基礎知識・コラム

HOME基礎知識・コラム

9割の人が失敗する残念な習慣から抜け出す新しい仕組み

基礎知識・コラム

Column

9割の人が失敗する残念な習慣から抜け出す新しい仕組み

ある企業が実施したサラリーマン3000名を対象にした
アンケート結果によると、副業をやりたい人は88%いましたが、
その中で実際に副業をして、さらに現在も続けている人はたった10%ほどしかいませんでした。
(この副業にはライターやバイト、株やFXなど副業全体を指します。)

「輸入×amazon販売」の場合でも確率的に全く同じかどうかということはありますが、
副業が難しいという事実に変わりはありません。

しかし、副業で成功している人と失敗している人には
ある共通点があります。
それは、「実際に成功している人のやり方を学んでいるかどうか」
と言う点です。

副業とはいえ自分でビジネスをするのですから、
自分の考えや自分のやり方でやって成功したいと思うのは
当たり前の感情だと思います。

ですが、実はそれでは遠回りをしてしまっています。
最短距離で成功するには、
成功している人のやり方やノウハウを学び実践すること、
これに限ります。

ということであれば、最新の情報をネットで集めよう!
ということになるのですが、
検索で上位にきたからといって=それが最新
ということはありません。

検索の順位はSEOによって決まりますので
情報が最新ものかどうかはわかりません。
また、いつ更新された情報か不明なものも多々あります。

ただ、こうやって色々調べて
コツコツ進めていける人はまだ良いのですが、
ちょっとだけ調べて、あぁこういうものか、と何となく理解し
あとはカンや思い込みでやる人が意外に多いのです。
これは危険です。まず間違いなく失敗するでしょう。

それでは、色々と調べられる人は成功するのかと言うと
それもちょっと違います。
調べた情報が正しければ良いのですが、
もし間違っていた場合は最悪です。

やり方が間違っていたらスタート時点で努力の方向が違うので、
永遠にゴールにたどり着くことはありません。
ということで自分で調べるには限界があります。
とはいえ、コンサルを受けようとするにも多額の費用がかかります。
また、コンサル費以外とは別に配送などに費用が発生しますので
そう簡単には依頼できません。

理想は、「最新の情報+輸入・配送や納品まで請け負ってくれるところ」
ですがそんな都合の良いところがあるのでしょうか。
それがあるかどうかはさておき、
まずはじめにに何が失敗に繋がり、どうすれば成功するのか、
そして、それを実現する仕組みは何なのかについて解説していきます。

失敗の原因


冒頭に言いましたが、副業で失敗する人は、全体の90%です。
結論から言いますと、その失敗の原因の多くは「自己流」です。

これまで多くの輸入や副業の成功者に会ってきましたが、
ほぼ上記のような同じ答えが返ってきます。

成功している人は
今でこそオリジナルの手法やノウハウで稼いでいますが、
当初はほぼ間違いなくその時点での成功者から学び、
その方法を実践してスタートしています。

つまり、成功するためには「自己流にしないことが一番大事」なのですが、
実際にはできていない人が多い、という現状があります。
もしくは、初めだけちゃんとやるのですが、
ちょっと結果が出たらすぐに
自分のやりたいことをやっていくようになります。

すると、大抵の人はつまずきます。
しかし、もう自己流でやっていますので立ち直れない、
立ち直る方法がわからない、
そして辞めてしまうというレールに乗ってしまいます。

自分でビジネスをやろうと言う人なので
我が強いのは当然でそれは悪いことではありませんが、
我を出す時期がちょっと早いのです。

いったんは人の言うことを聞いて吸収し、
黙々とやっていく時期が必要です。

失敗しないためにすべきこと


これは簡単です。失敗の原因の逆をことをすれば良いのです。
つまり「成功している実践者のアドバイスを聞く」ということ。
そうすると、ゴールに向かう正しい方向に進めるようなります。

さらに、自分ではゴールに向かっていると思っても
自分で知らず知らずのうちに誤った方向に向かっていたり、
間違ったことをやっている場合があります。

その時に自分が気が付かなくても
アドバイスをくれる人がいるのは非常に大きな安心感があります。
実は成功者には少なからずこういう存在がいるものです。
そして、そのアドバイスや情報を真摯に聞くことができます。

逆に小さな成功で終わってしまう人は
自分の成功体験から離れることができず、
大事なアドバイスや情報から目を背けてしまい
結果として大きな損失を出すことがあります。

有名人が落ちぶれていくパターンは大抵これですが、
このパターンは何も有名人に限った話ではありません。
ビジネスの世界でももちろん起こり得ます。
このような状況にならない為に
大切にしなければならないのが「パートナー」です。

残念な習慣から抜け出す新しい仕組み


残念な習慣から抜け出す新しい仕組み、そのひとつが、
CiLELの「パートナーシップ(PS)会員」制度です。

これは、通常の代行業者として業務以外に、
リサーチの代行、セミナー、買付ツアー、資金調達支援、アドバイス、など
様々なことを、マンツーマンでやってくれるサービスです。
コンサルのように先生から教えて頂くのではなく、
また、ただの代行業者のように物流だけを依頼する関係でもありません。

「パートナーシップ」の言葉どおり、
「パートナー」として利用者と共に成長することを目指しています。

こういったパートナー制を敷いている代行業者は非常に少ないと思います。
例えば、意思疎通の面においても、日本人の専属スタッフを置いているので、
日本人的感覚と利用者側の目線で対応してくれます。

チャットワーク対応や商品手配の優先というものもありますが、
物流・販促にとどまらず「経営」に至るまで
相談に乗ってくれるところは大きな強みです。

個人輸入は悩みや困ることも沢山ありますし、
知らないことやトラブルもよくあります。
その時にそばにいてくれるのは心強い。

CiLELには膨大な取引で培った輸入・販促・経営ノウハウがあります。
それを最大限に活用し還元するのが「パートナーシップ会員」制度です。
選べる会員プラン 

最後に

「パートナー」はセミナーの案内のほか、色々なアドバイスをくれます。

その商品は輸入できません、といったことや
過去にトラブルがあり止めたほうが良いと教えてくれることもあります。

その時にその言葉と理由を真摯に受け止めて判断できること、
それがパートナーとしての関係を良好に保つポイントです。

全部、言いなりになれということではありません。
自分のやることに文句を言うな!的な
聞く耳を持たないスタンスではなく、
プラスマイナス、良し悪しを考えて判断してください。
その結果がアドバイスと一致しないかもしれませんが
それはそれでOKです。
要は、ちゃんと自信をもって選択ができるか、です。
パートナーとして何でも話し合える関係を作るには
言いなり、反対一辺倒ではなく
ちゃんと話し合える関係がベストですね。

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする