利益計算のキホン|はじめての中国輸入

最近の副業ブームで、中国輸入に挑戦している方も増えてきました。

「中国輸入を始めたけれど、利益計算のやり方がよくわからない…」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回の記事では以下の3つについて解説します。

・利益の計算方法
・中国輸入の利益計算は国内仕入れより難しい!
・利益計算が雑だと大変なことに…

中国輸入ビジネスで利益を残していくために、ぜひ参考にしてください。

利益計算のキホン

グラフと虫眼鏡と小さな段ボール

まずは中国輸入販売を含む物販ビジネス全般において、どのような形で利益が計算されているのかを説明していきます。

覚えていただきたいのは、下記の式です。

販売利益=販売価格-(商品原価+販売手数料等)

厳密に言うと会計上、販売利益という言葉はありません。
今回ご紹介する販売利益は、売上総利益に近いものになります。

1,500円で販売されている商品について、仕入れ値(商品原価)が500円で販売手数料等が300円だとしましょう。

この場合、販売利益は 1,500円-(500円+300円)=700円になります。

販売利益(売上総利益)は最も重要!

利益の考え方はいろいろありますが、CiLELでは販売利益が最も重要だと考えています。

販売利益(売上総利益)が正確に計算できないと、販売費や営業利益、営業外損益、営業利益の全てが異なってくるからです。

例えば、どんぶり勘定で販売利益が100万円あると思って経費を使っていると、実際に販売利益が予想よりも低かった場合に、黒字と赤字と認識し間違えることがあります。

なので、売上総利益を計算することは、とても重要なことになります。

国内仕入れの利益計算は簡単だが…

「そんなことわかってるよ」と言われるかもしれません。

私たちCiLELが何度も中国輸入の利益計算に対して注意深くご説明するのは、中国輸入ビジネスの利益計算が、国内仕入れの利益計算とは全く異なるからです。

国内仕入れの利益計算で必要になるのは、商品の価格と送料程度になります。

しかし、中国輸入仕入れの場合、人民元から円に変更する際の為替や複雑な国際送料、関税など商品に掛かる項目が多く、計算するのがとても大変です。

どれかひとつでも費用項目を見落としてしまうと、黒字だと思っていたビジネスが実は赤字になってしまいます。

利益計算をおろそかにすると…

大型の商品のケースを輸入して販売されていたお客様の事例をご紹介します。

売価が3,000円の商品を月間300個以上売っていたので、売り上げは月に90万円でした。

この商品の粗利益(商品原価のみを引いた利益)が70%だったので、お客様は最終的な利益率を30%として予想し、30万円ほどの利益が出ていると考えていました。

ですが、取り扱っていたのは大型商品。
国際送料・関税・Amazon販売手数料・FBA保管料・FBA倉庫までの送料等をきちんと計算したところ、なんと1個当たりの利益は33円しか残っておらず、月間利益が9,990円という事実がわかりました。

このようにきちんと利益計算していないと、「売れているのに実は儲かってない」ということになりかねません。

中国輸入において、利益計算はとても大事なことがお判りいただけたと思います。

まとめ~利益計算はしっかりと!~

コスト

いかがでしたでしょうか。

この記事では、中国輸入ビジネスにおいて利益計算がいかに大切かということをお伝えいたしました。

中国輸入ビジネスには主に7つのコストがあります。

下記の記事もぜひ読んでみてください。
『3分でわかる!中国輸入にかかるコスト7選』

ご自身の取り扱ってる商品の利益計算が不安な方は、ぜひ一度CiLELまでご相談ください。
==========
CiLELに問い合わせる
==========



■□■□関連記事■□■□
3分でわかる!中国輸入にかかるコスト7選
小ロットOEMで失敗しないために
中国輸入初心者が代行業者を使うべき理由



投稿者プロフィール

CiLEL編集部
CiLEL編集部
CiLEL編集部は、中国輸入ビジネスをはじめ物販ビジネスや副業についてのお役立ち情報を発信しています。記事は「正しく、わかりやすく、誠実に」がモットー。FP、販売士、ネットショップ検定、日商簿記、行政書士、キャリアコンサルタントなどの資格を持つメンバーが執筆・監修しています。