基礎知識・コラム

HOME基礎知識・コラム

サラリーマンの本業と副業 両立の法則

基礎知識・コラム

Column

サラリーマンの本業と副業 両立の法則


サラリーマンが副業をやるにあたってまず気になるのは、
確定申告ではないでしょうか。

これは年間で20万円以上の所得があれば申告しなければなりません。
もちろん、隠れてやったり、申告せずに
納税を免れようとしてもたいていの場合はバレますし、
その後、国税庁からがっつりと税金をとられ
会社にも脱税がバレて立場が危うくなったりしかねません。
税金はきちんと正しく納めましょう。

とはいえ、納税は「儲かった後の話」でもあります。
ですので、今回はこれから副業を始めようとする人が納税、確定申告より前に
もっと気を付けておかなければならないことを解説します。

これをきちんとクリアして守っていかないと
どんなにうまくいっていても副業が続けられなくなります。
ちょっと脅しめいたことですが難しいことではなく
ある意味で当たり前のことなのですが、
常日頃から意識しておくようにしましょう。
それでは本題です。

社内営業をしっかりとやっておく


副業はあくまで「副」です。
今現在勤めている会社が「本」業になります。

基本的には副業の方が収入が低いはずですので
副業のために本業の立場や業績が悪くなってしまっては本末転倒です。

しかし、こういう事態に陥る人は少なくありません。
なぜなら、副業をやっていくにはある程度の時間が必要です。
そのため、仕事を切り上げたり、飲みの誘いを断って
早く帰り作業をする人が増えてきます。

飲みの誘いくらいは断っても問題ないと思いますが、
仕事を切り上げて早く帰ったとしても、
そのしわ寄せが同僚や上司後輩にいってしまうのであればそれは問題です。
しかも、その理由が「副業がやりたいから」と知れたら
それは間違いなく良い顔はされません。

ですので、まずしわ寄せがいかないように
きっちりと仕事の段取りはつけてから帰ったり、
根回しを入念にやっておいて、
他の人に負担や迷惑が掛からないようにします。

それでも迷惑を掛けてしまったりしたら、
謝罪などをちゃんとやってフォローをして
不満を持たれないようにしてください。

反対意見を無視する


基本的に副業をやっている事は
公言しない方が良いケースが多くあります。

いくら副業が解禁されたといっても
まだまだ「副業=本業に打ち込まないいい加減な人」「副業=怪しいビジネス」
という人が世の中には多くいます。
あなたの会社の同僚や上司後輩が
このような人ではないという保証はありません。

もし、副業を良く思っていない人にやっていることを話してしまったら、
眉をひそめられて、自分の信用問題にも発展しかねません。
もしかしたら重要な仕事を任されないなど
仕事(本業)に影響が出る可能性もあります。

そして、こういう人はまず間違いなくどんな副業であっても「反対」します。
怪しい、リスクがある、危険だ、本業に打ち込んだ方が良いなど、
色々と言います。

しかし、副業で成功しても失敗してもその人は損も得もしません。
つまり、外野(無関係な人)です。

あなたがあなたの人生を豊かにするためにチャレンジするのですから、
反対意見に耳を傾ける必要はありません。
ですので、副業をやっていることは言わないことをおすすめします。
もし言わなければならない場合があれば
それは「成功して稼いでから」でも十分です。

お金の使い方に気を付ける


副業で成功して稼いだとします。
もちろん確定申告もちゃんとやります。
細かい話ですが青色申告をすると65万円の控除がありますので
結構、お金が残ったりします。

しかも副業なので本業の収入に+αされるかたちになります。
本業の収入で生活ができているのであれば、
副業で得た収入は全部「自由に使えるお金」になります。

ここで注意が必要です。
副業で稼いだ人によくあるのですが、副業で得たお金は自由に使えますので、
給料から使うお金ほど深く考えずに使ってしまいます。
これは危険な傾向で、簡単に言うと「金遣いが荒くなる」訳です。

副業の収入は本業の忙しさなどで時と場合により増減があります。
しかし、金遣いは荒くなってしまっていますので、
副業の収入が減ってもお金の使い方は稼いだ時のままになっているのです。

すると、
副業の収入以上を使う⇒
本業の給料にまで影響が出る⇒生活が厳しくなる⇒
副業で稼ごうとする⇒本業に影響が出る。
という悪循環に陥ります。

最悪の場合、副業でも上手く稼げなくなり
借金をしてしまうケースまであります。
ですので、副業で稼いだとしても、
今までと同じようにむしろ今まで以上に厳しい目で
きちんと考えて本当に必要かどうかを吟味してから使うようにしましょう。

最後に

副業はやはり副業です。
副業のために本業に悪影響を及ぼしてしまうようなことは
避けなければなりません。

副業は生活を人生を豊かにするものでなければならないと思います。
サラリーマンという安定した地位を得ながら
+αで収入を得るということを両立させて
良いとこ取りができるようにうまく立ち回っていきましょう。 

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする