中国輸入ビジネスは“オワコン”です

中国輸入ビジネスのことをGoogleなどで検索してみると、ブログや動画でさまざまな情報がヒットします。

私たちはAmazonを主戦場にしていますが、Amazon以外にもメルカリでの販売方法の情報も最近ではよく目にするようになりました。

また、YouTubeも同時にヒットするので動画でもさまざまな情報が飛び交っていてどれが最新なのか、どの情報が正しいのかなど、情報過多になってしまいそうです。

今回は、そんな中でも「中国輸入ビジネスはダメ」という論調の動画について考えてみたいと思います。

“これから中国輸入をやってもダメですよ”的なYouTube動画

パソコンの前で頭を抱え込む男性

YouTubeの中国輸入ビジネス動画をざっくり分けると、稼ぎ方などのノウハウを提供していたり、時事ニュースを取り上げていたり、またはこんなに儲けました自慢とかが多いです。

それ以外にはその他の中国輸入関連のことを解説しているもの、という感じです。

そんな中でも多いのが、YouTubeでもブログでもそうですが、「中国輸入はやめておけ」「中国輸入は儲からない」「中国輸入は終了(オワコン)」などの“これから中国輸入をやってもダメですよ”的なものです。

総じて、論調はこんな感じです。
まず、タイトルやサムネイル(表紙、看板になる小さな画像)で中国輸入は儲からない的なことを訴えます。

その理由は、「ライバルが多い」「すぐ価格競争になる」「粗悪品が多い」「OEMはハイリスク」「Amazon(メルカリ)のアカウント停止リスク」「薄利多売で大変」など。
これでもかと中国輸入ビジネスのリスクを取り上げて不安を煽ります。

最近では「円安」なんていうのも理由にあがってきますね。

そして、それぞれについて理由を述べていくわけなのですが、それが論理的で事実にそったものであったりすれば、私もなるほどと納得してひとつの意見として見ていたかもしれません。
(もちろん、それがいくら論理的で事実に基づいていたとしても、私自身が動画やブログの情報だけで中国輸入ビジネスを辞めることはありませんが…)

たいていの場合は、その後に…

罠

さて、中国輸入は儲からないとかダメだとか言うそういう動画やブログは、最後まで「コレコレこうだから中国輸入はダメ絶対!」と注意喚起をするわけではありません。

もしかしたらそういうものもあるかもしれませんが、少なくとも私がみたところではそういうところはありませんでした。

では、最後にどういう結論にもっていくのかというと、「中国輸入はダメです⇒だから国内転売をやりましょう!」とか、「輸出が稼げます!」とか別のノウハウがいいという内容につながります。
そして、その先にはその人のメルマガLINE登録に誘導するわけです。

私は登録まではしていませんが、そういう登録に誘導するということはその先に有料セミナーやコンサルを販売していくための中国輸入ビジネス批判なのです。

ポジショントーク的な中国輸入ビジネス批判

ようは、ポジショントーク的なものでした。

ですが、何も中国輸入の知識がなくてこういったYouTubeやブログ記事をみると、「そうか中国輸入はだめなのか!」「〇〇(国内転売輸出など他のノウハウ)がいいのか!」と単純に思ってしまうかもしれません。

また、中国輸入ビジネスをはじめて、まだ結果が出ていない人も「やっぱりそうなのか!」と妙に納得してしまうかもしれませんね。

中国輸入ビジネス批判への反論

でも、よく考えてほしいのですが、個人のビジネスに限った話ではなく、どんなビジネスであれライバルがいないなんてことはありません。

また、ライバルが少ないことはありますが、それはお客さんも少ないからそもそもそこで戦おうという人もいない、もしくは、1強すぎて参入がめちゃくちゃ難しいです。
例えば携帯電話(ドコモ、auなど)とかトイレ設備(TOTO、INAXなど)とか。

