している方もいますし、法人でも天猫(ティエンマオ)の厳しい出店基準が満たせないためタオバオに出品している店舗もあります。

そのため、天猫(ティエンマオ)に比べるとトラブルが若干多いと見られています。

AliExpress(アリエクスプレス)

AliExpress(アリエクスプレス)は中国国外向けのECサイトです。

先に紹介した2つのショッピングモール「天猫(ティエンマオ)」と「タオバオ」中国国内向けのショッピングモールです。

AliExpress(アリエクスプレス)は中国国外向けのECサイトのため、クレジットカードで簡単に購入することができます。
また、日本語で利用することができるため便利です。

日本以外の世界中で購入されていますので、レビューは日本語以外で書かれているものも多く見られます。

価格帯や出店店舗は天猫(ティエンマオ)に近いです。
百貨店のように少し高級感があるイメージをもっていただくといいかと思います。

そのほかのアリババのショッピングモール

「 阿里巴巴1688.com(アリババチャイナ)」 「Alibaba.com」は、企業向けの卸売りサイトです。

価格が安いのは「 阿里巴巴1688.com(アリババチャイナ)」です。

CiLEL(シーレル)は中国輸入代行サービスをおこなっておりますが、中国輸入仕入れをされる方におすすめしているのは、この「 阿里巴巴1688.com(アリババチャイナ)」です。

商品のクオリティは日本の商品に比べると落ちる場合もあります。
そのため、店舗の選び方が重要です。

下記の記事ではアリババ(1688.com)から仕入れをする方法を細かくご説明しています。
【中国輸入は誰でもできる?】アリババから仕入れる方法

「Alibaba.com」は、中国の商品を卸売りとして海外と売買するためのショッピングモールです。
日本にいても購入できます。

他のショッピングモールに関しては、下記の記事で詳細を解説しています。
中国輸入できる20サイト&転売におすすめのサイト3選

アリババのショッピングモールで購入。結局どこがいい?

ここまで、天猫(ティエンマオ)、タオバオ、AliExpress(アリエクスプレス)、そして「 阿里巴巴1688.com(アリババチャイナ)」 「Alibaba.com」を紹介してきました。

結局、一番購入しやすいサイトはどこでしょうか?

アリババのショッピングモールにはそれぞれ特徴がありましたよね。
購入のしやすさは、何を重視するかによって変わってきます。

【日本での購入のしやすさ1位】AliExpress(アリエクスプレス)

3つのショッピングモールのなかで、日本にいて代行業者なしで最も購入しやすいショッピングモールは「AliExpress(アリエクスプレス)」です。

AliExpress(アリエクスプレス)は中国国外向けのショッピングモールです。
日本語が対応していますし、海外発送も想定して運営しているショッピングモールです。

日本国内のショップで購入した場合とあまりかわらない感覚で購入できます。

中国発送となりますので日本国内でのショップで購入した場合と比べると商品を受取るまでの期間は長めとなります。
AmazonやQoo10などの海外発送に慣れている人であれば気にならない程度であるかと思います。

ただ、他の中国ECサイトに比べると、価格面は少し高めです。

【個人購入なら安さ1位】タオバオ(淘宝網)

代行業者を介さずに個人で購入する場合、安さで選べばタオバオがナンバーワンです。
中国国内で購入する金額でそのまま購入できるので安いのです。

安いですが、海外発送をあまり想定していない店舗が多いです。

店舗の質もバラバラです。
日本のフリマサイトやオークションのように誰でも販売ができるため、店舗の質が保たれていないということですね。

とにかく安いという点は魅力的です。

個人利用ではなく、ビジネスの仕入れとして仕入で購入を考えている方は、アリババグループのショッピングモールを比較した下記の記事も参考にしてみてください。
タオバオ、アリババは何が違う?特徴を知って仕入れに活かそう!

代行業者を使わずに個人でアリババ(タオバオ)購入!メリットとは?


