CiLEL

現役ライターがmanableを受講してみた!~vol.1:中国物販を忘れないライターが「manable」を受講するまでの道のり~

物販を始めたいと思った理由は何でしょうか?

私は、会社勤めが嫌になり、自分の力だけで稼げる方法を調べていたところ、中国物販というものを知りました。
「専門的な知識がなくても簡単に稼げそう」と安直に感じ、物販を始めたいと思いました。

同じような考えを持っている人が多いのか、中国物販のセミナーは、世の中にたくさんありました。

とりあえず、目についたセミナーを受講しました。
受講して、何となく知識がついたところで、いざ、物販を始めてみました!!


しかし、物は売れるけど、利益があまり出ない

そんな日々が続き、やっぱりお金を稼ぐことは簡単じゃないと思い知りました。

そして、物販をやめることにしましたが、自分の力だけで稼げるようになりたいという気持ちは、消えることはありません。

ほかにも方法があるのではないかと思い、ライターの仕事をするようになりました。
中国物販と違い、初期投資がほとんどなく始めやすかったです。

このまま、時間をかけてもいいから、ライターとして独立しようと思い始めた時、クラウドソーシングで「中国物販の記事を書いてほしい」というライター案件を見つけました。

一度、中国物販を経験したことがあるので、飛びついて応募し、嬉しいことにご採用いただきました。

その後、ご担当の方と打ち合わせを進め、記事を執筆することとなります。

この時、まだ「manable」という名前も知らない状態でした。


この連載は、現役ライターがmanable(マナベル)に出会い、manableを受講しながら中国輸入ビジネスに再び取り組んでいく実践記です
2022年10月の今、まさにmanableを受講中。

初回となる本記事は、manable受講までのお話です。

manable(マナベル)を知った経緯

manableを知ったのは、ライター案件の採用後にご担当の方と打ち合わせをした時でした。

当初の依頼内容は、中国物販がどういうものかを分かりやすく伝える記事の執筆。
いつものライター案件を同じように打ち合わせを進めている中で、「manable」(マナベル)という講座を運営していると伺いました。

「manable」の内容が気になり詳しく講座内容を聞いてみると、「もっと早く、manableを知っておけば、中国物販を成功していたのでは?」と感じました

そこで、私が中国物販をしていた経験があるとお伝えし、打ち合わせを進めていると、当初と違うご依頼内容をご提案いただきました。

それは、実際にmanableの講座を受けてみて、今ここで執筆してる記事を書いてくれないかというご依頼でした。

こうして、中国物販もしたいと思っている自分自身と、講座を受講してほしいと考えている企業と双方の思いが合致して、manableの講座を受講することになりました。

manable申し込みから受講まで

講座の申込方法

ご担当の方にmanableの講座を受講することを伝えると、Web会議システムのチャット欄から、すぐに申し込みサイトを案内してくれました。

名前やメールアドレスを入力するくらいで、特に難しいと感じる項目はありませんでした。

銀行口座やクレジットカード情報のような、支払いに関する情報もここでは入力する必要がありませんでしたので、気軽に申し込めました。


manable申込


申し込み完了後、その日のうちに講座の案内メールが届きました。





本当に素早く連絡をいただき、また支払い手続きもないので、気軽に手続きを進めることができました。

講座受講までの流れ

申し込んだあとは、支払いが完了すれば、manable用のChatworkグループに招待してもらい、講座を受講できるというものでした。

支払いの方法については、申し込み時に登録したメールアドレスに届きます。

銀行口座振り込みまたは、PayPalでの支払いでした。
私は、PayPalを使ったことが無かったので、銀行口座振り込みで支払うことにしました。


支払いを済ますと、また申し込み時に登録したメールアドレスにChatworkグループの招待URLが届き、そこから講座を受講することができました。

これからの講座内容に期待

手続き中の感想

どこの手続きでも、CiLELからの連絡はスピーディーでした。
「本当に手続きは進んでいるのか?」「もしかして、騙された?」という心配は、全くありませんでした。

また、支払い方法についてはPayPalがオススメです。
私は銀行振り込みにしましたが、時間と場所が限られているので、不便さを感じました。

まだPayPalを使ったことが無い方は、まずPayPalを登録しておくと良いと思います。

心境の変化

有料の講座に申し込むには、やはり覚悟がいりますよね。
私も、manable講座の支払い時には多少の覚悟が必要でした。

あえて「多少」と付け加えたのは、価格の安さにあります。

世の中にある中国物販の講座は数十万円から始まる価格帯ですが、manableの講座は「税込み32,780円」なので、有料の物販講座としては非常に安価です。

数十万円、数百万円の講座を受講するのであれば、相当な覚悟がいります。

しかし、高いお金を払えば成功するという保障はどこにもありませんし、受講する覚悟が決まるのに、多くの時間が必要になります。

manableほど安価な講座であれば、失敗してもダメージは少ないので、とりあえず受講してみようと気軽に始めることができます。

何もしなければ、何も始まりませんし、自分の人生も変わりません。

とりあえず、気軽に中国物販に触れてみるには、manableは最高の機会ではないでしょうか?


次回からは、実際に講座に参加してやってみたことや感想をお伝えいたします。
どうぞお楽しみに!


【次の記事】キックオフセミナーでやる気に満ち溢れるの巻

カテゴリ一覧

ピックアップ

新着

中国輸⼊の基礎知識

Temuの良い口コミや悪い評判を紹介!詐欺と言われる理由も解説

新着

現役物販講師コラム

輸入代行業者とは?輸入転送業者との違いも解説

必見!中国輸入を利用したOEMやせどりで失敗する原因3選!