中国輸入って「放置で誰でも毎日1万円稼げるビジネス」だよ。

タイトルのようなことをインターネット上で見かけたら、あなたはどう思うでしょうか。

今このコラムを読んでいるということは、少なからず中国輸入ビジネスに興味がある、もしくは中国輸入ビジネスをやっている人だと思います。
そんなあなたなら「そんなはずはない」とか「これはウソだ」と思うかもしれません。

しかし、まったく中国輸入に携わってこなかったり、副業というもの自体がはじめての場合、こういった文言に惹かれて飛び込んでしまう人も少なくありません。

こういう表現は副業が盛んになってきた最近に始まったことではなく以前からあったのですが、副業をする人が増えたことでまたクローズアップされるようになりました。

今回は、こういった副業の「やりすぎ」なうたい文句への注意を促していきたいと思います。

消費者庁の事例になってしまう「やりすぎ」ニュース

エクスクラメーションマーク

ネット上でもこんなニュースが出る始末です。

FPが警告「放置で毎日1万円稼げる副業です」はクリックするだけ無駄である悲しい背景(Rakuten Infoseek)

今、中国輸入に取り組んでいる人は、いろいろな副業を経験して結果、中国輸入ビジネスに辿り着いた方や、投資や動画編集など物販以外から来られた人もいると思います。
私も最初から中国輸入に取り組んだわけではなく、最初は欧米輸入からでした。

輸入だろうが投資だろうが、たいていの場合、その副業をアピールする側(勧める側)はいかに簡単で老若男女関係なくできそれでいて高収入が得られるかを前面に出してきます。
そのうたい文句に明るい未来を思い描いてチャレンジしてきたと思いますし、今もチャレンジしていると思います。

私は、簡単なことや稼げることをアピールすること自体は悪いことだとは思いません。
そういう見せ方をすることで集客ができて、より多くの人に伝えることができるからです。

ただし、これには条件があって「嘘ではない」「盛りすぎない」「煽りすぎない」という3つは必須かなと思います。
上記のコラムで消費者庁の事例にまでなってしまうのは明らかにやりすぎです。

簡単なわけがないじゃない

大きな岩を担いで山を登る人

こういう「やりすぎ」な、いい副業アピールによく出てくるうたい文句が、次世代の…新時代の…1%だけが知っている…などの「私だけが知っている」的なキャッチコピーです。

だから稼げるということを言いたいのでしょうが、ちょっと立ち止まって考えればすぐにおかしいことがわかるはずです。

どの程度か察しがつくノウハウ

次世代の稼ぎ方をなぜその人だけが知っているのか。
特におかしいのが「1%だけが知っている…」とか、ごくわずかな人しか知らないようなイメージをもたせるために、こういう表現を使うのですが、私が見た中には「日本人の1%だけが知っている…」というのがありました。

パッと見たら「すごい少ない!」と思うかもしれませんが、日本人は現在1億2,500万人いますので1%だと125万人です。
広島市とかさいたま市の人口がおおよそ130万人前後なので、広島市やさいたま市に住んでいる人が全員知っているレベルです。

全然少なくありませんよね。
めちゃくちゃ多いです。

このように、実際にノウハウに触れる前に、そのノウハウがどの程度のものかおおよその察しがつきます。

リスクを取って利益を求めるのがビジネス

先ほどご紹介したコラム(リンク先)でも、その副業が怪しいかどうかを判断するポイントとして、「副業」をおこなうための「マニュアル」を売る、無料と言いながら後で高額が請求される、簡単な作業で誰でも稼げると言う、などがあります。

これだけでも、中国輸入にビジネスに取り組んでいる人なら「そんなわけはない」と、すぐに怪しいものとわかるはずです。

マニュアルだけで稼げるようになるなんて無理ですし、無料でやれるビジネスはビジネスではありません
リスクを取ってより大きな利益を求めるのがビジネスです。

また、お金儲けは簡単じゃありません。
ビジネスがこんなに簡単なら、日本はおろか世界からも貧困が一瞬にしてなくなるはずです。

もし、周りにこういう類のものに引っかかりそうな人がいたら、ぜひ止めてあげましょう。

でも「中国輸入って放置で誰でも毎日1万円稼げるビジネス」は本当

タオバオで購入

そうなんです。
「中国輸入って放置で誰でも毎日1万円稼げるビジネス」というのは、本当です。

別にウソをついているのではありません。

私自身も実際にできていることなので、デタラメとか妄想でもないのです。

でも、「さっき誰でも簡単に儲けるビジネスはないと言っていたはずでは?」と思うかもしれません。
それも、その通りです。

なんだか言っていることが矛盾しているように感じられるかもしれませんね。
「中国輸入って放置で誰でも毎日1万円稼げるビジネス」は本当なのですが、注釈がつきます。

きちんとしたノウハウで努力すれば結果を出せる

それは、始めた日から何もしなくても勝手に儲かることはなくて、ある程度の(人によっては相当な)苦労を経て辿り着くことができる、ということです。

ようは濡れ手で粟のビジネスではないのですが、きちんとしたノウハウで努力をすれば誰でも結果を出すことができるのが、中国輸入ビジネスです

タイトルに注釈をはめ込むとこんな感じでしょうか。
中国輸入って(メンテナンスは必要だけど、ほとんど)放置で、(ちゃんと継続して努力すれば)誰でも(将来的に)毎日1万円稼げるビジネス」です。

これだと、よくわかりますね。

目先のことを考えず安定を目指して努力しよう

言い換えればちゃんと努力した人にはちゃんと結果が返ってくるという、ある意味で正直な、とても分かりやすくてやりがいがあるビジネスということです。

いまから始めようとしている人、まだ結果が出ていない人や出始めている人は特に、目先のことばかり考えず将来的な安定を目指して努力しましょう

そうすれば、結果は必ず出ます!



中国輸入には、きちんとしたノウハウがあり、それは独学で学ぼうと思ってもなかなか難しいのが現実です。

CiLELでは、中国輸入のキモである「売れる商品リサーチ」に特化したカリキュラム型の講座を毎月開催しております。

気になる方は、無料のWebセミナーがありますので、ぜひそちらに参加してみてください。


投稿者プロフィール

梅田 潤
梅田 潤
合同会社梅田事務所代表。1977年生まれ。大阪府出身。副業で中国輸入ビジネスを始め2014年に株式会社オークファンを退社し独立。現在も現役プレーヤーでAmazonの他、国内・海外クラウドファンディングにも取り組みながら、家族との時間を大切にする自分らしく自由な暮らしをしている。最新の著書に『「ゆる副業」のはじめかた 輸入・ネット販売』(翔泳社)