アリババのショッピングモールには、それぞれ特徴があることがわかったと思います。

「アリババで個人で買い物をしてみたいな!」と思われた方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

「AliExpress(アリエクスプレス)だったら海外対応のサイトだから個人で購入出来そう…」
「タオバオは安さは魅力だけど、日本にいて購入するのはむずかしいかも…」
という感じがしますよね。

ここでは、安さ重視で「タオバオ」で購入する場合に、代行業者を使わずに個人で購入する場合のメリットを解説します。

※代行業者って何?よくわからないという方へ
この記事ででてくる代行業者とは購入者と中国のショップとの間にはいってくれる輸入代行業者のことです。
タオバオでの購入では「日本語が通じない」「支払い手段がない」「トラブルの対応がわからない」ということがありますのでその対応を行ないます。
CiLEL(シーレル)も輸入代行業者です。

メリット1:代行業者の手数料がかからない

代行業者に依頼をすると手数料がかかります。
代行業者を使わずに個人で購入すればこの手数料はかかりません。

手数料の金額は代行業者によって異なります。
1回の発注ごとに一定の金額で決まっているところもあれば、購入する商品代金に対して割合で決まっているところもあります。

この手数料を払えば、発注は代行業者が代行してくれますし、トラブル時の対応も代行業者は対応してくれます。

個人で購入をする場合には、この手数料はかかりません。

個人で購入する金額が少ない場合には、代行会社にかかる手数料がどうしても割高になりますから、「多少の手間がかかってもとにかく手数料をかけたくない」という方には大きなメリットです。

なお、AliExpress(アリエクスプレス)も代行業者を介さずに購入することができます。

日本で受け取りをする場合には、手数料だけでなく国際輸送の送料が必ずかかります。
送料も合わせて実際にいくらかかるのかをしっかり比較しましょう。

メリット2:販売ショップとのやりとりが直接できる

購入の前にチャットで商品についての問い合わせを行うことは、中国ではよくあります。
商品について直接確認してから購入したい方にとってはメリットとなります。

中国語がわかる方や、知り合いに翻訳してもらえる場合であれば、言葉の壁を感じることなくやり取りができますね。

英語対応のショップもありますので、英語ができる方は英語で問い合わせができます。
英語対応をしているかわからない場合は、とりあえず英語対応可能かどうかと質問内容をメールで送ってみると良いでしょう。

ショップと直接やりとりすることで、事前に疑問点や不安を解消することができます。

個人でのアリババ(タオバオ)購入はトラブルに注意

代行業者を使わずタオバオで購入するときは、トラブルに注意が必要です。
自己責任で購入することのリスクとも言えますね。

メリットばかりに目がいきがちかもしれませんが、どのようなトラブルが起こり得るかもしっかりチェックしてください。

トラブル1:輸入規制のあるものを購入してしまう

アリババで購入して日本で受け取るということは、個人で輸入を行うということになります。
そのため、輸入規制の確認が必要となります。

規制対象となるものをいくつか紹介します。

食品
事前に許可を取らないと輸入ができないため、個人での輸入はしないほうがいいでしょう。

CD・DVD・書籍
中国からの輸出の検査が厳しいです。

キャラクターやブランドのコピー商品
ブランドの偽物商品や、キャラクターのコピー商品も輸入禁止となっていますので注意しましょう。

規制はこれだけではないので、購入商品が決まったら税関のホームページで輸入規制を一度確認してみましょう。
税関|税関輸出入禁止・規制品目

これ以外にも、液体は船便では送ることができない等の郵送方法などの注意点もあります。
トラブルを回避するためにも、しっかり確認しましょう。

トラブル2:商品が届かない

さまざまな原因で、注文した商品が手元に届かないことがあります。

ショップに問い合わせたり、運送業者に問い合わせたり、日本国内でも大変なのに国外のショップとなるとなおさら大変ですよね。

代行業者を利用する場合、輸送中のトラブルは代行業者が対応してくれることが多いですが、個人で購入する場合は自分ですべて対応しなければいけません。

トラブル3:不良品が届いた、違う商品が届いた

不良品が届いたり、注文したものと違う商品が届くトラブルは日本のオンラインショッピングモールでもあることですが、中国のオンラインショッピングモールはこのトラブルが発生する確率がかなり高いと考えてください。

トラブル発生の多さには、文化の違いも大きく関係しています。

日本であれば、ホームページの商品写真と全く同じ商品が届いて当然です。
中国のショップは、多少の違いは問題ないと考えて販売している店舗が多いです。

そのため、類似しているけど商品写真とは少し異なる商品が届くのです。
例えば、パーカーの金具の色が写真と異なっていたり、生地の色が異なっているなどです。

このように、商品の一部が写真と違うということがよくあります。
日本では当たり前のことが、中国では当たり前ではないのです。

トラブル4:注文した商品の在庫がない

在庫に関しても注意が必要です。
ショップの注文画面では在庫ありになっていても、実際には在庫がないということもあります。

日本のネットショップでもありますが、中国ではより頻繁にあります。
日本のように、在庫管理をしっかり行うということができていない店舗が多いのです。

トラブルを少なくしたい場合はどうしたら良い?

先程の店舗紹介でお伝えしたように、出店基準の違いなどからショッピングモールによって店舗の質が異なります。

個人でも出店できるタオバオはトラブルが多めと言われています。

海外発送も対応していて優良店舗が多いAliExpress(アリエクスプレス)は、比較的トラブルは少ないでしょう。

出店基準が高いと言われている天猫(ティエンマオ)もトラブルの少なめといえます。

どのショッピングモールでも日本のショッピングモールと同じように安心はしてはいけません。
そもそも文化が違うので、トラブルが起きる可能性が高いのです。

代行業者を使わずに個人でアリババ購入!注文から受取りまでの流れも解説


ここからは、アリババで代行業者を使わずに個人で購入する場合の流れについて説明します。

購入した商品を中国から各国に配達してくれるという公式の集運サービスを利用した場合の流れを解説していきます。
公式の詳細案内へのリンクもあります。
さらに詳細を確認したい場合は、公式の案内も見てください。

また、注意点やトラブル回避するためのポイントも記載していますので、参考にしてみてください。

【アリババ購入方法ステップ1】会員登録

タオバオにアクセスします。

まずタオバオの会員登録が必要です。
上記の画像のように、トップページの右上にあります。

クリックすると入力画面が出てきます。
名前と携帯電話の番号を入力すると、携帯電話に認証番号が届くというものです。

GoogleChromeのブラウザで日本語に翻訳をすると、正確に翻訳はされませんがなんとなく日本語になるので理解しやすいです。

会員登録はこちらの記事にて詳細を解説しています。
タオバオで購入して日本で転売!売れる商品カテゴリとタオバオ登録方法を解説!

【アリババ購入方法ステップ2】商品を検索

タオバオ https://world.taobao.com/

上記の画像の赤枠のタオバオの検索フォームで検索します。

ここでは中国語で検索が必要ですので翻訳サイトを利用して翻訳しましょう。
※参考サイト google翻訳

とくに欲しい商品が決まっていないかたは、ブラウザの翻訳機能を利用して検索してもいいかと思います。

検索結果の商品一覧には、タオバオと天猫(ティエンマオ)のどちらのショッピングモールの商品もでてきます。

商品をクリックして、商品詳細ページを開いたときに、左上にタオバオか天猫(テンマオ)か表示されます。
上記の画像はタオバオです。

商品を写真で確認するのはもちろんですが、店舗の評価も確認しましょう。
累计评论 をクリックして評価を確認できます。

[中国語]好评  →[日本語]いい評価
[中国語]差评 →[日本語]悪い評価
[中国語]中评 →[日本語]普通
[中国語]追评 →[日本語]追加評価

評価は過去の購入者からの評価です。
店舗の実績です。

※2021年10月現在、店舗の評価は確認できなくなっております。

商品のレビューや取引数も確認しておきましょう。
トラブルを防ぐためのポイントです。

ちなみに、決まった商品を探す場合は上記の方法で良いのですが、中国から仕入れて日本国内で販売することを想定いる場合は「売れる商品を見つける」ことが重要です。

CiLEL(シーレル)では「売れる商品」の探し方を熟知した、10年以上のキャリアを持つプロセラーによる”超”実践型商品リサーチ講座「manable(マナベル)」を毎月開講しています。
売れる商品と売れない商品の見分け方を知れば、「商品リサーチが肝」と実感できますよ。

【アリババ購入方法ステップ3】購入手続きをする

必須項目の色選択・個数入力などを行います。
支払いは対応しているクレジットカードで支払いを行います。
そして、集運サービスを選択します。

集運サービス(淘宝集运)とは?
タオバオ·テンマオで購入した商品を倉庫で一旦預かり、各国に配達してくれるサービスです。
日本で受け取りをしたい場合は、4PXという転送業者を通して荷物を日本で受け取ることができるというものです。
タオバオの公式のサービスです。

詳細は下記の公式の案内で確認できます。
参考サイト【タオバオ公式】集運について

送料は、注文商品が全て倉庫に到着してから計算されます。
自分で事前に見積もった金額通りにならない可能性もあるので注意が必要です。

物販ビジネスでの購入で量が多い場合は、代行業者を利用した方が国際送料が安くなる場合が多いです。

ビジネスでの仕入れを検討している場合は、一度CiLEL(シーレル)にご相談ください。

【アリババ購入方法ステップ4】トラブル対応

トラブル時には対応が必要です。

例1:登録したクレジットカードが使えないから発送できないという連絡が店舗から来たが、なぜクレジットカードが使えないのかわからない。

例2:集運の荷物を預かる窓口から「店舗からの商品が一部しか送られて来ていないから店舗に確認してほしい。」と連絡がきた。

集運サービスの一時預かりの窓口で正しく荷物が確認できなかった場合には、「購入者から店舗に確認をしてください。」と連絡が来ます。

あくまでも、荷物を日本に転送するための手配を行うものですので、荷物が店舗から正しく発送されなかった場合の対応は購入者が行うことになります。
また、保管期間にも期限があります。

複数の店舗で商品を頼んで、まとめて日本に発送ができますが、店舗からの発送日数が大幅に違う場合は、保管のための延長料金が取られます。

事前に同じような日数で預かり場所に到着するように注文することもポイントの一つです。

商品を受け取る

無事に荷物を受け取ったら、商品の確認をしましょう。
先程記載したように、文化の違いから、販売ページの写真と多少の違いがあっても問題ないと考える店舗もあります。

商品に問題がなければ、これで完了です!

アリババ購入の買い方まとめ

ここまでの流れを見てみてどうでしたでしょうか。

個人で購入する際に、確認しなければいけない項目がかなり多いことに驚かれましたか?
それよりも、商品数の多さに驚いて「是非購入してみたい!」と思いましたか?

とりあえずチャレンジしてみたいと思った方は、もし思いどおりに商品が届かなくてもあきらめられるぐらいの金額の商品から購入してみましょう。

また、代行業者を使わないのは、手数料がかからないことがメリットですが、送料が実は高めであるということもお分かりいただけたと思います。

個人的なショッピングではなく、物販ビジネスの仕入れとして購入する場合には、手数料はかからなくても送料が割高になるかもしれないため送料を確認しましょう。

複数店舗での注文は下記2点に注意してトラブルを回避してください。
・店舗からの発送日数が大幅にずれないようにする
・規制を事前に確認しておく

ネットショッピングで購入した商品が海外から発送されるということも、今はかなり身近になってきています。

ですが、やはり忘れてはいけないことがあります。

アリババで購入して日本で受け取るということは 「個人で輸入を行う」 ということになります。

ビジネスでの仕入れが目的の場合は、輸入代行業者を利用するのがおすすめです。

CiLELは、副業で中国輸入ビジネスに取り組むたくさんの方をサポートしてまいりましたので、はじめて中国輸入をされる方は、ぜひお問い合わせください。

投稿者プロフィール

CiLEL編集部
CiLEL編集部
CiLEL編集部は、中国輸入ビジネスをはじめ物販ビジネスや副業についてのお役立ち情報を発信しています。記事は「正しく、わかりやすく、誠実に」がモットー。FP、販売士、ネットショップ検定、日商簿記、行政書士、キャリアコンサルタントなどの資格を持つメンバーが執筆・監修しています。