お問い合わせへ移動

スタッフブログ

HOMEスタッフブログ

【南通CiLELを代表して】お客様への感謝とお伝えしたいこと

スタッフブログ

Staff Blog

【南通CiLELを代表して】お客様への感謝とお伝えしたいこと

いつもお世話になっております。南通CiLELの蒋です。

今回のコロナウィルスの流行に関して、
皆さまに中国全土及び弊社の情報をご案内させて頂きたく存じます。

また、日本政府及び民間からたくさんの支援物が現地に届いており、感謝申し上げます。

春節休暇に入る頃、中国湖北省にある武漢市から新型コロナウィルスの発症が確認されました。瞬く間に感染者が増えたのですが直後の大晦日に中国政府は武漢市を強制閉鎖、中国全国民に向けて自宅待機施策を実施したことで湖北省以外の感染を最小限にすることができましたが、武漢市閉鎖前に帰省してしまった武漢市在住の労働者も多くいました。

その影響で中国政府の判断で前代未聞の春節延期になり、それに伴い中国全土で春節後の出勤がやむを得ず2月17日まで延期となりました。各地により状況に差異がある為、各地方政府が実施する施策も現地の感染状況によって異なります。多くの地域では、企業の営業再開は当局の審査が必要となっており、2月17日から中国国内の工場・ECショップ・国内物流・国際物流等は徐々に再開しますが、正常化するまではまだ時間がかかると予測されます。

この状況がある程度落ちつき、ショップが再開された際、優先的に商品を出荷してもらえるように2月3日から在宅ワークにて商品手配業務をスタートしております。現在では滞りなく手配は進めておりますが、実際に商品出荷できるショップは少なく、また、国内物流の再開状況及び当局の規制状況に応じて、弊社も徐々に出社できる状態になるかと思います。

また、感染の中心地である武漢市では感染人数が急増し、防護服やマスクを中心とする医療資源も著しく不足している状況下でありますが、第一線で戦っている医療関係者や福祉関係者達に対して隣国の日本から一番早く民間企業及び日本政府から多大なご支援をいただきました。

民間企業から100万枚のマスクが1月24日と25日の2日間にかけて現地に届けられ、その後、日本各地の地方自治体からのご支援も続々と届いており、中には昨年水害と地震に襲われた大分県からもご支援を頂いております。

また、日本国内の薬局やスーパーにあるマスク売り場でも中国語で「中国頑張れ、武漢頑張れ」と書かれており、私たち中国人は感激しております。

発生してから日本からの支援は物資にとどまらず、感染元が確定する前に日本へ旅行している感染者を無料で治療していただき、心の支えになっています。

今は予断を許さない状況ですが一日も早く正常化することを願っておりますし、
私たちはお客様に対して「今できること」に全力を尽くしてまいります。

何卒、よろしくお願いいたします。

TwitterでシェアするFacebookでシェアするGoogle+でシェアする