お問い合わせへ移動

現役物販講師コラム

HOME現役物販講師コラム

Youtuberが自分の商品を使った動画をアップしていたが…

現役物販講師コラム

Column

Youtuberが自分の商品を使った動画をアップしていたが…

自分のオリジナル商品を出品してうれしい瞬間とはどんな時ですか?

その商品が売れた時や、レビューで高評価が入った時はもちろんうれしいでしょう。
それは間違いないですね。

また、出かけた時に、行った場所で自分の商品が実際に使われている場面を偶然に見かけたりすると、また違った嬉しさがあります。

もちろん筆者もそれはうれしいのですが、今回それとはまた違う喜びを体験することができました。

それは「Youtuberが、筆者がAmazonで売っているオリジナル商品を使った動画をアップしていた」ことです。

今回はYoutuberに商品を紹介してもらって発覚したこと、それについて気付いたことをお届けします。

自分の商品がYouTubeに!


YouTuberが自分の商品を紹介していたのを見つけたのは偶然でしたが、筆者の商品がメインとしてアップされていたので本当にうれしかったです。

実はこの商品はAmazonでも取り扱いがほとんどなく、知る限り筆者しか出品していないように思います。

動画の冒頭で、Youtuberがあれこれ商品について説明をしてくれるのですが、レビューに書かれている内容を話してくれたりしていたので、それが筆者の商品に間違いないと確信できました。

なるほど、こういう感動の仕方もあるのかと感心し、うれしかったですね。

このYoutuber以外にも使ってくれている人がいるのかもしれないと思い、検索をしてみたところ、いくつも動画がアップされていたのでさらにうれしくなりました。

しかし、勢いにのってGoogleでも検索したところ、変なことに気が付いたのです。

あれ?他のモールでも自分の商品が売られている…

Youtuberが使ってくれた筆者のオリジナル商品は、Amazonにしか出品していません。
つまり、Amazonでしか買うことができません。

筆者はAmazonにしか出店していないので、他のモール(楽天やヤフーショッピングなど)には出品されていないはずなのですが、Google検索のショッピングを見ると、そのオリジナル商品が楽天やヤフーショッピングに出ているのです。

それも丸パクリです。
商品名や画像や説明文は全部そのまま、何ならブランド名まで記載されています。

全く同じ商品ですが、ひとつだけ違うのが価格です。

価格はAmazonでの販売価の1.5倍から2倍以上で出品されていました。
もちろん、Amazonでしか販売していませんので、卸した覚えもありません。

しかも、出品されていたのは1つや2つではありません。
筆者が確認できただけでも、数十件の出品がなされているのです。

これはどういうことだと思い、自分が出品している他の商品もいくつか調べてみましたところ、なんと売れ筋商品の多く(ほぼ全て)が他のモールにAmazonよりも高値で、そして先ほどの商品と同じように全ての商品情報をパクって転載、販売されていることがわかりました。

それもひとつの店舗ではありません。
本当にたくさんの色々な店舗がやっているのです。

例えば、筆者のA商品はヤフーショッピングで24店舗、楽天では11店舗出品されていました。

ショップの概要をみましたがそれぞれ別の業者のようでした。

Amazonの商品を無断で無在庫販売している

結論から言えば、「Amazonの商品を無断で無在庫販売している」人がいるのです。
他人のふんどしで相撲を取る人たちです。

筆者を含め、Amazonセラーが一生懸命リサーチして商品画像を作り、費用と時間をかけて売れるようにした商品を、無断で拝借し楽をして儲けようという訳です。

「売れている」という結果だけを狙って、横からしゃしゃり出てきたような感じですね。

しかも、Amazonで売れている商品を、おそらくツールか何かで抜き出してとりあえず並べるやり方で、Amazonより高くしても売れればそれでOKという算段だと思われます。

出品数による従量課金ではないので、とにかくたくさん出品してたまたま何かの拍子に売れたら儲けもの…という、典型的な無在庫販売のやり方です。

さらに、おそらくツールで商品情報を抜き出して掲載しているために、一部の商品ではサムネイルがおかしかったり、商品説明の順番がおかしかったり文章が途中で切れていたりします。

商品ページとしてはいい加減なのですが、お構いなしです。

また、販売価格もツールで算出していると思われます。
Amazonでの販売価格に、利益をパーセンテージか金額で上乗せしているのでしょう。

これはもう戦略も何もありませんね。
めちゃくちゃです。

ようするに掲載だけすれば良いという、とても適当極まりない商売をやっているわけです。

真剣に商品やお客様のことを考えてリサーチし、商品ページを作りこんだ側としては、腹立たしいことこの上ありません。

最初は「こんな片手間商売を放置できない」と憤っていましたが、商品ページを利用されたのも何かの機会かと思い、すこし冷静になり、立ち止まって色々と考えてみることにしました。

テストマーケティングと思えば…

今回、筆者が発見したように、あなたが丹精込めて作ったAmazon商品ページが無断で転載されていると想像してください。

無断で転載される商品は、基本的にAmazonで売れている商品が対象になっています。

ですので、商品力自体はそれなりにあるものだと言えます。

Amazonでそれなりに稼いだ次のステップとして考えるのは、楽天やヤフーショッピングなど他のモールへの出店ですね。

他のモールはAmazonと客層が異なりますから、Amazonで売れている=他のモールでも売れる、とは限りません。

他モールに販路を拡大する際に必要なのがテストマーケティング(市場調査)なのですが、ここで何か気が付きませんか。

そうです、テストマーケティングしたい商品が、すでに無断で無在庫販売されているのです。

Amazonより少々高くても売れるのであれば、それって立派なテストマーケティングになっていますよね?

画像も説明文も同じ、でもAmazonより高値でも売れるとなれば、それは十分に戦えることを意味します。

さらに、出店した際にライバルとなる転載出品者は必ずAmazonが仕入れ元になっていますので、Amazonの価格以下では利益が出ません。

しかし、Amazonで売っているあなたは、Amazonでの販売価格であれば十分利益がとれるはずです。

もし他のモールにAmazonと同価格で出品した場合、転載出品者よりも確実に価格競争では勝てる上に、売れることは実証されています。

そういう商品が増えてくれば、将来的にAmazon以外のモールに出店する際の不安要素である「Amazonでは売れていたけど他のモールで売れるか?」という部分が解消されますね。

そして出店後に画像や説明文の無断転載をモール側に報告して、他社の出品を駆逐すると、他のモールでの独占販売も夢ではありません。

確かに、自分の商品が転載されているのを見つけた時は腹立たしいと思いますが、これもひとつのチャンスとして、将来のために少し様子を見ておくのも良いのではないでしょうか。


CiLELではAmazonで販売されている方に向けての無料Webセミナーを開催しておりますので、ぜひ一度ご参加ください。

Twitterでシェアする Facebookでシェアする