現役ライターがmanableを受講!~vol.9:「セラートップ5%の秘密」がすごかった!~

この連載は、現役ライターがmanable(マナベル)に出会い、manableを受講しながら中国輸入ビジネスに再び取り組んでいく実践記です。

今回、ご縁がありまして、数ある中国輸入セミナーの中からmanable(マナベル)という講座を実際に受講してみました!

受講に至った経緯は『中国物販を忘れないライターが「manable」を受講するまでの道のり』をご覧ください。


この記事を読んでくださっている方は、おそらく中国輸入物販に興味があったり、やってみたいと思っていると思います。

私はまさに、2022年10月に開講されたmanable講座を受講し、現在進行形で中国輸入ビジネスを実践中!

これまでのルポはこちらからご覧ください!
【manable受講成果ルポ】


今回は、「セラートップ5%の秘密」セミナーの内容と、受けてみての感想です。

個人的には、今までのセミナーの中で、一番刺さりました。

ぜひ最後までお読みください!

中国輸入物販におけるマインド

前回までは、リサーチ作業のやり方など、テクニック的な内容でしたが、今回は、中国輸入物販に限らず、仕事をする上でのマインドに関する内容です。

前回セミナーの次回予告通り、副業のサラリーマン子育て中の主婦自営業の人が、どのようなスケジュールで、成功の道を歩んだかを教えてくれます。

また、このセミナーには、特別ゲストで株式会社レッドタートル 鈴木正行さんがご登壇されています。

CiLELさんでも対談セミナーをされているので、こちらの記事も良かったらご覧ください。
『トップセラー対談』

私は鈴木さんを存じ上げなかったのですが、セミナー内での紹介によると、中国輸入物販を世の中に広める活動をされた、中国輸入物販セミナーのパイオニアのような方でした。

セミナーを見終わった人の多くは、厳しいことを言われて、キツい内容だなと感じた人が多いと思います。

「セラートップ5%になるためには、ここまで、ストイックに作業をしないといけない」と。

これまでのセミナーでも、厳しいと感じることはありましたが、今回のセミナーは、心の奥底で、厳しさを感じる内容でした。

しかし、ここで教えてもらったことを実践すると、本当に稼げるセラーになれると感じました。

時間、場所、人間関係

副業で中国輸入物販をしている人は、どこかで気が抜けて、「今日は休憩しよう」としたことがあると思います。
私が、前に中国輸入物販をしていた時も、正直、あります。

なぜ、そのような時があったのでしょうか?
本業だったら、同じように「今日は休んでもいいよね」となる時ってほぼないですよね?

その理由が、このセミナーでは明らかになります!

本業は時間と場所がまず制限されています。
さらに、「仕事を休んでしまったら、誰かに迷惑をかけてしまうから、気軽に休めない」という考えになります。

そういう人間関係が、本業にはありますよね?

だから、本業では、気軽に休めないし、サボることがほとんどないんです。

副業でも同じような思いで作業を進め、本業と同じような環境を作ることが重要だと思いました。

ざっくりとした説明ですが、今回のセミナーでは、これらのことを教えてくれました。
これは、本当に自分の心に突き刺さりました。

以前していた中国輸入物販が成功しなかったことも、これらのことを意識していなかったからだと思い知りました。

スケジュール通りに作業を進め続けることがポイント!

ノートを取る人

自分の1日のスケジュールを見直すと、どこかに中国輸入物販の作業をする時間があるはずです。

それを参考に、今までの自分の1日のスケジュールを組み直すことが重要です。
さらに、そのスケジュールをこなし続けるのが、成功への近道です。

しかし、これができるのが、中国輸入物販をしようと思った人の内5%しかいないという現実を知りました。

もし、中国輸入物販を成功したいと思っている人は、この現実を肝に銘じて、本気で取り組まないといけません。

今回のセミナーでは、自分の甘い考えを受け止めて、改めて、中国輸入物販へのモチベーションを再稼働させられる、ターニングポイントとなるような内容でした。


次回は、manable講座の「個別セッション」での内容を紹介していきます!
講師の人と1対1で、対談するカリキュラムです。

いよいよ佳境です!

お楽しみに!