それに、どんなノウハウであってもモールを使えばアカウント停止リスクはどこでもあります。
「すぐ価格競争になる」というのも、中国輸入だから発生するものではなく、どんな商品でもライバルが存在する限り価格競争は発生します。

他にもいろいろ言われていますが、結局のところ他のことでも起こり得ることを、あたかも中国輸入特有のものとしていっているだけにすぎません。

じゃあ「薄利多売についてはどうなのか?」というと、まず多売についてはFBAを使うのでそもそも問題になりませんよね。

次に薄利については、「利益が少ない商品は利益率が高い、販売価格が低いと商品リスク(破損など)も低い」それに対して「利益額が大きい商品は利益率が低い、販売価格が高いと商品リスクは大きい」という相対的なものです。

なので「薄利=利益額が小さいからダメ」というものではないのです。

ノウハウは一長一短!自分の取り組んでいるビジネスに誇りをもって

私はできる

おそらく、こういう情報を調べて見てしまうと未来に不安を感じるかもしれません。
物販のノウハウはいろいろあって、これが一番なんていうことは言えません。

中国輸入ビジネスもそうですが、ビジネスにはメリットとデメリットの両方がある、一長一短があるものです。

どのビジネスにもリスクはある

そういった中で、むしろどのビジネスにもリスクはあるのですがそれを隠して中国輸入ビジネスを貶めて自分のノウハウ、販売、副業がいいということを言っている人のほうが個人的にはどうかと思っています。

そういう表現の仕方は誠実とは言えないと私は感じています。

そういう人のことはさておき、「じゃあこういう情報を見た時にどうすればいいのか?」という話です。

“オワコン”情報を見た時にどうすればいいのか?

この文を読んでいる人は、中国輸入をやっている、もしくは中国輸入をやろうとしている人だと思いますが、最初から「中国輸入ビジネスをやるぞ!」と中国輸入のことだけを調べたわけではないと思います。

さまざまなビジネスを調べたり、時にはセミナーに参加するなどした結果、中国輸入を選んだのだと思います。

そうやって数多ある副業や個人ビジネスの中から選んだわけですから、その判断に自信をもって、ネットの「中国輸入よりもこっちのほうがいいよ」情報に惑わされることなく、まい進すればいいのです。

あっちこっちふらふらして、取り組むビジネスを決めきれない、隣の芝生が青い的なことをやっているのが一番ダメなのです。

選んだビジネスにとにかく真っ直ぐ取り組んでやり続けることが大事です。
単純にこのビジネスでやっていくという覚悟をもてばいいだけの話です。

どのビジネスでも成功する人は本気です。
そのビジネスを信じてやっています。

もし、迷っているひとがいたら、今この瞬間から迷いを捨てて中国輸入ビジネスに突き進みましょう。
中国輸入ビジネスを“オワコン”にしているのは、中国輸入ビジネスを諦めてしまったその人自身です。


中国輸入ビジネスは、正しいやり方を実践し続けることで、ゆっくりでも着実に稼ぐことができるようになるビジネスです。

数週間で結果の出るビジネスではないので、うまく結果に繋がらないときに「オワコンだ」という情報を見聞きすると、心が揺れてしまうこともあると思います。

迷わずに進み続けようにも、進んだ先にゴールがあると見えないと怖いですよね。

CiLELでは、これから中国輸入を始める人や始めたばかりの人に伴走する実践型中国輸入講座を開催しています。

ご興味のある方は、ぜひ一度無料のWebセミナーにお越しください。

投稿者プロフィール

梅田 潤
梅田 潤
合同会社梅田事務所代表。1977年生まれ。大阪府出身。副業で中国輸入ビジネスを始め2014年に株式会社オークファンを退社し独立。現在も現役プレーヤーでAmazonの他、国内・海外クラウドファンディングにも取り組みながら、家族との時間を大切にする自分らしく自由な暮らしをしている。最新の著書に『「ゆる副業」のはじめかた 輸入・ネット販売』(翔泳社)